さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2012/09/15

イオンSIM vs IIJ SIM再び

写真は使い回しです
ここで言うイオンSIMはIIJのアレではなく、日本通信が提供する方のサービス。言うなれば「元祖イオンSIM」といった感じでしょうか。

IIJのアレもイオン店頭で購入できるようになってしまったので、ちと話がややこしくなっております。売り場で混乱したりしないでしょうか?

それはさておき「元祖イオンSIM」。激安データ通信サービスの先駆けではあるのですが、後発サービスの登場により影が薄くなってしまいました。

が、日本通信も指をくわえて見ているだけではありません。2012年9月14日のリリースにて、サービス内容(プランAならびにプランXA)のリニューアルを発表しました。基本的な部分は変わらないのですが、2つの大きな変化が見られます。

そのひとつが、ベース通信速度の向上。これまで100kbpsに制限されていたのですが、2012年10月1日からは150kbpsまで引き上げられます。新規で販売されるSIMはもちろん、現在利用中のプランAおよびプランXAでも、同日から適用されます。

もうひとつが"Tuebo Charge"の導入。あらかじめ100MB分の権利を買っておけば、いつでも好きな時に高速な(というか速度制限のない)データ通信が行えるというモノ。切り替えは専用アプリからワンタッチで行えます。

この2つの変化により、とりあえずスペック的にはIIJのアレと肩を並べる形になります。その辺を表にしてみました。

  元祖イオンSIM
(プランXA)
IIJ SIM
(ミニマムスタート128プラン)
契約 イオン店頭 ネットorイオン店頭
月額料金 980円 945円
通信速度 150kbps 128kbps
LTE対応 あり あり
増速オプション 525円@100MB 525円@100MB
SIM 標準/マイクロ 標準/マイクロ
備考 Webアクセラレータ  

WebアクセラレータというのはWebページを表示する際の画像をサーバ側で圧縮し、見かけ上の速度向上を狙ったシステム。時に効果的であり、時にボトルネックになったりするため賛否両論があります。個人的には「不要かも」という気がしないでもありません。

なお、プランを絞ってしまったので表には出て来ませんが、元祖イオンSIMの方には音声通話も使えるプランが用意されております。これは、他社にはないアドバンテージ。「SIMフリーなスマートフォンで音声も使いたい、けど月額料金は抑えたい」という場合、元祖イオンSIM一択となりそう。

ただ、安いが遅い系のサービスとして忘れてならないのが、コストパフォーマンスの高さで突き抜けているDTIのアレ。490円という安さは破壊力抜群です。

仕様的にも、元祖イオンSIMやIIJ SIMのそれに近いものとなっており、マイクロSIMが選べない以外の欠点も見当たりません。

このように、月額1000円以下の格安データ通信サービスもさまざまなモノが登場しており、ユーザとしては嬉しい限りです。一方で選択の難易度が上がってきたのも事実。

スペックから読み取れる部分の比較は簡単ですが、それ以外にも、想定される利用状況やサポート体制、使い勝手などさまざまな角度から検討する必要があります。

ここは、ネット検索などを活用してユーザの声を拾ってみるのがよろしいでしょう。アレコレ悩むのも楽しい時間な訳ですし。

などと言いつつ、個人的には基本料金0円のヨドバシSIMに傾いていたりする訳ですが...。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ