さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2012/08/26

[A100] リカバリとカーネルを更新してみる

TWRPのホーム画面
xdaにて"iconia tab A100"用の"TWRP"(Teamwin Recovery Project)の最新版が公開されました。カスタムROMのイメージを書き込んだり、バックアップを取ったりするための、いわゆるリカバリツールです。

一番の特徴はタッチパネル操作に対応している点。というか、タッチパネルでしか操作できません。

以前のバージョンからはいろいろ変更点があるのですが、すぐに分かるのはインターフェースが洗練されたこと、タッチ操作のレスポンスが良くなったことでしょうか。サクサクと操作できます。

内部的には、カーネルがリカバリに最適化されていたり、文鎮化予防のパッチが当てられたりしている様子。もちろん、これまでの"TWRP"とも互換性があり、バックアップなどもそのまま適用できます。

使用感に関しては以前の投稿をご参照くだされ。なお、導入するためには、ブートローダのunlock、ならびにroot化が必要となりますのでご注意を。

プログラム本体はxdaのこちらのスレッドの冒頭にあるリンクにてダウンロードします。おそらくファイル名は"gm_a100_twrp_2.2.2.0.img"になっているかと。ダウンロードしたらPC上でパスの通った場所に保存しておきます。

続いて、A100とPCとをUSBケーブルで接続するなどしてadbが使えるようにしてから、ターミナエミュレータ(Windowsの"コマンドプロンプト"など)から以下のコマンドを実行します。
adb reboot bootloader
端末がリブートしたら、imgファイルの書き換えコマンドを実行します。
fastboot flash recovery gm_a100_twrp_2.2.2.0.img
処理は数秒で終了するので、以下のコマンドでシステムを再起動します。
fastboot reboot
再起動を知らせる短いバイブを確認したら、ボリューム+(回転ロックスイッチの隣)を押し続けるとリカバリモードに入るので"TWRP"の起動を確認。問題がなければインストールは完了です。

ついでと言ってはアレですが、操作の流れをざっと紹介するため、先日公開されたA100用のオーバークロック対応カスタムカーネルの最新版である"ezterry A100 kernel (ezT20) 2.6.39.4-ezT20-v1.0.1~ [Aug 12th, 2012]"を"TWRP"からインストールしてみましょう。カーネルに関しては以前の投稿も参考になるかと。

xdaのこちらのスレッドの冒頭のリンクからファイルをダウンロードし、A100の適当な場所にコピーなりムーブなりしておきます。ちなみに、ここでは外付けmicroSDHCカードのルートディレクトリを使用しました。

その後リカバリモードで再起動をかけ、"TWRP"のホーム画面が表示されたら"Install"ボタンをタップします。

ファイルの一覧画面
するとこちらのスクリーンショットのような画面が表示されるので、先に保存したカーネルのzipファイルをタップします。

なお、画面中央上部のラジオボタンで外付けSD/内蔵ストレージを、画面左のディレクトリ一覧で階層を切り替えることができます。

ファイルを選択すると画面が変わり、最下部にある"Swipe to Confirm Flash"の矢印マークを右にスワイプすれば処理がスタートします。

処理中は再び画面が変わり、画面上半分にログが表示されます。処理が完了すると画面下部にボタンが登場するので"Reboot System"をタップすればOK。問題なくシステムが起動すればカーネルの書き換えは完了です。

今回はカーネルのインストールを取り上げましたが、基本的にはカスタムROMも同じ手順で導入することができます。

カスタムリカバリとしては、このところずっと"TWRP"を使用しておりますが、特に問題は発生しておりません。また、使い勝手に関しても、初期のモノより大幅に向上しております。

カスタムリカバリが試せる環境にある方には、ぜひ一度お試しいただきたいツールであります。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ