さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2010/11/11

チタンなミジンコ

チタン製ダフニア
当初は餌にしようと目論んでいたのですが、量産が難しいことを思い知り、結局は普通に飼うことにしたミジンコ。

そのうち愛着が湧いてきたりして、こんなモノまで買ってしまう自分が居ました。

チタン製のミジンコです。サイズは全長約20mm程度の小さなもので、ワイヤーカットという手法でチタンの板から切り出されたストラップ用のオーナメント。工房ニッタさんのページで購入できます。

元々はチタンの鈍い銀色をしていたのですが、ある日突然思い立って大気酸化で色付したらこんな感じになりました。テキトーに磨いて電気炉に入れてみたらまあまあな感じで仕上がったので、そこで満足しちゃって終了。という経緯であります。

なので、大きく写すとアラが目立ちます。かなり磨きムラや色ムラが出ておりますが、製品版にはちゃんとした酸化皮膜付きのカラフルなモノが用意されております。

素材フェチが萌える定番のチタンに、ミジンコの組み合わせときたらゲットしないわけにはいきません。もう脊髄反射で即買いです。

しかも、こいつはダフニアの特徴をよく捉えており、通をも唸らせる仕上がりです。ちなみにダフニアというのは、水の中でピコピコ泳ぐミジンコの属名。ものすごく乱暴な言い方ですが。

淡水プランクトンの総称としても使われるミジンコと区別するためにそう呼びます。ダフニア属にもいろいろ居るわけですがそれはまた別の機会にでも。

なお、工房ニッタさんでは、この他にもさまざまな生物、音楽関係、星座など多彩なラインアップが用意されております。どれもなかなか良くできているので、興味のある方はぜひチェックしてみてくだされ。

また、ミジンコに興味がある・湧いた(という稀有な)方には、ミジンコはすごい! (岩波ジュニア新書)と、普及版 やさしい日本の淡水プランクトン図解ハンドブックの2冊を強力にお勧めします。


Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ