さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2010/11/13

塩を吹くキャップ

潮吹き柄の帽子
別にこのキャップにそういった機能があるわけではありません。言うまでもありませんが。

いわゆる「夏の思い出」というヤツですな。日よけ兼汗止めとして活躍してくれたキャップのの在りし日の姿でございます。

今は、ちゃんと洗濯してキレイな状態になっております。

モノは米国OTTO社の「ウォッシュ ピグメント コットンツイルキャップ」という品。ちなみにOTTO社は、キャップ製造の老舗で、さまざまなメーカーにOEM供給もしている大手メーカーです。

と、書くと何やらとても高そうに感じますが、実は安くて600円程度で購入できます。通販では送料がプラスされるので、もう少しの出費となりますが。

値段が安いからと言って作りが安いわけではなく、しっかりとした作りになっています。ただ、縫い糸の終端処理が甘く、所々で糸が飛び出しております。が、機能には問題ありません。気になったら飛び出た部分をカットしちゃえばOK。

サイズは一種類しかないので迷う必要もありません。もちろん、後頭部のアジャスター(面ファスナー)でサイズを調整することができます。

素材は、綿100%なのでとても良く汗を吸ってくれます。頭の汗がたれてこないので、ポタリングにも良い感じ。まぁそのせいで、写真のような姿になってしまうわけですが。

そのため、何回もタワシでガシガシと洗っていますが、特に問題ありません。耐久性はかなりのモノです。一度、他の色で染め直そうと台所用の漂白剤に漬けてみたのですが、まったく変化しませんでした。何と強い染色なのだ。

日常的に使うなら安くて良い品だと思われます。形の好き嫌いはありそうですが、その辺に問題がなければお勧めのアイテムです。

通販でのお求めなら、いろいろ選べる楽天市場あたりがよろしいかと。


Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ