さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2019/09/03

オフタイマー付きUSBケーブルを試してみる

こちらはUSB Type-C仕様
バッテリ残量低下に気付いたら充電する、ってな感じで運用しているウチのスマホ。少々気になるのは就寝中に充電する場合の通電時間の長さです。

充電しっぱなしでも、直ちに問題が発生するわけではありませんが、満充電→ちょっと消費→再充電というサイクルを繰り返すことで、バッテリには微々たるダメージが蓄積します。

かと言って、毎回充電が完了するまで待ってケーブルを抜く、というのも現実的ではありません。ということで、見つけてきたのが設定時間で通電をカットする機能を備えたUSBケーブル"STI-C10"です。

見た目は、給電側のUSB Aコネクタが少々大きなUSBケーブルといった感じ。データ通信には非対応ですが、9Vの急速充電はサポートしているのだとか。それがQuick ChargeなのかUSB PDなのか、あるいはその両方なのかは明記されておりません。

製品にはUSB Type-C仕様とUSB micro B仕様の2タイプが用意されております。今回試すのはUSB Type-C仕様の方。給電側は共通で、USB Aコネクタが採用されております。

使い方は非常に簡単。給電側のUSB Aコネクタを電源ポートに接続すると、コネクタに内蔵された7セグLEDが点灯して使用可能な状態で有ることを知らせます。あとは充電したいデバイスを接続するだけ。

通電時間は、デフォルトで3時間となっておりますが、コネクタに装備されたボタン操作により最低1時間から最長9時間まで、1時間単位でタイマー設定を変更できます。

電源とデバイスが接続された状態では、7セグLEDの数字が徐々に点灯→徐々に消灯をくりかえして動作中であることを知らせます。また、表示も1時間ごとにカウントダウンされ、ざっくりとした数字ではありますが、残り時間を知ることができます。

タイマー設定を行うと本体に記憶され、次回の使用時には設定した時間が選択されます。タイマー設定は電源から切り離しても消えることはありません。もちろん、必要があればボタン操作により時間の変更も可能です。

で、実際に使ってみたところ、まったくもって普通に動作しました。タイマー設定に関しては、スマホのバッテリ管理機能を参照するのが良さげ。慣れれば雰囲気で決めることもできるようになります。

電源側は、USB-ACアダプタでもモバイルバッテリでも問題ありません。これで、就寝前でも気兼ねなくスマホを充電することができます。が、ひとつだけ残念な点が。

当方の環境ではUSB-ACアダプタがケーブルボックスに収めされているため、設定時間の変更や残り時間を確認するために、ケーブルボックスの隙間から覗くかフタを開けるかしなければなりません。

ちょっとめずらしい変換コネクタ
その辺の問題を何とかできそうなのがこちらの変換コネクタ。USB micro B(メス)⇔USB A(メス)という、ちょっとレアな仕様となっております。

この変換コネクタを使えば、"STI-C10"をUSB micro Bケーブルに接続することができるようになります。接続時には、"STI-C10"のUSB Aコネクタが中間スイッチになるようなイメージ。

手持ちのガジェットでは、充電ポートにUSB micro Bが採用されているモノも多く、すぐそこまでUSB-ACアダプタにつながったUSB micro Bケーブルが来ております。なので、このケーブルを電源として活用しようという次第。

見た目は少々アレですが、機能的には問題ナシ。USB micro Bケーブルはそれほど使用頻度が高くないので、充電がバッティングする心配もありません。

なお、ウチのスマホはUSB Type-C仕様ですが、Quick ChargeやUSB PDに対応しておらず、確認したのはスタンダードな5V充電のみとなっておりますのでご注意を。

ちなみに価格的なトコロですが、ケーブルに関しては楽天市場ならこんな感じ、Amazon.co.jpならこんな感じ。変換コネクタに関しては、楽天市場ならこんな感じ、Amazon.co.jpならこんな感じとなっております。

USB-ACアダプタにつながったUSB micro Bケーブルが遊んでいるのなら、両方買ってしまうとそこそこ快適かもしれません。

…続きを読む»

2019/07/21

vivofit 4のバッテリを交換してみる

これをバラします
GARMINの比較的安価なアクティビティトラッカー"vivofit 4"。最近どうも調子が悪いような雰囲気なのですが、なんとかしたくてもシロウトにできることはほとんどありません。

電池寿命は1年らしく、まだ余裕はありそう。けれども、ハズレ電池が使用されていた場合には予定よりも早く電池が切れる可能性もあったりします。

ということで、とりあえず電池を交換して様子を見ることに。バラしてみるとそこそこ注意すべき点などあったりしたので、備忘録的に残しておくことにします。まずはバンドの外し方から。

本体はシリコーン製のバンドにハマっているだけなので、本体の裏面に親指を当ててバンドを外側に折り曲げる感じで力を加えると簡単に外れます。この時に驚くのがヨゴレの蓄積。

普段はバンドに隠れて見えない本体の側面が結構ひどい感じになっております。機能的な問題はありませんが、あまり気持ちの良いモノでもないので、爪楊枝やウエットティッシュでクリーニングしておくのがよろしいかと。

続いて本体をバラします。ディスプレイが設置されている面の四隅にネジがあり、この4本を外せば電池交換が可能になります。ネジに適したドライバーは0番な感じ。各ネジには緩み止め剤が使用されており、最初の数回転はちょっと抵抗が大きいかもしれません。

ネジは非常に小さく、くしゃみをするとどこかに飛んでいってしまうレベルなのでご注意を。4本のネジを完全に外すと、本体が上下に分離します。

2つのパーツに分離
こちらの写真が、本体をバラした状態。向かって右側がメインボードを搭載したパーツ、左側がバッテリボックス的なパーツとなっております。

そして、バッテリボックス的パーツの両端にある銀色の塊が電池。型番を見ると"386"と記載されております。

これはENERGIZERやDURACELLなどが使用する型番で、日本では"SR43W"が互換電池となります。

入手困難な電池ではありませんが、100円ショップには無さそうな雰囲気。なので、大きめの家電ショップまたは通販(例えば楽天/Amazon)を利用するのがよろしいかと。

電池は爪などを引っ掛けて持ち上げる感じで力を加えるとパカっと外れるので、新しい電池を(電極の向きに注意して)はめ込みます。電池はカチッと固定され、ひっくり返したぐらいで外れることはありません。

あとは、バラシと逆の手順で組み立てるだけ。が、本体の上下パーツには向きがあるのでご注意を。基板側パーツの青いOリングを見ると、楕円形の各コーナーに突起(2個と1個)があるのがわかります。電池ボックス側パーツには突起と対になる溝が掘ってあり、これを目印として上下パーツを合わせます。

上下パーツを合わせると通電が始まりますので、ディスプレイを見て本体が起動するのを確認しておきましょう。問題なければ4本のネジを止めて本体を完成させます。

なお、本体とバンドにも合致する向きがあります。本体の裏面とバンドの裏面を見ると"--"な感じの目印があるので、これらを合わせる向きで装着すればOK。

文章で書き出すと長くなりますが、作業時間的にはごくわずかです。電池さえ事前に用意しておけば、サクッと完了するハズ。本エントリが、電池交換を予定している"vivofit 4"ユーザに役立てば幸いです。

…続きを読む»

2019/06/15

ジュースジャッキング対策を考えてみる

一般的には「充電のみ」がデフォルト
ジュースジャッキング(Juice Jacking)というのは、ご自由にお使いください的な雰囲気で設置された充電用ポートにスマホを接続すると、マルウェアを流し込まれたり情報を抜き取られたりするセキュリティ上の脅威。

充電とデータ通信を同一のポートで行うスマホの特性を悪用した攻撃です。うっかり使ってしまいそうな罠ですが、最近のAndroid搭載スマホであれば、そう簡単に引っかかることはありません。

それは、デフォルト動作としてUSBポートの利用が「充電のみ」に設定されているため。データ通信が必要な場合、通知から設定を変更することができます(上記スクリーンショット参照)。いつのバージョンからこの仕様だったのか記憶が曖昧なのですが、少なくともAndroid 9(Pie)に関してはそうした動作をします。

けれども、USBポート利用時のデフォルト動作は設定の開発者オプションから変更することができ、データ通信が可能な状態も選択できます。もしもそのような設定をしていた場合、ジュースジャッキングに対する抑止力はゼロとなります。

また、システムでUSBポートの利用が制限されているとはいえ、絶対的な安全ではありません。ジュースジャッキング以外のクラッキングにより、いつの間にかUSBポートが使用可となっていた...なんてことがあったりするかもしれないためです。

ということで、もっとも安全なのは「素性の知れない充電ポートは使わない」こと。スマホを充電する場合、自前のモバイルバッテリやUSB-ACアダプタを使用することでジュースジャッキングは100%防げます。

と、これで話は終わってしまう訳ですが、それだけではつまらないので、別の方法も少し。世の中には充電専用のUSBケーブルが売られており、これを使用することでジュースジャッキングによる被害を防げます。

この手のケーブルでは、ホスト機器との間でデータをやり取りするための端子(D+およびD-)が接続されておらず、どう頑張ってもデータ通信はできません。なので、ジュースジャッキングに対しては絶大なる効果を発揮する、という次第。

充電専用ケーブルの一例
モノの購入に関しては、例えばAmazon辺りで充電専用USBケーブルを検索してみるのもひとつの方法ですが、個人的なオススメは100円ショップの利用です。

その理由は、言うまでもなく価格。1本あたり税込108円(2019/06現在)で買えます。無くしたとしても、精神的にも経済的にもほとんどダメージがなく、気兼ねなく使えるのがポイント。

もうひとつの理由は、意外と種類が多いこと(※1)。究極的なコストダウンを要求される100円ショップの商品においては、工程がわずかに少なく、部材でのコストカットもしやすい充電専用ケーブルが必然的に多くなる...のではないかと思われます。

当たり前ではありますが、データ通信対応のUSBケーブルもありますのでご注意を。購入時には、パッケージに"充電専用"の文字がプリントされているのを確認しましょう。写真ではパッケージの左上に明記されております。

さらに、可能であれば購入した充電専用ケーブルを使って手持ちのPCとスマホを接続し、本当に充電専用か確認しておくと安心できます。品質(きちんと充電できるか)を確認する意味でも、やっておいて損はありません。

データ通信が可能なケーブルであれば、スマホの接続時にPCのリアクション(ウィンドウが開く/ドライバが読み込まれるなど)を確認できますが、充電専用ケーブルにおいてはまったく反応しません。

なお、見た目で充電専用か否かは判断できないので、データ通信用ケーブルと一緒に持ち歩く場合には注意が必要です。あえて充電専用ケーブルを用意したのに、使い所を間違えてしまっては意味がありません。

そんな感じのジュースジャッキング対策でありました。ふいに得体の知れない充電ポートを使わざるを得ないような状況になることがあるかもしれません。そんな時のために、充電専用ケーブルを持っておくのもよろしいのではないかと思われます。

【※1】ショップにより品ぞろえには差があります。個人的なオススメは"セリア"。割とデジタル系アクセサリが豊富だったりします。

…続きを読む»

2019/05/25

小型LEDランタン"Aukey LT-SCL01"を試してみる

スリムかつコンパクトなサイズ感
トラディショナルな燃焼式ランタンを模したデザインのLEDランタンは持っていたのですが、少々かさばるサイズ感が気になっておりました。

で、良さげなモノはないかと探してきたのがこちら。モバイルバッテリなどで有名なAukeyの"LT-SCL01"です。どこの馬の骨ともわからないモノよりは品質に期待できそうなので選んでみた次第。

そんな訳で、簡単にレビューなど。最も重視したサイズ感ですが、直径67mm×高さ45mmと非常にコンパクトで、重量も107gほどしかありません。いわゆる手のひらサイズといったところ。ボディに突起物がなく、携帯性も良好な感じです。ただ、全体的に安っぽい感じが。

電源には内臓のリチウムイオン充電池(1800mAh)を使用。充電用ポートとしてUSB micro Bポートが用意されております。USB Aな出力用ポートも装備されており、最大1Aの供給が可能。緊急時にはスマホを充電できたりします。

点灯モードは、スイッチを押すごとにハイ/ロー/高速点滅/消灯の順次切り替え。また、スイッチを長押しすると、モールス信号のSOS(・・・ --- ・・・)で点滅します。点灯時間はハイモードで約8時間。ローモードなら約27時間点灯するので一晩中でもOKな感じ。

底面には折りたたみフックとマグネットが装備されており、引っ掛けたり鉄部に貼り付けたりすることができます。また、点灯状態および充電状態を示す2つのLEDインジケータも底面に装備されております。

入出力用の各USBポートには樹脂製のフタが用意されており、ホコリなどの侵入を防ぎます。フタは本体とつながっており、外れて行方不明になることはありません。

シェードを外すと、中にはLEDが鎮座しております。外側からも見える本体中程の金属部分がヒートシンクになっており、LEDからの熱を逃します。なかなかに合理的な設計。

フックを起こした状態
で、使わているLEDはCREEのXP-E2である様子。本製品では電球色タイプが採用されており、いわゆる白色LEDのような寒々とした光ではありません。

XP-E2のカタログスペックでは全光束283lmとなっており、全力発光したら20Wの白熱電球ぐらいの明るさはありそう。発光効率も137lm/Wと非常によろしい感じです。

ただ、当方ではハズレLEDを引いてしまったらしく、発光に残念なムラがあります。シェードの側面部分で、青色が目立つ部分と黄色が目立つ部分があり、LEDの蛍光体がズレて塗布されているような雰囲気。これは個体差なので、そんなモノもあったりする、ということで。

LEDの光をシェードで拡散させるだけの単純な構造のため、逆さにして吊るした場合、中央直下が一番明るくなります。が、LED自体が拡散系でデザインされており、側面にもそれなりに光が回ります。

シェードを上にして置いて使うのには不向きですが、吊るしたり貼り付けたりと本体の向きをアレンジしやすく、配光を理解していれば適材適所で使えるかと。

また、コンパクトかつ背も低いので、狭いところでの取り回しは非常に良好。車のボンネットを開けて整備する場合など、適当な場所に貼り付ければハンズフリーで作業できます。超ニッチなネタではありますが、こたつの中に吐かれたネコのゲロを始末するのにも役立ちました。

全体的にチープな雰囲気は漂っておりますが、機能的には合格点。そんな感じの"LT-SCL01"でありました。モノはAmazon.co.jpで販売されており、入手性に関しては問題ナシ。

メーカー直売で2年保証も付いており、何かあった場合でも安心です。コンパクトなLEDランタンに興味があるなら、本製品をチェックしてみるのもよろしいかと思われます。

…続きを読む»

2019/05/03

[Android 9/Magisk] 非対応端末でARCoreを動かしてみる

非対応機種でも動いた!
AndroidデバイスでAR(Augmented Reality/拡張現実)が楽しめる"ARCore"。最初のバージョンが公開されたのは結構前のことですが、対応端末が爆発的に増える気配はありません。

それなりの興味はあるものの、端末を買い換えるほどの動機にはならず、とりあえずスルーしておりました。時は流れて先日のこと、"ARCore enabler"なる"Magisk"用の拡張モジュールを発見したので、これを試してみることに。

この"ARCore enabler"、Androidの端末識別コードであるfingerprintをGoogle Pixel2のそれに書き換えることで対応機種を偽装するモノです。なので、それなりのリスクがあることに気をつけなければなりません。

例えばシステムのOTAアップデートなど、fingerprintを見て端末を識別するタイプのプログラムにおいては誤作動する可能性があります。とは言え、モノは"Magisk"の拡張モジュールとして提供されており、簡単に無効化が可能。なので、必要な時だけ有効化するという方法もあります。

システム的な要件としては、Android 8以降を搭載した64ビット機であること。もちろん、"Magisk"が必須なので、rootedな環境であることも求められます。当方では要件をクリアしているXiaomi Mi A1を使ってみました。

インストール自体は非常に簡単。"Magisk"のメニューの"ダウンロード"から"ARCore enabler"を探し出してタップすればOK。あとは流れに沿って再起動すれば"ARCore enabler"の導入は完了です。

が、この拡張モジュールは単に機種を偽装するだけなので、別途Google Playから"ARCore by Google"をインストールする必要があります。ここまでが基本編。

実際の効果を試すためにはAR対応アプリも必要となります。Google純正の"AR Stickers"や"Playground"がお好みであればこちらのページを参照してインストールしましょう。

参考までに、"ARCore enabler"を有効化した場合、端末のfingerprintは以下の画像のように変化しました。

figgerprintがまるっと変わります
上段がオリジナルの、下段が改変されたfingerprintとなっております。

Xiaomi Mi A1のコードネーム"tissot"とGoogle Pixel2のコードネームである"walleye"が見て取れるかと。

で、当方は"ARCore"対応アプリとして"ポケモンGO"を使ってみました。アプリ側で特殊な操作は不要です。"ARCore"が利用可能であれば、設定メニューに"AR+"の項目が登場するので、これにチェックを入れて有効化するだけ。

冒頭のスクリーンショットにあるように結果は上々。ポケモンの捕獲時はもちろん、手持ちのポケモンから自由に選んで写真撮影が行えるGOスナップショットでも"AR+"が機能しました。

動きがカクつくようなこともなく、いたってスムーズ。本気の捕獲には向きませんが、楽しさとしてはなかなかのモノで、しばらく近所の公園で遊んでおりました。

他の"ARCore"対応アプリは試しておりませんが、個人的には満足してしまったので検証はここまで。"ARCore enabler"では、機種を偽装することで無理やり"ARCore"のインストールを実現しているので、うまく動作しない機種もあるかもしれません。

それでも、Google Playで"ARCore by Google"を見ることすらできなかった機種で、それをインストールできるようになるのだからちょっとした感動モノです。

"Magisk"モジュールであるため有効化/無効化も簡単。要件を満たしている端末を持っており、"ARCore"に興味があるなら一度試してみる価値はあるかと思われます。


…続きを読む»

2019/04/24

[Android 9/Magisk] Dolby Digital Plusを試してみる

インターフェースはシンプルです
このところ、スマホの(システムの)カスタマイズはお休み気味だったのですが、LineageOS 16.0(Android 9)に乗り換えたのを機に、再びカスタマイズのプチブームが訪れました。

そんな訳で「なくても別に困らないけど、あると少しうれしい」的なサウンドエフェクトをどうにかしてみる気になったりしました。そうなると、やっぱり入れてみたいのは、Dolbyブランドです。

探してみると、xdaのスレッドにてAndroid 9向けで汎用的に使えそうなヤツを見つけたので、これを試してみることに。ちなみに、オリジナルはDolbyの公開したこれをベースとして開発されたこちら。それをMagisk用に移植したのが、今回紹介するアプリとなっております。

で、このアプリ、上の行でサラリと書いておりますが、Magiskの拡張モジュールとして提供されております。TWRPで直接システムにインストールすることもできますが、ここでは強くMagiskモジュールとしての利用を推奨します。

インストール自体は簡単で、上記xdaスレッドの最初の投稿に付属するファイルからお好きなモノをダウンロードして、インストールしたいデバイスの適当な場所に保存。

あとは、Magiskのメニューから"モジュール"を選び、画面下部にある"+(プラス)"ボタンからダウンロードしたファイルを指定すればOK。端末を再起動すればDolby Digital Plusが有効となります。

なのですが、ウチの環境ではv6.3が今ひとつうまく動かず、操作ごとにアプリが落ちます。どうやらSELinuxがEnforcingだとこの症状が発生する端末/OSがあるらしく、当方がこれに該当した模様。

SELinuxをPermissiveにすれば解決するらしいのですが、それだけのためにやる作業ではない感じがするので、症状が発生しない旧バージョン(v6.1)でお茶を濁しております。

Magiskのモジュール一覧
インストール後にMagiskの"モジュール"を開くと、こんな感じで組み込まれたモジュールが一覧表示されます。もし、なにか不都合が発生したら、項目の右横にあるチェックマークを外せば一時停止が可能。

また、その横のゴミ箱アイコンをタップすれば削除できます。こんな感じで一時停止やアンインストールがお手軽なのもMagiskモジュール版ならでは。しかも、システムを汚さないため、安心して試せます。

この辺の特徴がMagiskモジュール版を強く推奨した理由だったりします。

で、Dolby Digital Plusのアプリですが、起動すると上半分にはスペクトラムアナライザが、下半分にはサウンドエフェクトのメニューが表示されます。

サウンドエフェクトは用意された4種のプリセット(映画/音楽/ゲーム/ボイス)から選ぶか、好みの設定を保存できるカスタムを使用します。

カスタムでは、2種のイコライザー(手動設定/インテリジェントイコライザー)による音質調整に加え、3種のサウンドエフェクト(ボリュームレベラー/ダイアログエンハンサー/サラウンドバーチャライザー)が利用可能。

設定可能な項目は少なめですが、その分サクッと好みの設定が見つかります。当方の場合、カスタムにてインテリジェントイコライザーをドンシャリ系の"オープン"にして、音場を少し広げる"サラウンドバーチャライザー"のみONな設定で使用中。これだけの変更でも、それなりにメリハリのあるサウンドが楽しめます。

が、ウチの環境では少々問題もあって、メディア以外のサウンドにもエフェクトが掛かってしまいます。バグか仕様か微妙な線なのですが、例えば通知音までも元気になってしまい、最小音量にしてもちょっとうるさい感じとなります。

通知音とリングトーンはずっと同じモノを使っているので、変更は容認できません。なので、アプリ側で対処することに。方法はシンプルで、音楽を聞く時だけアプリを開いて機能をONにする。というモノ。

少々面倒ではありますが、音楽を聴く機会がそんなに多いわけではないので、今はこれで良しとします。もし、頻繁に操作が必要になるのであれば、ウィジェットを置くという方法もあります。

そんな感じのDolby Digital Plusでありました。「今どきDolby Atmosじゃないのはちょっと」という意見もありそうですが、機能的にも、実際に聴いた感じもスマホ向けのDolby Atmosとほとんど一緒です。アプリ名はもちろん、インターフェースにもDolby Digital Plusの表記は登場しないので、見た目的にも問題ナシ。

お手軽にいい感じのサウンドが聴けますので、Android 9な端末でMagiskを導入しているなら、一度試してみるのもよろしいかと思われます。

…続きを読む»

以前の投稿へ ホームへ