さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2016/07/02

楽天モバイルの支払いにポイントを充当してみる

楽天モバイルをよりお得に
楽天モバイルの支払いに楽天スーパーポイントが使えるようになったので、早速試してみることに。設定した翌月の支払いから適用となるので、実際にポイントが充当されるのは来月から、ということになります。

この施策、何がうれしいのかと言うと、楽天スーパーポイントを持っているなら、その分楽天モバイルの支払い(の現金分)を抑えることができる、というモノ。とってもシンプルなお話です。

重要なのは、期間限定ポイントも使えるという点。楽天スーパーポイントには2種類あって、楽天市場の買い物などで付与されるポイントは無期限で利用できるのですが、くじ引きなど販促的に付与されるポイントは有効期限が存在します。長ければ数ヶ月、場合によっては数日で期限切れとなり失効に。

積極的にポイントをためている訳ではないのですが、月に数十ポイント程度はもらえたりします。期限内であれば通常のポイントと同じく楽天市場での購入代金に充当できたりするのですが、期限付きポイントを消費するだけのために、あまり必要のない買い物をするというのは本末転倒というモノ。

そんな訳で、これまでは毎月のように未使用のまま失効となるポイントが発生しておりました。けれども、毎月定期的に支払いが発生する楽天モバイルでポイントが使えるのであれば、失効ポイントを減らすことができるハズ。

注意しなければならないのは、楽天モバイルの支払いが確定した時点(毎月4日から10日頃なのだとか)で有効なポイントのみが対象となる点。

例えば、月の中ほどで付与され、月末に期限が切れるポイントがあった場合、どうあがいても楽天モバイルの支払いに充当することはできません。

逆に、有効なポイントがあるのであれば、期限付きから消費されるのがルールなので、その点では安心できます。

とりあえず200円分にしてみました
そんな訳で設定の流れなど。まずは、楽天モバイルの"会員サポートページ"から"メンバーズステーション"に入ります。

その際、認証ページが表示されるので、楽天モバイルまたは楽天のアカウントでログインします。ターゲットは、ページ下方にある会員メニュー内の"楽天スーパーポイント支払い"という項目。

こちらのスクリーンショットが実際の設定画面となっております。

デフォルトではポイントを使用しない設定となっておりますが、ここではすでに200ポイントを充当するように変更済み。ポイント数に深い意味はありません。とりあえず入力してみた次第。

ここで指定した値は「ポイント残高があれば、その分を支払いに充当する」という意味で、もしポイントが足りなかったり、0だったりした場合には不足分がクレジットカードで請求されます。

すなわち、請求や支払いの流れはこれまでとまったく同じ、ということになります。変わる(可能性がある)のは請求金額のみ。

そんな感じなので、使用するポイント数の設定で神経質になる必要はなさそうです。ポイントを管理するのが面倒なら"全てのポイントを使用する。"を選んでしまうのもひとつの方法かもしれません。

なんにせよ、特に罠はなさそうなので、ポイント利用を設定しても損はないハズ。無駄に消えてしまうポイントを減らすためにも、楽天アカウントを持っているなら積極的に利用したい機能です。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ