さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2010/11/26

マウスが不調気味

V470黒仕様
現在使用しているマウスは、Logitechの「V470 Cordless Laser Mouse for Notebooks」というモデル。

こいつはBluetoothで快適、しかも小ぶりなサイズで気に入っているのですが、最近調子が悪くなってきました。マウスの左ボタンがチャタリングを起こします。

シングルクリックのつもりが勝手にダブルクリックになったり、ドラッグの途中で落としてしまったりと、思うように操作できません。精神衛生上よろしくないのはもちろん、作業効率も激しく悪化します。

これがどうでもいいマウスなら、サクっと捨ててしまうのですが、気に入っているだけに困りものです。何にせよこのまま放置しても自然回復することはなさそうなので、手を打たなければなりません。考えられる方法は3つ。

(1)ソフトウェアでごまかす
その名も「マウスチャタリングキャンセラ」というフリーソフトがあります。説明を読む限り理にかなったもので、なかなか良くできたソフトのようです。

(2)同じのを再び購入する
現在使用中のモノはeBayで購入したものです。なので、とりあえずeBayを検索してみたところ、今でも問題なく購入できそうな雰囲気。シッピング込みで$39.95なんてのもあります。ただし本体カラーがブルーかホワイトの2択。この際、色には目をつぶるとして、円高のうちに買っちゃうのも悪くありません。

贅沢を言わなければDealExtreme辺りで適当に安いやつを買っちゃうのもひとつの手ですが、やはり手に馴染んだモノは捨てがたいというのが正直なところ。

(3)修理する
チャタリングの多くはスイッチの物理的な故障や劣化によるものです。ならば、パーツ自体を交換してしまうのが確実。マイクロスイッチなら数百円で買えますし、手持ちの不要なマウスから移植できるかもしれません。が、パーツのサイズ、特に高さが合わないと都合が悪いため、具合の良いスイッチを見つけるのが面倒そうです。

まぁ最終的には、応急処置的に(1)、根本的対策として(2)、で、モノが届いたら趣味的に(3)を実行、といった感じでしょうか。このテキストを作成している段階でも症状が出ており、軽く「イラッ」としております。

早急に何とかせねば。


Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ