さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2015/10/03

[Nexus7] CM12.1用のM-Kernelを試してみる

見づらいですがM-Kernelの証がここに
MarshmallowことAndroid6.0のリリースも近いとされておりますが、"Nexus7(2012)"用は見送られたようです。どうやら純正のシステムとしてはLollipop(Android5.1)で打ち止めになりそうな雰囲気。

ウチでは、CM12.1(CyanogenMod12.1)のリリース以降、ずっとこれを試用しているのですが、動作の重さが気になっておりました。そんな時にちょっとだけ効果を発揮する(かもしれない)のがプロセッサのオーバークロック。

この機能をサポートしたカーネルであれば、プロセッサの動作周波数を上げることで処理速度を向上させることができます。初期段階では素のCM12.1でもオーバークロックがサポートされていたのですが、最近のビルドではこの機能が削除されてしまった模様。

そうなると、カスタムカーネルを入れて対処するしか方法がない訳ですが、登場からすでに3年が経過しており、"Nexus7(2012)"用のカスタムROM/カーネル界隈もだいぶ寂しくなってきました。特にカスタムカーネルに関しては絶滅危惧種と呼べるレベル。

そんな中で、Lollipop(Android5.1)用のカスタムカーネルとしてリリースされているのが"M-Kernel"です。AOSP版はもちろん、CM12.1版もリリースされており、さまざまな環境で使用することができます。

ところが、この"M-Kernel"、当初はCM12.1でも問題なく動作していたのですが、最近のビルドではブートループにハマってしまい、起動してくれません。作者も放置気味な感じで、フィックスされる気配もなし。

そんな状況に業を煮やした...かどうかは不明ですが、オリジナルの"M-Kernel"を修正し、CM12.1で動作するようにした猛者が現れました。モノはxdaの"M-Kernel"のスレッドに埋もれているのですが、こちらの書き込みに添付されております。

この改修版"M-Kernel"ですが、CM12.1で起動する以外はオリジナルのままとなっており、機能はそのまま踏襲されております。で、当初の目的だったオーバークロックですが、"M-Kernel"では最大1.7GHzまで設定することができます。

オーバー/アンダークロックが設定可能
こちらはカーネルのさまざまな機能を設定できるTrickster MODというアプリの画面。確かに1.7GHzまで用意されております。

もちろん、1.7GHzでの動作が保証されている訳ではなく、運が良ければ実用できるかもしれないというモノ。

当方では1.7GHz設定時にフリーズすることがあったので、1.6GHzに設定しております。すでに2か月ほど試用しておりますが、特に問題は発生しておりません。

なお、Trickster MODでは、プロセッサやメモリの電圧を周波数ごとに指定することができます。この機能を使用すれば1.7GHzでの常用も可能になるかもしれませんが、使用可能時間にも関係してくるのでここには触れておりません。

で、実際の使用感ですが、ホームやドロワーのスクロールでオーバークロックを体感できます。CM12.1の純正カーネルではスクロールのアニメーションが粗い感じですが、オーバークロック後はヌルヌル...とまでは行かないものの、だいぶスムーズになりました。

気になるバッテリの持ちですが、体感的にはCM12.1の純正カーネルと変わらない感じ。Androidでは(ガバナーの設定にもよりますが)状況に合わせて細かに動作周波数や使用コア数を変更する仕様となっております。

このため、プロセッサを酷使するゲームなどのアプリを除けば、最大周波数で動作する割合はさほど多くはなく、オーバークロックしたとしても極端にバッテリ消費が増えることはないと思われます。

確認のためベンチマークアプリの定番であるAnTuTu Benchmarkにて計測してみたところ、1.3GHzでは19693、1.7GHzでは22047となりました。数値的には12%増しといった感じ。

なお、ここでは"M-Kernel"の最大周波数を変更する形でテストをしており、CM12.1の純正カーネルとの比較とは異なりますのでご注意くだされ。

微々たる感じのオーバークロックではありますが、体感できるほどの効果はある様子。CM12.1をインストールしている"Nexus7(2012)"ユーザで、もうちょっとだけシステムを快適にしたいユーザにお勧めの改造ネタでした。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ