さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2018/09/16

eRemote miniを試してみる

電池はサイズ感の確認用
既存の家電製品をIoT化する"eRemote mini"。興味はありつつも、これと言ったニーズもなく、とりあえず手は出さずにおりました。

が、最近になって興味が増大し、どう使うかはあとで考えるとして、とりあえず購入してみました。IoTなどと言うと小難しく感じますが、要するに"ネット経由で家電を操作できる学習リモコン"。

上記写真を見てのとおり、サイズ的にはとってもコンパクトになっております。電源入力端子としてUSB microBポートが用意されておりますが、これは純粋に給電用。使用時には常にUSBケーブルを接続するカタチとなります。

"eRemote mini"自体は無線LANのクライアントとして動作するため、実際の利用にあたっては無線LAN環境が必須。なお、無線LANはIEEE802.11b/g/nのみの対応となっておりますのでご注意くだされ。

初期設定や各種家電製品の操作にはスマートフォンの専用アプリ(iOS/Android)を使用。初期設定に関してはアクセスポイントを選ぶだけなので非常に簡単...なのですが、ウチの環境ではどうしてもエラーが出てしまうため、マニュアルにしたがって手動操作をすることで事なきを得ました。

手動といっても明示的にアクセスポイントを指定する程度の違いで、ほとんど自動とかわらないレベル。細かい設定をいじれる訳ではなく、"eRemote mini"はブラックボックスな状態であることにかわりありません。

初期設定を終えたら、あとは操作したい家電製品を登録するだけ。テレビとエアコンに関してはプリセットが用意されており、メーカー名を選ぶだけで完了します。登録の前に各コマンドごとのベリファイ(確認)作業があり、実際の動作をチェックすることができます。

また、プリセットが用意されていない家電製品に関しては、学習機能を使った登録が必須に。とは言え、さほど難しい作業ではなく、その機器用のリモコンを"eRemote mini"に向け、登録したい機能のボタンを押すだけです。こちらでもベリファイ作業があり、実際の動作を確認できます。

ということで、お試し的にテレビと天井照明(LEDシーリングライト)を登録してみました。おおむね良好な感じではあるのですが、少々不具合がありました。まずは、テレビから。

アプリのホーム画面
ウチのテレビではリモコンの入力切替を押すと画面にメニューが表示され、リモコンのカーソルキー(の上下)またはチャンネル番号ボタンで入力を変更することができます。アプリではプリセットとして入力切替が用意されており、画面上のボタンを押すとテレビの画面にはメニューが表示されます。

ここまではOK。が、アプリ画面のカーソルキーを押すとチャンネルが切り替わってしまい、入力切替がキャンセルされてしまいます。番号ボタンを押した場合も同様。念のためカーソルキーのコードだけ学習させてみましたが、改善は見られません。

もちろん、アプリの入力切替ボタンを必要な回数だけ押すことで目的の入力までたどり着くことはできますが、メニューの下の方にある入力を選択したい場合にちと面倒ではあります。

続いてシーリングライト。専用リモコンにはカーソルキー的なスイッチが用意されており、明るさを10段階で変更できます。が、単純に2つのコード(明るくする/暗くする)で制御している訳ではなく、明るさレベル1~10まで10個のコードが使用されております。

一方、アプリの明るさ変更ボタンでは2コード方式を想定しているため、ウチのシーリングライトでは現在の明るさ±1しか登録できません。ボタンを追加することもできるので、1から10までボタンを用意して各コードを登録すれば良いのですが、スマートさに欠けます。

けれども、実際には通常時のレベル7と、細かい作業時に使用するレベル10しか使っていないので、暗くするボタンにレベル7を、明るくするボタンにレベル10を登録することで満足していたりします。

いずれも、"eRemote mini"の製品説明にある「一部特殊な赤外線を学習できない場合があります。」に該当するのかもしれません。純正リモコンの代替という意味で完璧とは言えないものの、無線LAN環境下はもちろん、モバイル環境からでも家電をコントロールできるのはなかなかに愉快。

複数機器(機能)の操作をバッチ処理的に行えるシーン機能や、スマートスピーカーとの連携など、創意工夫次第でいろいろと活用できそうなのもポイントです。ただ、モバイル環境からの利用時には、現場の状況を知ることができるフィードバックがまったくないため、運用には注意が必要かも。

そんな感じのデバイスでありました。リモコンの統合やホームオートメーション、IoT辺りに興味のある方ならけっこう遊べるのではないかと思われます。ちなみに価格的な話ですが、Amazon.co.jpならこんな感じ、楽天市場ならこんな感じとなっております。


…続きを読む»

2018/09/02

[Mi A1] LineageOS 15.1のOTAアップデートを適用してみる

OTAアップデート画面
普段使いのMi A1に、とりあえずのお試しとして入れてみたLineageOS 15.1(Android 8.1)。特に不具合も見当たらず、なかなかに良い感じなのでそのまま使用しております。

LineageOSの良い点は、毎週のようにアップデートがあるところ。逆に週一で面倒な作業が必要になる訳でもあります。その手間を少しでも軽減できるかもしれない機能がOTAアップデート。

システムの更新準備ができた場合には通知が来て、数回タップするだけでインストールが完了します。非常にお手軽かつ便利ではあるのですが、ちょっと注意が必要だったりするので、その辺を軽くご紹介。

正確にカウントした訳ではないのですが、上記のアップデート画面を開いたあとは、4回(ダウンロード→インストール/確認→再起動)ボタンをタップするだけで最新のシステムに更新されます。

手数的にはこれだけなのですが、注意したいのが作業に要する時間。Mi A1の問題なのか、アップデートのバグ/仕様なのか不明ですが、やたらと時間がかかります。今回のアップデートでは、トータルで2時間ほどかかりました。

そのほとんどが上記画面にある"パッケージのインストールを完了中"なる作業。この状態でも、通話やアプリの利用は普通に行えますが、いろいろと不便なのも事実なので、OTAアップデートは時間に余裕のあるタイミングでするのがオススメです。

また、カスタムリカバリやカスタムカーネル、Magiskを使用している場合には注意が必要です。まず、カスタムリカバリですが、OTAアップデートの適用によりLineageOS版のリカバリがインストールされ、それまで使用していたカスタムリカバリは消え去ります。

もちろん、カスタムリカバリの再インストールは可能なのでご安心を。ただ、毎週発生する事案なので、カスタムリカバリにそれほどの重要性がないのであれば、そのまま放置するのもよろしいかと思われます。必要が生じたらfastbootコマンドでテンポラリなカスタムリカバリも使える訳ですし。

OTA用のインストールを実行
で、お次はMagisk。こちらもOTAアップデートの適用により消え去ります。データは残るので、再インストールすれば元の環境は復活しますが、ちょっとした作業でインストールの手間を省けます。

OTAアップデータの画面(冒頭のスクリーンショット)にて、最後に"再起動"ボタンが表示されるのですが、これを押さずにMagisk Managerを起動します。

で、"Install to Inactive Slot (After OTA)"にてMagiskをインストール。完了後にシステムを再起動すればアップデートは完了です。

システムが起動すると、すでにMagiskが機能するようになっており、モジュールもインストールしたままの状態が保たれます。

最後はカスタムカーネルですが、言うまでもなくこちらも消え去ります。が、事前にどうこうできるハズもなく、こちらは手動でインストールすることとなります。

Franco kernelを使っているのなら、専用アプリ内のAuto-flash機能を使用することで、少しは手間が省けるかも。

そんな感じのOTAアップデートでありました。フルに手動でやるのもカスタムROMの醍醐味ではありますが、それが手間に思えるならOTAアップデート機能を使うのもひとつの方法です。

ここで取り上げた注意事項を気にかけておけば、ヘビーにシステムをいじっている場合でも最小限の手間で環境を回復できる...かもしれません。


…続きを読む»

2018/08/19

[Magisk] ポケモンGoが起動できない件に対処してみる

こうなると何もできません
Magiskを導入したAndroid環境において、バージョン0.115.2以降のポケモンGoが起動できないという事案が発生中。

ポケモンGoのアプリを起動すると、こちらのスクリーンショットのような画面が表示され、ゲームを進めることができません。

どうやら、位置偽装などのチート行為を防止する仕組みが新たに導入されたらしく、それが正しく機能している様子。

が、チート行為を目的としない健全な(?)Magiskユーザには、ちょっと迷惑な話だったりします。ということで、その事案に対する(とりあえずの)回避策などを簡単にご紹介しようかと。

作業自体は極めて簡単です。ドロワーの中にある"Magisk Manager"を開き、左上の3本線のメニューボタンから設定をオープン。項目の中ほどにある"Magisk Managerを隠す"をタップしてパッケージ名を変更します。

続いて、適当なファイル管理アプリを使って内蔵ストレージにアクセスし、"MagiskManager"フォルダを削除すればOK。このフォルダは基本的にMagiskがダウンロードしたファイルを保管する場所なので、削除しても特に問題はありません。

当方の環境ではフォルダの中にパッチ済みboot.imgがあったので削除は避け、フォルダ名の変更により対処しました。こちらの方法でも問題なくポケモンGoを起動することができます。

なお、パッケージ名変更により、Magiskに内蔵されたSafetyNetのチェック機能が使えなくなります。この機能が必須な方にはご注意を。他のSafetyNetチェック系アプリは動作しますので、必要な方はそれらを使用しましょう。

ここで取り上げた回避策は場当たり的なモノであり、将来的にはポケモンGo側で対策される可能性はあります。

が、うっかりアップデートしてしまい、現在進行系で困っている方には有用なソリューションとなるハズ。似たような境遇の方には一度お試しいただきたく。


…続きを読む»

2018/08/15

[Mi A1] Button Mapperを試してみる

物理ボタンの機能を変更
後継機種が発売となり、ついに旧機種となってしまったMi A1。Android OneとしてのOSアップデート保証期間はまだ1年ほどありますが、そろそろ身の振り方を考えた方がよろしいのかもしれません。

ということで、Lineage OSを導入してみることに。まだ初期の段階のモノは以前にチェックしましたが、その時点では使い物にならない雰囲気でした。時は流れていつの間にやらOfficialリリースになっており、実用性も向上しているハズ。

OSがすっかり変わるということで、Titanium Backupによるアプリとデータのバックアップはもちろん、全パーティションのバックアップも保存するという万全の体制を整えてコトに挑みました。が、その準備は無駄となり、なんの問題もなくインストールは完了。

システムの書き換え時にはフルワイプ(ファクトリーリセット)を実施しており、変更前の環境と同等にするまでには少々の手間を要しました。その過程で発覚したのが、個人的に重要なmagiskモジュールである"Invert Xiaomi A1 Nav buttons layout"が動かなくなったこと。

Mi A1では、ナビゲーション機能が静電容量方式の物理ボタンに割り当てられているのですが、その並びは一般的なAndroidデバイスと異なり、アプリ履歴-ホーム-戻るとなっております。これを、Android標準の並びに変更するのが上記のmagiskモジュール。

ナビボタンの並びが違うだけの話ではありますが、どうにも使いづらい感じが。そんな訳で代替手段として候補に上がったのが"Button Mapper"。端末に装備された物理ボタンの機能の、入れ替え/変更/拡張を実現するアプリです。

root権限は必須ではありませんが、rootedな環境だとほんの少しだけ便利になる感じ。また、一部機能はロックされており、アプリ内購入によりそれらが開放されます。

今回はアプリ履歴ボタンと戻るボタンを入れ替えたい訳ですが、どちらもロックされており購入しないことには使えません。ちなみに金額は3種類用意されており、どれを選んでもアンロックは可能。一番安価なパターンで320円ほどでした(2018/08現在)。

割り当てられる機能は豊富
基本的な使い方としては、設定したいボタンを選び、機能を指定するというシンプルなモノ。冒頭のスクリーンショットが初期画面で、ここに表示された物理ボタンのリストから目的のボタンを選びます。

設定できる機能としては、ナビボタンの各機能に加え、電源メニューの表示、スクリーンショットの撮影、音量や画面の明るさのアップダウン、アシスタントの起動など多岐にわたります。

さらに、ワンタップ(1回タップ)、ダブルタップ(2連続タップ)、長押しにそれぞれ別の機能を指定できたり。

で、今回の目的は戻るボタンとアプリ履歴ボタンの入れ替えなので、それぞれのボタンを選択して逆の機能を指定すればOK...なのですが、この2つを入れ替えるだけなら、オプションで簡単に行えます。

冒頭のスクリーンショットの一番下に見えているオプションの"戻るボタンとアプリの履歴ボタンを入れ替え..."のトグルスイッチをONにするだけ。しかも、その変更は再帰的に適用されます。

例えばMi A1の場合、アプリ履歴ボタンをダブルタップすると直前のアプリへと切り替わりますが、オプションでボタンの入れ替えを選んでいれば、特に設定してなくても同じ動作をします。

そんな感じで、やりたかったことはサクッと実現しました。動作も安定しており、個人的には大満足。Mi A1に限らず、似たような境遇の方には一度お試しいただきたいアプリでありました。


…続きを読む»

2018/08/04

アクティブタイプのタッチペンを試してみる2

交換用チップも付いてきました
AliExpressなどつらつらと眺めていると、妙に安いアクティブタイプのタッチペンを発見しました。その価格1,242円。おもしろそうなので詳細の確認もせずに即断即決で購入してみました。

で、モノが届きましたので簡単にご紹介など。写真を見てのとおり、導電性ゴムと思われる素材のチップがペン先に使用されております。

以前、金属製のペン先を持つ製品を紹介しましたが、それと比較しながら、ゴム製ペン先にフォーカスするような雰囲気でお送りしようかと。製品自体の話をしても同じモノを入手できるとは限らず、情報として役に立つことがなさそうなので。

ちなみに、モノとしては最低の出来で、質感もチープそのもの。スイッチを押すための樹脂パーツがテキトーな組み付けになっており、ヘタに押し込むと本体にめり込んで戻ってこなくなったりします。そもそも、販売ページの掲載写真とはスイッチやクリップが異なり、ほぼ別の製品が届いた感じ。

さて、肝心のペン先ですが、ゴム製ということで、タッチパネルへの当たりが非常に柔らかくなっております。金属製のペン先では操作のたびにカツカツと不快な音を出しますが、こちらはゴムなのでほとんど無音。耳を近づけるとごくわずかにポクポクと聞こえるレベルです。

ただ、ペン先が柔らかすぎて、文字や図形などの描画には向きません。例えば、線を引こうとタッチパネルに接触させたまま本体を動かすと、ゴム製のペン先がわずかに変形し、ワンテンポ遅れて付いてくる感じ。

特に文字のような複雑な線を引く必要がある場合、さまざまな方向に力が加わり、ペン先がグニグニと変形するのがわかります。そんな感じなので、厳密なタッチ操作が要求されるゲームも厳しい雰囲気となっております。

ゴム製チップを外した状態
ペン先のゴムを外してみたのがこちらの写真。中には金属ピンが設置されており、ここにゴム製チップを挿します。チップを固定するような仕組みはなく、引っ張るだけで簡単に取れちゃいます。

モノは試しとこの状態でタッチパネルに当ててみましたが、操作は不可。ゴム製チップを装着した状態でないと機能しないようです。

タッチパネルに上にゴム製チップを転がして金属ピンで突っついてみると、タッチ反応が見られたので、単純な着脱用ガイドピンではない様子。それがわかったところで、どうなる訳でもありませんが。

ということで、まとめなど。ゴム製ペン先の静寂性はパッシブタイプのタッチペン並に高く、タップ操作が主体なら割と便利かもしれません。が、複雑な描画や厳密な操作が必要であるなら、硬質なペン先を選ぶのが正解です。

また、ゴム製のチップは非常に柔らかく、耐久性も低そうな雰囲気。そのために交換用チップが付属するのだと思われますが、ハードに使うのであれば、やはり硬質なペン先のモノを選ぶのがよろしいかと。

アクティブタイプのタッチペンを選ぶ際の参考になりますれば幸いです。


…続きを読む»

2018/07/17

[Android] 認証アプリを変更してみる

二段階認証に必須のアプリ
例えばGoogleなどへのログイン時に高いセキュリティを実現する二段階認証。これを実現する手法のひとつが認証アプリです。

二段階認証においては、ユーザ名・パスワードとは別にアプリが生成するコードの入力が求められ、正しいコードを生成できるのは二段階認証を有効化する際に使用した認証アプリのみ。その端末が手元にない限りログインすることはできません。

そんな認証アプリとして、今までは"Google Authenticator"を使用していたのですが、何となく別のモノを試したくなり、"IIJ SmartKey"をダウンロードしてみました。これがなかなかにイイ感じだったので簡単にご紹介など。

乗り換えの大前提として、二段階認証を利用することが多いGoogleで使えないとシャレになりません。"IIJ SmartKey"ではTOTP(Time-based One-time Password)という規格に対応しており、"Google Authenticator"との互換性もバッチリ。各種サービスで二段階認証のやり直しや設定変更を必要としますが、移行作業自体は比較的スムーズに行なえます。

特徴的な機能としては、アプリ起動時のパスワードロックや設定のバックアップがあります。また、コードを入力せずにタッチパネルをスライドするだけでログインが完了する"スライド認証"なる機能もありますが、こちらは各種サービス側での対応が必要となるため、今回は触れません。

アプリ起動時のパスワードロックですが、インストール時は無効となっており、設定から有効化します。パスワードとして使用できるのは4ケタの数字のみ。この機能を使用すると、アプリの起動時はもちろん、スリープおよびバックグラウンド動作からの復帰時にもロック状態となります。

また、本機能はTouch IDに対応しており、iPhoneなどでは指紋によるロックの解除が可能。が、Androidの指紋認証は非サポートのようです。セキュリティと利便性の妥協点として指紋認証は秀逸なので、ぜひAndroidでも対応して欲しいところ。

エクスポート画面のサンプル(QRコードは別物です)
そして、なかなかにスグレモノなのがバックアップ機能。各サービス用の設定をQRコードとして画面に表示し、他のデバイスにインストールした"IIJ SmartKey"でスキャンすることで設定をインポートできます。

機種変更時に便利な設定のコピー機能だったりする訳ですが、やりようによっては設定のバックアップとしても利用可能。その方法は、画面にQRコードが表示された状態でスクリーンショットを撮影して保存するだけです。必要が生じた際には、スクリーンショットのQRコードを読み込むことで設定を復元できるという次第。

QRコードのスクリーンショットを端末内に保存するのはセキュリティ的にアレなので、スマホ対応のmicroSDカードリーダー(例えばこんなの)やUSBメモリを使うか、あるいはPCなど他のデバイスに転送しておくのがお勧め。ちなみに、スクリーンショットをPCの画面に表示させた場合でもきちんとインポートできました。

"Google Authenticator"には設定をコピーしたりバックアップしたりする機能がないため、何かのトラブルで設定が失われてしまった場合、ヘタをすると二段階認証をパスできず、その復旧にとても苦労するかもしれません。Titanium Backupによるバックアップは可能ですが、root権限が必須なので一般ユーザにはハードルが高めです。

その点"IIJ SmartKey"なら、(必要があればアプリをインストールしてから)保存しておいたQRコードをスキャンするだけ。簡単かつスムーズに、各種サービスの二段階認証設定を復旧させることができます。トラブルを見越して、古い端末を認証アプリ専用マシンに仕立てたい場合にも便利かと。

IIJは老舗のインターネット屋さんなので企業としての信頼感もあり、認証アプリを利用する機会の多いユーザには一度お試しいただきたいアプリでありました。


…続きを読む»

以前の投稿へ ホームへ