2017/06/08

USB Aコネクタ用キャップを試してみる

状態のよろしくないUSBコネクタ
こちらは、金属部分に錆が浮いたUSB Aコネクタ。けれども、劣悪な環境で使用された訳ではなく、一般家庭で普通に時を過ごしただけの状態です。

これだから安物のメッキはいけません。とは言え、購入前にメッキの品質などわかるはずもなく、一般ユーザとしては環境を変えるか、コネクタを保護するかぐらいしか手立てはありません。

ということで、USB Aコネクタにかぶせるキャップを試してみることに。この手のアイテムはAliExpress辺りを探すのが手っ取り早そう...と検索してみると、簡単に見つかったので、サクッとオーダーしてみました。

実のところ、日本でも同じ(と思われる)モノが同等な価格で購入できる訳ですが、その辺はまたのちほど。

今回購入したのはシリコーンゴム製で、サイズ的にはジャストフィットな感じ。ホコリの侵入やヨゴレの付着を防ぐのはもちろん、コネクタに密着するので湿気による錆も防止できそうな雰囲気です。

一応、手持ちのUSB Aコネクタを持つデバイスに片っ端からハメてみましたが、どれも普通に装着できました。

指先で簡単に潰せるレベルの柔らかさであるため、製造誤差程度の差異ならその柔軟性で対処できそう。が、逆にグニグニと変形するため、着脱がスムーズに行かない場合もあったりします。

当方が購入したショップでは、クリアタイプとブラックタイプのアソートのみとなっており、そのチョイスはランダムであるとのこと。なお、違いは色だけで、使用感に差はありません。

実際のモノと装着サンプル
キャップには小さなストラップホールが設けられており、ヒモまたは金属製のリングを装着することができます。

ここにストラップを装着してぶら下げても、簡単にデバイスが外れて落ちることはありません。が、基本的にはデバイスとヒモ付けすることで、キャップの紛失を防止するのが正解な感じ。

見た目はまんまコネクタを覆うカバーなので、オシャレ感は皆無ですが、役割りとしては必要にして充分。そのうえ、さまざまなデバイスのUSB Aコネクタで使える高い汎用性があります。

失くしたキャップの代用品としても便利かと。密着度の高さもあり、保護性能としては純正キャップを越える実力があると思われます。

このため、持ち歩くことの多いデバイスに装着するのも有用な使い方。ただ、ケーブルの場合には別途反対側コネクタのキャップも必要になったりします。(参考品:USB micro B/USB Type-C/Lightning)

で、冒頭の話の続き。AliExpressでの注文後に知ったのですが、Amazon.co.jp(のマーケットプレイス)でも似たような...というかおそらく同じモノが販売されておりました。

見た目はまったく同じで、価格も似たような雰囲気。クリアとブラックのアソートである点や発送元が主に中国(しかも送料込み)であったりするのも共通点です。

すなわち、入り口が異なるだけで通販の流れはまったく同じと。納期もほぼ同等なので、辛抱強く待つ覚悟が必要となります。

何にせよ、モノとしてのコストパフォーマンスは高く、必要性を感じるなら買って損のないアイテムと言えそうです。



0 件のコメント:

コメントを投稿