さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2010/10/12

torneの録画をPSPで

PSPで再生
以前torne+PS3+PSPによるリモートプレイでテレビを観るネタを投稿しましたが、最近ではtorneで録画した番組をPSPに転送するパターンが多くなっております。

リアルタイムのテレビ放送ではいつも観たい番組が流れているわけもありません。しかし、録画なら好きな番組が好きな時に楽しめるというわけです。

ただ、ネックなのはダビングに時間がかかる点。例えば30分の番組を転送するのに10分少々かかります。

しかもその間、PSPはもちろんPS3やtorneに対して何の操作もできません。ただ待つばかりなのです。一応録画だけはバックグラウンドで動作可能となっていますが、その際にはダビング時間が増加します。

ファイルサイズは先程の30分番組を高画質でダビングした場合、2.37GB→252MBと圧倒的に小さくなります。それでもPSPで再生する場合には非常に綺麗で、リモートプレイよりも遥かに美しい映像となります。

メモリ上のデータを再生するため電源への負担も軽く、長時間の視聴が可能。さらに、シーンサーチ中もサムネイルが動画で表示されるので目的のシーンを探しやすくなります。

なお、PSPに書き出したデータは、その画質のままPS3に書き戻す(ムーブする)ことができます。けれども、元の画質に戻るわけではないので注意が必要。もちろん、元データのダビング回数は戻りません。

ちなみに書き戻しを行うには、PS3とPSPを接続し、PS3のビデオメニューからPSP内部の録画データを指定し△ボタンを押して「ムーブ」を指定すればOK。ムーブしたデータをPS3で再生することもできますが、まるでSD画質のようです。まぁPSP用に最適化&圧縮されたデータなので仕方のないところではあります。

PSPにダビングした番組PSP本体だけで楽しめますが、例えば「台所で料理をしながら観たい」などという場合にはスタンドがあると便利です。

写真のスタンドはダイソーで購入した「ねじねじ棒」(発注番号:ザ・便利-49)を曲げて作ったモノ。グニグニと曲がるのでいろいろと応用が利きます。

「自分で作るのは面倒」という方は楽天市場あたりで既製品を買ってしまうのがよろしいかと。ケースがスタンドになったりする便利なヤツなどさまざまな種類があります。


Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ