さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2018/02/20

モバイル向きのUSB Type-Cケーブルを試してみる

いろいろと特徴的なケーブル
USB Type-C搭載スマホに変えた関係で、いろいろと買い換えなければならない昨今。出費は痛いものの、モノ選びはそれなりに楽しかったりする毎日です。

とりあえず必要だったのは、持ち歩きながら充電(いわゆる重ね持ち)するためのショートケーブル。今回はMYLBなる謎ブランドの製品を選んでみました。

その特徴は、見てのとおりのコネクタ形状。USB AもUSB Type-Cもケーブルに対して直角にコネクタが出るL型レイアウトとなっております。そして、もうひとつの特徴が、USB Aコネクタもリバーシブルになっている点。

写真の左側に写っているのがUSB Aコネクタなのですが、一般的なコネクタに見られる金属製のハウジングは存在せず、端子部分のみを露出させた構造となっております。

写真では確認できませんが、裏側もまったく同じ構造となっており、裏と表のどちらでUSB Aポートに挿入しても正しく接触するという仕掛け。シンプルに問題を解決するナイスなアイデアです。

ただ、金属ハウジングがない関係上、端子だけでUSBポート(メス側)をホールドしなければならず、必要なテンションをかけるために端子が肉厚になっております。

そのせいで、USBポート(メス側)の端子にかかるストレスも一般的なコネクタより大きくなります。すぐに不都合が生じる訳ではありませんが、長期的には何かあるかも。

いきなりネガティブな話となりましたが、実際に使ってみるとその辺には目をつぶってしまうほど快適です。L型レイアウトでケーブルがジャマになりにくく、取り回しも良好。特にモバイル環境での充電には効果的です。

スマホとモバイルバッテリを接続してカバンなりコートのポケットなりに放り込む、あるいは重ね持ちして移動するなどの場合、一般的なコネクタでは飛び出し量が大きいため、ケーブルがちょっと何かに当たるだけでもUSBポート付近に大きなストレスがかかります。

スッキリと収まります
けれども、L型レイアウトなら飛び出し量が少なくなるため、相対的にUSBポートへのダメージを減らすことができる訳です。

コネクタの厚みは一般的なモノよりも少々大きくなりますが(実測で7.02mm)、それなりにスリムなモバイルバッテリと端末を重ねてもコネクタ同士が干渉することはありません(左記写真)。

また、本ケーブルではUSB Aコネクタもリバーシブルのため、ケーブルを逃がす方向も選択可能。写真ではデバイスの右側にケーブルを出しておりますが、それぞれのコネクタを裏返せばケーブルも逆向きとなります。

で、ケーブル自体の素性ですが、柔らかくはあるものの、短いためかコシは強め。ナイロン(と思われる)スリーブは高級感があってよろしい感じです。

USB A to USB Type-Cケーブルに必須のプルアップ抵抗もきちんと56kΩとなっており安心して使用できます。データ転送に関してはUSB2.0なので、まぁそれなり。

そんな感じで個人的には満足度の高い製品でした。USB規格的にはアウトな雰囲気のリバーシブルなUSB Aコネクタに抵抗がないのならお勧めの一品。特に重ね持ちをメインに考えるのであれば、チェックすべきアイテムであると思われます。



…続きを読む»

2018/02/14

Mi A1のシステム(とポケモンGo)のフォントを変更してみる

PCに転送したfonts.xmlをオープン
Androidデバイス/システムを新調した際の恒例行事となっているのがシステムフォントの変更。そのためにはroot権限を取得する必要がある訳ですが、システムフォントを自分好みに変更したい、というのも目的のひとつだったりします。

最近導入したMi A1も例外ではありません。購入時はNougat(Android7.x)だったのですが初期設定をしている最中にOTAが降ってきて、なし崩し的にOreo(Android8.x)となりました。

そんな訳で、今回はAndroid Oreoのシステムフォントを変更する手法に関して簡単にご紹介しようかと。当方が対象としたのはMi A1ですが、他のAndroidデバイスでも応用できるのではないかと思われます。

その手法ですが、Nougatの場合とまったく同じ。具体的には、自分が使いたいフォント(TrueType)を/system/fontsに入れて、/system/etc/fonts.xmlを編集。フォントファイルとfonts.xmlのパーミッションをチェックして再起動するだけです。

ダイジェスト化するとえらく簡単に見えますが、システムの基幹部分をいじるので作業は慎重に。特にNandroidバックアップの実行を強く推奨します。続いては実際の作業に当たってのポイント解説。

fonts.xmlの編集ですが、当方の場合は一度PCにコピーしてWindows上で作業しました。その方がテキスト入力や編集の作業がはかどりますので。上記スクリーンショットがテキストエディタでfonts.xmlを開いたシーンで、反転している部分が編集対象となる場所です。

それらの行が示すのは「言語設定が日本語(lang="ja")であった場合にはNotoSansCJK-Regular.ttcというフォントで表示する」ということ。つまり、このNotoSansCJK-Regular.ttcを自分が使用したいフォントのファイル名に入れ替えてあげれば良いことになります。

なお、フォントのファイル名を記述する際には、大文字/小文字を含めて完全に一致している必要があります。ちょっとでも違うとフォントが認識されず、運が良ければCJKフォントのまま見た目は変わらず、ヘタをするとテキストが可読不能な状態になる可能性もありますのでご注意を。

反転部分が編集後の状態
こちらが編集後のfonts.xml。ここではMigu 1VSというフォントを使用するように記述しておりますが、ボールド(太字)が別ファイルとなっているため、その記述を追加するため1行増えております。

で、フォント名および構文にミスがないか厳重にチェックしてファイルを保存。その後Androidデバイスに戻してあげます。場所は元どおりの/system/etc。その際にはパーミッションのチェックをお忘れなく。644(rw-r--r--)が正解です。

また、/system/fontsにコピーしたフォントファイルのパーミッションも同様(644)ですので、こちらも合わせてチェックしておきます。変更したはずのシステムフォントが適用されない場合、fonts.xmlの記述と両ファイルのパーミッションを再確認してみましょう。

あとはデバイスを再起動すれば、指定したフォントがシステムフォントとして使用されるという次第。なのですが、正しくフォントが適用されたにもかかわらず、ゲームアプリである"ポケモンGo"ではなぜかNotoSansCJKで表示されてしまいます。

どうやら「システムの言語設定とは無関係にfonts.xmlを上から総当りで検索し、現在の言語を表示できるフォントが見つかったらそれを使用する」という動作をしている様子。であるならば、対処は簡単です。

実は上記スクリーンショットがすでに解答だったりするのですが、NotoSansCJKを使用する最初の言語設定であるlang="zh-Hans"の直前に日本語用の記述を挿入(移動)するだけです。

並べると違いが良くわかります
これで"ポケモンGO"内でも変更したシステムフォントが使用されるようになります。こちらがそのサンプル。

左側がNotoSansCJKで表示された画面、右側がMigu 1VSで表示された画面となっております。

フォントの形はもちろん、可変幅(プロポーショナル)なので文字間隔が異なるのも見て取れるかと。

すでにシステムフォントをいじっているユーザには簡単な修正なので、心当たりのある方には一度お試しいただきたく。



…続きを読む»

2018/02/07

Mi A1を試してみる

Android Oneです
今まで使用してきたNexus5。カスタムROMも豊富で、まだしばらく現役でいられるような気がしておりました。

が、バッテリやUSBポートなど、物理的な劣化はどうしようもなく、いろいろと不具合が目立ってきた今日このごろ。アフターパーツが豊富なのもこの機種の魅力のひとつであり、その気になれば完全な機能回復も可能です。

が、変えるべきパーツの総額を算出してみると、なかなかにコスト高な雰囲気。であるならば、いっそのこと新しいスマホを導入した方がよろしいのでは?という考えに至りました。ということでXiaomiの"Mi A1"を試してみることに。

このデバイスを選んだのは、root権限の取得やTWRP(カスタムリカバリ)のインストール方法が確立されているため。スマホは手段であると同時に、目的そのものでもあるので、いろいろいじれないとつまりません。コミュニティがそこそこ充実しているのもポイントです。

また、ハイエンドとは言えないまでもそれなりのスペックを備えており、なにより安価なのがありがたいところ。Xiaomiのスマホにも興味があったので、丁度よい感じでありました。

そんな訳でサクッと購入。さほどストレージ容量を必要としないので32GB版を選択し、お値段的には$189.99な感じでした。モノが届いて1週間ほど使い込んでみたので、軽くレビューなどしてみたいと思います。

まずは外観ですが、オールアルミなボディはなかなかの高級感。ツルツルと滑りやすいのは困りモノですが、見た目はもちろん触感も良好です。ディスプレイは角が丸められた2.5Dタイプ。保護フィルムが貼りづらいヤツです。

充電ならびにデータ転送用としてUSB Type-Cポートが搭載されておりますが、USB PDやQuick Chargeなどの充電技術には対応しておりません。また、3.5mmイヤホンジャックが底面に装備されているので、普通のイヤホン/ヘッドホンがそのまま使えます。

ボタン類の配置に関しては少々気になる部分がありました。まずは、電源ボタン。ディスプレイを正面に見て右側のほぼ中央に配置されており、スマホをガシッとホールドすると、うっかり電源ボタンを押してしまいます。逆に握ったままでのON/OFF操作がしやすいというのはありますが、個人的には別の位置が良かったかも。

ナビゲーションボタンには静電容量方式が採用されており、画面を操作すると一定時間バックライトが光ります。それは良いのですが、左側が履歴ボタン、右側が戻るボタンとなっており、これまで使用してきたAndroidデバイスとは逆になっております。

慣れてしまえば問題はなさそうですが、他のデバイスを使用する際に混乱しそう。電源ボタンの位置はどうにもなりませんが、こちらは何とかなりそうな気配なので、後ほど対処することにします。

で、実際の使い勝手ですが、ドコモ系のSIMで運用する場合、利用できるバンドはLTEでB1とB3、3GでB1。少々心もとない感じではありますが、首都圏での利用ならば問題はなさそう。3GのB6に関してはゴニョゴニョすることで何とかなるという話なので、こちらも手を加えてみたいと思います。

ポケモンGoも問題ナシ
センサー類に関しては一通り用意されており、ジャイロもコンパスも搭載されているのでポケモンGoもOK。

以前の環境では、ゲーム内のアバターが突然明後日の方向に駆け出すなど、貧弱なGPSに閉口しておりました。が、"Mi A1"では非常に安定的かつ高精度に位置計測が実施されます。それはもう軽い感動を覚えるほど。

ほんのわずかにタッチパネルの感度が弱いような気もしますが、体質や環境などの条件もありそうなので、これに関しては保留で。もちろん、操作に影響が出るほど深刻な問題ではありません。

スマホとしては自分史初となる指紋認証も好感触。センサーに触れるだけでスクリーンロックを解除でき、いきなりホームなりアプリなりの画面に行けるのは非常に便利です。押す回数も減るので、電源ボタンの長寿命化にも期待できそう。

Nexus5からの乗り換えで使えなくなった機能(QiやNFC)もあったりしますが、総じて快適になりました。oem unlockだけブートローダのロック解除もできるし、TWRPとMagiskを入れればいじり放題。サクッとroot権限も取得して、前機種とほぼ同じ環境を構築することができました。

OSもOreoだし、変なプレインストールアプリもありません。OTAにも対応しているので、無改造で使ってもしばらくは安泰な感じ。Google製ではありませんが、Nexus/Pixel的な立ち位置であるように思えます。

そんな感じで、個人的にはかなり高い満足度が得られました。技適の問題もあるので安易にはお勧めできませんが、システムなどのカスタマイズを楽しむユーザには響くモノがあるデバイスであることは確かです。


…続きを読む»

2018/02/02

無線LANルータのVPN機能を試してみる

無線LANルータのVPN機能
現在ウチで使用している無線LANルータのファームウェアがアップデートされたため、その作業を実施するついでに設定の見直しなどしておりました。

そこで目に止まったのが、この無線LANルータにVPNサーバ機能を付加する"VPNサービス"という項目。使えればそれなりに便利そうな気はしていたのですが、何となく面倒そう、という理由でスルーしておりました。ちょうど良い機会なので、ちょっと試してみることに。

今回は当方が使用しているNetgearのR6300というすでに販売が終了したモデルに特化した内容となっております。しかも、How toではなくタダの雑記。ではありますが、同社の別製品や他社製品のVPN機能を使う場合の参考になるかもしれません。

ウチの現環境でVPN環境を構築した場合にできることのひとつは、R6300のUSBポートに接続しているUSB SSDへのリモートアクセス。LAN環境においてはファイルサーバ的に使用しており、これをモバイル環境でも使えたらいろいろとはかどりそう。

そしてもうひとつは、モバイル環境から自宅を経由するカタチでのインターネットアクセス。出先のコンビニなどで無料Wi-Fi接続サービスを利用する場合にセキュリティを高めることができます。

とりあえずこの辺を「Androidスマホで実現する」というのを今回のゴールとして作業を進めてみます。

R6300のVPNサーバ機能では、静的なIPアドレスによるLAN運用が必須となります。が、そんな環境はほとんどなく、一般的には動的なIPアドレスと固定のホスト名を関連付けるダイナミックDNSを使用することになります。

もちろん、当方もダイナミックDNSを使用する訳ですが、R6300では無料でも使える"www.no-ip.com"が標準でサポートされており、設定自体は簡単そう。no-ipは海外のサービスなので登録作業は少々手間ですが、メールアドレスやパスワードなど、入力する項目はさほど多くありません。

そんなこんなでダイナミックDNSが有効になったら、いよいよVPNの設定に進みます。R6300側では"サービスを有効にする"にチェックを入れ、"適用"ボタンを押すだけで完了。難しいのはここから先です。

VPNにはいくつかの種類があり、R6300ではOpenVPNが採用されております。この方式ではVPNクライアントを必要とするのですが、VPNの設定画面(冒頭のスクリーンショット)には赤文字で「現在、iOSおよびAndroidクライアントはサポートされません」との記述が。

いきなり終了かと思われましたが、調べてみると現在はiOS/Androidのどちらもクライアントアプリがリリースされておりました。で、Google Playから純正のOpenVPNクライアントをダウンロードしてみたのですが、どうにも具合がよろしくありません。

というのも、R6300のVPNサービスはTAPベースのトンネル技術を採用しているのですが、TAPに関してはiOSもAndroidもOSレベルで非対応。ここまで来て設定画面の赤文字の意味がわかったような気がしました。

最後の悪あがきでもう少し調べてみると、TAPに対応したAndroid用のOpenVPNクライアントが存在することを発見。それが"OpenVPN Client"なるアプリです。

ただし、有料で900円(2018/01現在)と少々お高め。フリー版もあるのですが、こちらではTAPがサポートされません。

買ってから使えなかったではシャレにならないのですが、Google Playの払い戻しが有効な内に試せばなんとかなりそう。ということでサクッと購入。アプリを起動してから、R6300にて発行された設定ファイルや証明書を読み込ませることで、無事接続することができました。

自宅VPNサーバとの接続を確認
リストの最上部にある"My VPN"がウチのVPNサーバ。そのスイッチがON(緑色)になっており、ステータスバーにはカギアイコンが表示されております。すなわち、このVPN接続が有効な状態にあるということ。

ちなみに、この時のネット接続にはモバイル通信を使用し、LANの外側(モバイル環境)から自宅LANに入るカタチにしました。

この状態で接続ホストがわかるWebサイト(例えばここ)にアクセスすると、自宅のネット接続で使用しているプロバイダのホスト名が表示されました。バッチリです。

さらに、Androidスマホのファイル管理アプリから、R6300に接続されたUSB SSDにアクセスすると、LANと同等な感覚で使用できるのを確認。これで、最初に設定したゴールに到達することができました。めでたしめでたし。

なお、上記スクリーンショットの2つめにあるのは、以前当ブログでも取り上げた筑波大学による公開VPN中継サーバプロジェクト"VPN Gate"に接続するための設定&スイッチ。

自宅ではなく、同プロジェクトにて公開されているVPNサーバを経由することで、接続元(IPアドレスやホスト名)を偽装することができます。特に目的はなかったのですが、OpenVPN用の設定ファイルが公開されていたので、何となく追加してみた次第。

そんな感じで、少々の手間は必要となりますが、アプリ代金だけで自宅VPN環境を構築することができました。ダイナミックDNSとVPNをサポートする無線LANルータは結構あったりしますので、これに該当するなら一度試してみるのもよろしいかもしれません。



…続きを読む»

2018/01/27

改造版micro SIMをnano SIM化してみる

右は参考にした本物のnano SIM
近い将来、スマホを変更する方向で動いているのですが、ちょっと困るのがSIMのサイズ。現在はmicro SIMで運用しているのですが、昨今のスマホはほとんどがnano SIM仕様な雰囲気です。

当然、SIMのサイズ変更は必須となりますが、SIMカッターでmicro SIM化した経緯があり、いまさら「nano SIMに変更して」とは言いにくい立場だったり。

そんな訳で、自力でなんとかしてみることにします。今回の作業ではSIMの端子部分を大きくカットする必要があり、SIMカッターの押し切り方式は不向きな感じ。あくまで個人的な思い込みではありますが、失敗イメージしか想像できません。

そこで、今回はSIMカッターを使用せず、ニッパーとヤスリによるハイブリッド方式を採用。micro SIMからnano SIMへ加工する場合、少々のカットでコトが済むため、基本的にヤスリがけでサイズを整える方向で作業を進めます。

まずは道具に関して。ニッパーは切れ味が鋭いモノを用意します。ヤスリに関しては、長方形の平ヤスリがよろしいかと。まっすぐキレイに削れます。小さすぎると局所的に削ってしまうため、ある程度の大きさがあった方がよろしい感じ。

道具と言い切るのは微妙ですが、本物のnano SIMをテンプレートとして用意しました。加工するmicro SIMに重ねてケガキ線を引き、それを目印に加工する、という方式。ケガキ線を引くためのケガキ針がなければ裁縫用の針でも問題ありません。

また、nano SIMの入手に関しては、ヤフオクで契約期限切れ寸前のデータ通信専用SIMを安く購入しました。手持ちのモノがあるなら、それでOK。

なお、以下の解説において、SIMの右辺や左辺、上辺、底辺といった場所の指定方法が登場しますが、それらはすべて上記写真のように置いた場合の表現となっております。

具体的な作業ですが、まずは本物のnano SIMを乗せる際の基準となる左辺の加工から。標準SIMから切り出したmicro SIMの場合、すでに左辺は1mmも残っていないと思われますので、ヤスリで端子ギリギリのところまで削ります。

次は底辺。こちらも基準となる辺です。この部分では若干樹脂部分が残っておりますが、ニッパーを使うレベルではないので、こちらもヤスリで端子ギリギリまで削ります。

なお、ヤスリがけでささくれが生じた場合、軽く角を落とす感じでヤスリをかければキレイになります。専門的には糸面な感じで。

左辺と底辺が整ったら、本物のmicro SIMをその両辺に合わせて乗せ、ケガキ線を引きます。力を込めて線を引くと重ねたSIMがズレたりしますので、筆圧は軽めにほんの少しだけ表面にキズを付ける雰囲気で。

続いては上辺と右辺、斜め右上部分の加工。これらの場所は、ケガキ線のほんの少し外側を狙ってニッパーでカットします。右辺の断面にはチップを覆う黒いモールドが見えたりしてビビりますが、これはそういうモノらしいので、気にせず作業を続行。

ニッパーによるカットの後は、ケガキ線を目印にヤスリをかけます。ケガキでミスをしている可能性もあるので、作業中は随時micro SIMと重ねて進捗をチェック。削り過ぎはSIM破損の原因にもなりますので。

micro SIMアダプタを装着してみる
そんなこんなで、nano SIM化が完了。なのですが、現在はまだmicro SIMでの運用中なので、アダプタを装着してサイズを元に戻しました。

今回は必要に迫られてアダプタを使用した訳ですが、必要がない場合でも最終的な形状チェック用のツールとして役立つかもしれません。

モノはAmazon.co.jpで販売されているこちらをチョイス。3種のアダプタに加え、SIMトレイの押しピンやヤスリ(荒目/細目)も付属しており、アダプタ自体の加工精度も高めな感じでありました。

で、肝心の動作チェックですが、スマホにSIMを挿入して立ち上げてみると、問題なくSIMが認識されました。現時点では大成功。

ただ、懸念材料がひとつあり、nano SIMは他のSIMに比べ厚みが0.09mmほど薄くなっているのだとか。導入予定のスマホがその辺を考慮した作りになっているとありがたいのですが、問題が生じた場合には改めて報告します。

Webで調べてみると、SIMの加工に失敗した事例も数多く見られ、決して万人にお勧めできる内容ではありません。が、それでも実行しようという誰かのために本エントリが役立ったりするとうれしく思います。



…続きを読む»

2018/01/13

楽天モバイルのベーシックプランで高速データ通信を使ってみる

ベーシックプランでもOK?
普段使いのスマホでは、MVNOである楽天モバイルのSIMを使用しております。それも、同社のプランでは最安となるベーシックプランで。

通話機能を付加しても、月額基本料金が税抜き1,250円(2018年1月現在)となかなかにお手頃なプランではありますが、それには理由があって、データ通信における最高速度が200kbps(0.2Mbps)に制限されております。

転送開始時に一瞬だけ制限が解除されるバースト機能はあるものの、基本的には200kbpsの低速通信であり、インターネットの利用には大きな制限があると思った方がよろしい感じ。当方の場合、インターネットは基本的にWi-Fi環境で使用するため、なんとか使えている次第です。

で、ある日のこと、各種設定がWebで行えるメンバーズステーションをつらつら眺めていると、"高速通信容量オプション (リチャージ)購入・残高確認"の項目に目が止まりました。これは、通常プランにて設定されたデータ通信容量を使い切ってしまった場合に、追加で容量を購入できるサービス。

なので、ベーシックプランの当方には無関係と思っていたのですが、申込みページを開いてみてもベーシックプランで使えないとは書いてありません。まぁ使えるとも書いてはいない訳ですが。

そんな感じなので、ダメとなったらその時にどうにかするとして、とりあえず申し込んでみることに。追加容量を選んで申し込みボタンを押すと、特に問題もなく普通に処理が完了してしまいました。

違いは一目瞭然
ということで、実際に速度をチェックしてみたのがこちらのスクリーンショット。どちらも1回ずつ計っただけであり、環境によっても異なるので、速度そのものには注目しないでいただけますれば。あくまで、通常速度(200kbps)と制限解除時の違いを示している図ということで。

上段が制限解除時で、下段が通常時の値。当たり前ではありますが、ハッキリとした違いが現れました。なお、高速データ通信は、メンバーズステーションまたは専用アプリからON/OFFが可能となっており、この機能を使用して速度を切り替えて計測を実施しました。

さらに、テスト後に高速データ通信の残容量をチェックしてみると、きちんと使った分が減っていることを確認。ということで、楽天モバイルのベーシックプランにおいても高速データ通信は使える、という結果となりました。もしかすると、システムの不具合で使えてしまうだけの可能性も否定できませんが。

この仕組みを利用すれば一時的に高速データ通信が使えるため、例えばネット関連のイベントなどで「この時だけは普通のモバイルデータ通信が使いたい」なんて場合には便利かと。購入した分の容量は申込み翌月から3ヶ月が有効期限なので、高速データ通信をこまめにON/OFFすれば、そこそこ長く使えます。

ただ、100MB@300円、500MB@550円、1GB@980円(いずれも税抜)と少々割高なので、日常的に使うならプラン変更を考えた方がよろしい感じ。それでも、こんなワザがあるのだと覚えておくと、いつの日にか役に立つかもしれません。



…続きを読む»

以前の投稿へ ホームへ