さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2014/12/26

[Nexus7] ユーザービルド版CM12を試してみる

MultiROM環境ではエラーが
KitKat(CM11)の時にはサクッとリリースされたように記憶しているのですが、Lollipop(CM12)の方はその時よりもかなり遅く感じます。気のせいでしょうか?

ということで、ユーザービルドなCM12を"Nexus7(2012)"にインストールしてみることに。ROMはEUROSKANK版を使わせていただきました。

当方の"Nexus7(2012)"ではMultiROMが導入されており、お試しなROMはセカンダリにインストールするようにしております。その要領でいつものようにCM12をインストールした...のですが、どうもうまく行きません。

TWRPにはFAILEDと言われ、ログには赤字のエラーが。これを手がかりに調べてみました。どうやらスクリプトの記述が変更されたらしく、MultiROMのTWRPがこれに対応できていない様子。※追記参照

いずれは誰かがどうにかしてくれると思われますが、今のところは自分で対処するしかなさそうです。やることはROMのZipファイルに含まれる"updater-script"を書き換えるだけ。スキル的にも環境的にも高いハードルではありません。

その方法をザックリとご紹介。Zipファイルを展開できる適当なソフトを使用して"updater-script"を取り出します。当方では7-Zipを使用しました。

ターゲットは深い階層に
"updater-script"は深い階層に埋まっておりますので、図のツリー表示をご参照くだされ。全体を展開する必要はなく"updater-script"だけ取り出せばOKです。

取り出した"updater-script"を、これまた適当なテキストエディタで開き、コチラのページで示した赤字の部分を削除して保存、元の場所の"updater-script"に上書きすれば作業は完了です。

あとはいつものMultiROMでの作業と一緒。もちろん、エラーも発生しません。なお、ROMにはGAPPSが含まれておりませんので、ROMに続けてインストールすることをお忘れなく。

まだNightly版も公開されていないような状況なので、動作に関してあれこれ言う段階ではないのですが...と前置きしつつ、気付いた点を記載しておきます。

環境を整備すべく、定番バックアップアプリであるTitanium Backupを使用したのですが、どうも動きがあやしい雰囲気。いくつかのアプリ(とデータ)でリストアが完了せず、プログレスダイアログが表示されたままの状態となってしまいます。

幸いにしてデータが重要なアプリではなかったため、Google Playから再インストールしてこの問題を回避しました。いきなりトラブルからのスタートとなりましたが、これ以外に大きな問題は発生しておりません。

Flappy Bird的なアレ
ということで、無事CM12が動くようになりました的なイメージがこちら。ちゃんとゲームも移植されております。

もちろん、CM12版ではマスコットキャラのCid君が自機。当たり判定がちょっと大きいような気もしないではありませんが。

で、環境整備の途中でUSBメモリが必要になり、何も考えずにOTGケーブル経由で接続すると普通にマウントされました。この辺はさすがにCyanogenMod。などと感心していたその時、ふとLollipopではUSB Audioがサポートされたのを思い出しました。

そこで、手元にあったUSB DAC(UD100)をOTGケーブル経由で接続してみると...あっさり認識。ヘッドホンから音が聞こえてきました。これまでのバージョンでは割と苦労したUSB DACのホットプラグが当たり前のように機能します。これには軽い感動を覚えました。

それでは、ということで入力側も試してみることに。USB接続型のハンドセット"Yealink USB-P11B"を持ちだしてOTGケーブル経由で"Nexus7(2012)"に接続。純正の"音声レコーダー"で録音してみると...ハンドセットのマイクで拾った音が録音されました。

今までのAndroidでは使用できなかったUSB Audio入力が、ついにシステムの標準入力として扱われるようになったのです。感動というよりは、もはや衝撃に近いモノがあります。

けれども、録音したデータをよくよく聴いてみると、蚊の鳴くような声で記録されております。入力レベルが思いっきり低い感じ。けれどもUSB Auidoの入力を調整するための仕組みが見つからず、レベルを上げることができません。

今回のところはここで時間切れ。どこに原因があって、どうすれば解決できるのかまでは検証できておりません。が、少なくともUSB Audioの入力が機能することを確認できたのは大きな成果です。

AOSP版のLollipopではOTGすら機能せずショボーンな感じだったのに加え、興味も枯れ気味で疎遠になっていた"Nexus7(2012)"。けれども今回の経験で状況が一変し、俄然面白くなってきました。

まだまだ遊べるデバイスであることは間違いなさそうです。

***Edit***
先ごろ純正のCM12が公開されましたが、コチラも"updater-script"の書き換えによってMultiROMへのインストールが可能でした。

***Edit2***
MultiROM対応版TWRP2.8.4にて上記の不都合は解消され、スクリプトの編集は不要となりました。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ