さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2010/09/21

実はスタイラス

avant-garde light
手の届く範囲には、常にいくつかの筆記用具が置いてあるのですが、その中のひとつがSTAEDTLER(ステッドラー)の「avant-garde light(アバンギャルド ライト)」です。

ひとつのボディに3つのリフィル(替芯)が内蔵された、いわゆる「多機能ペン」というヤツですな。標準では黒/赤ボールペンと0.5mmのシャーペンが装備されています。

アルミ製のボディは軽量かつ細身なので、ダイアリーなどと一緒に持ち歩いてもジャマになりません。カラーバリエーションも全10色と豊富です。ちなみに写真のカラーは「バレンシア」。鮮やかなオレンジ色です。

アルマイト仕上げのボディもなかなかの質感。ディンプル状の模様は、デザイン上のアクセントとしてはもちろん、滑り止めとしても良好なグリップ感を提供してくれます。

ボディの端には「Black」、「●」、「0.5mm」とプリントがあり、目的とする機能の表記を上方に向けてノックするとその機能を持つペン先が顔を出します。黒ボールペンとシャーペンは普通に使うので、赤ボールペンのところがオプション扱いの「●」になっているのでしょう。

もちろん、リフィル交換が可能な構造になっており、純正でいくつかの製品がリリースされております。ウチでは純正のスタイラスペン「92RE-ST」に換装してあります。もちろん、外したのは赤ボールペンであります。

その用途はNintendo DSiの操作用。純正のスタイラスよりもこちらの方がシャープで、ドット単位の...というのは大げさですが、かなりきめ細かなポインティングが可能です。

元々筆記用具であるため、使い心地も良好。長時間プレイしても疲れません。ゲーム中にヒントなどをメモしたい場合にも、ペンを持ち替える必要がないので便利です。

実際のところ、こちらの用途がメインになっており、個人的には「書くこともできるスタイラス」という認識です。

通販で購入するなら、スタイラス他のリフィルも一緒に買えるこちらのショップ(楽天)などオススメです。


Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ