さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2018/08/15

[Mi A1] Button Mapperを試してみる

物理ボタンの機能を変更
後継機種が発売となり、ついに旧機種となってしまったMi A1。Android OneとしてのOSアップデート保証期間はまだ1年ほどありますが、そろそろ身の振り方を考えた方がよろしいのかもしれません。

ということで、Lineage OSを導入してみることに。まだ初期の段階のモノは以前にチェックしましたが、その時点では使い物にならない雰囲気でした。時は流れていつの間にやらOfficialリリースになっており、実用性も向上しているハズ。

OSがすっかり変わるということで、Titanium Backupによるアプリとデータのバックアップはもちろん、全パーティションのバックアップも保存するという万全の体制を整えてコトに挑みました。が、その準備は無駄となり、なんの問題もなくインストールは完了。

システムの書き換え時にはフルワイプ(ファクトリーリセット)を実施しており、変更前の環境と同等にするまでには少々の手間を要しました。その過程で発覚したのが、個人的に重要なmagiskモジュールである"Invert Xiaomi A1 Nav buttons layout"が動かなくなったこと。

Mi A1では、ナビゲーション機能が静電容量方式の物理ボタンに割り当てられているのですが、その並びは一般的なAndroidデバイスと異なり、アプリ履歴-ホーム-戻るとなっております。これを、Android標準の並びに変更するのが上記のmagiskモジュール。

ナビボタンの並びが違うだけの話ではありますが、どうにも使いづらい感じが。そんな訳で代替手段として候補に上がったのが"Button Mapper"。端末に装備された物理ボタンの機能の、入れ替え/変更/拡張を実現するアプリです。

root権限は必須ではありませんが、rootedな環境だとほんの少しだけ便利になる感じ。また、一部機能はロックされており、アプリ内購入によりそれらが開放されます。

今回はアプリ履歴ボタンと戻るボタンを入れ替えたい訳ですが、どちらもロックされており購入しないことには使えません。ちなみに金額は3種類用意されており、どれを選んでもアンロックは可能。一番安価なパターンで320円ほどでした(2018/08現在)。

割り当てられる機能は豊富
基本的な使い方としては、設定したいボタンを選び、機能を指定するというシンプルなモノ。冒頭のスクリーンショットが初期画面で、ここに表示された物理ボタンのリストから目的のボタンを選びます。

設定できる機能としては、ナビボタンの各機能に加え、電源メニューの表示、スクリーンショットの撮影、音量や画面の明るさのアップダウン、アシスタントの起動など多岐にわたります。

さらに、ワンタップ(1回タップ)、ダブルタップ(2連続タップ)、長押しにそれぞれ別の機能を指定できたり。

で、今回の目的は戻るボタンとアプリ履歴ボタンの入れ替えなので、それぞれのボタンを選択して逆の機能を指定すればOK...なのですが、この2つを入れ替えるだけなら、オプションで簡単に行えます。

冒頭のスクリーンショットの一番下に見えているオプションの"戻るボタンとアプリの履歴ボタンを入れ替え..."のトグルスイッチをONにするだけ。しかも、その変更は再帰的に適用されます。

例えばMi A1の場合、アプリ履歴ボタンをダブルタップすると直前のアプリへと切り替わりますが、オプションでボタンの入れ替えを選んでいれば、特に設定してなくても同じ動作をします。

そんな感じで、やりたかったことはサクッと実現しました。動作も安定しており、個人的には大満足。Mi A1に限らず、似たような境遇の方には一度お試しいただきたいアプリでありました。


…続きを読む»

2018/08/04

アクティブタイプのタッチペンを試してみる2

交換用チップも付いてきました
AliExpressなどつらつらと眺めていると、妙に安いアクティブタイプのタッチペンを発見しました。その価格1,242円。おもしろそうなので詳細の確認もせずに即断即決で購入してみました。

で、モノが届きましたので簡単にご紹介など。写真を見てのとおり、導電性ゴムと思われる素材のチップがペン先に使用されております。

以前、金属製のペン先を持つ製品を紹介しましたが、それと比較しながら、ゴム製ペン先にフォーカスするような雰囲気でお送りしようかと。製品自体の話をしても同じモノを入手できるとは限らず、情報として役に立つことがなさそうなので。

ちなみに、モノとしては最低の出来で、質感もチープそのもの。スイッチを押すための樹脂パーツがテキトーな組み付けになっており、ヘタに押し込むと本体にめり込んで戻ってこなくなったりします。そもそも、販売ページの掲載写真とはスイッチやクリップが異なり、ほぼ別の製品が届いた感じ。

さて、肝心のペン先ですが、ゴム製ということで、タッチパネルへの当たりが非常に柔らかくなっております。金属製のペン先では操作のたびにカツカツと不快な音を出しますが、こちらはゴムなのでほとんど無音。耳を近づけるとごくわずかにポクポクと聞こえるレベルです。

ただ、ペン先が柔らかすぎて、文字や図形などの描画には向きません。例えば、線を引こうとタッチパネルに接触させたまま本体を動かすと、ゴム製のペン先がわずかに変形し、ワンテンポ遅れて付いてくる感じ。

特に文字のような複雑な線を引く必要がある場合、さまざまな方向に力が加わり、ペン先がグニグニと変形するのがわかります。そんな感じなので、厳密なタッチ操作が要求されるゲームも厳しい雰囲気となっております。

ゴム製チップを外した状態
ペン先のゴムを外してみたのがこちらの写真。中には金属ピンが設置されており、ここにゴム製チップを挿します。チップを固定するような仕組みはなく、引っ張るだけで簡単に取れちゃいます。

モノは試しとこの状態でタッチパネルに当ててみましたが、操作は不可。ゴム製チップを装着した状態でないと機能しないようです。

タッチパネルに上にゴム製チップを転がして金属ピンで突っついてみると、タッチ反応が見られたので、単純な着脱用ガイドピンではない様子。それがわかったところで、どうなる訳でもありませんが。

ということで、まとめなど。ゴム製ペン先の静寂性はパッシブタイプのタッチペン並に高く、タップ操作が主体なら割と便利かもしれません。が、複雑な描画や厳密な操作が必要であるなら、硬質なペン先を選ぶのが正解です。

また、ゴム製のチップは非常に柔らかく、耐久性も低そうな雰囲気。そのために交換用チップが付属するのだと思われますが、ハードに使うのであれば、やはり硬質なペン先のモノを選ぶのがよろしいかと。

アクティブタイプのタッチペンを選ぶ際の参考になりますれば幸いです。


…続きを読む»

2018/07/17

[Android] 認証アプリを変更してみる

二段階認証に必須のアプリ
例えばGoogleなどへのログイン時に高いセキュリティを実現する二段階認証。これを実現する手法のひとつが認証アプリです。

二段階認証においては、ユーザ名・パスワードとは別にアプリが生成するコードの入力が求められ、正しいコードを生成できるのは二段階認証を有効化する際に使用した認証アプリのみ。その端末が手元にない限りログインすることはできません。

そんな認証アプリとして、今までは"Google Authenticator"を使用していたのですが、何となく別のモノを試したくなり、"IIJ SmartKey"をダウンロードしてみました。これがなかなかにイイ感じだったので簡単にご紹介など。

乗り換えの大前提として、二段階認証を利用することが多いGoogleで使えないとシャレになりません。"IIJ SmartKey"ではTOTP(Time-based One-time Password)という規格に対応しており、"Google Authenticator"との互換性もバッチリ。各種サービスで二段階認証のやり直しや設定変更を必要としますが、移行作業自体は比較的スムーズに行なえます。

特徴的な機能としては、アプリ起動時のパスワードロックや設定のバックアップがあります。また、コードを入力せずにタッチパネルをスライドするだけでログインが完了する"スライド認証"なる機能もありますが、こちらは各種サービス側での対応が必要となるため、今回は触れません。

アプリ起動時のパスワードロックですが、インストール時は無効となっており、設定から有効化します。パスワードとして使用できるのは4ケタの数字のみ。この機能を使用すると、アプリの起動時はもちろん、スリープおよびバックグラウンド動作からの復帰時にもロック状態となります。

また、本機能はTouch IDに対応しており、iPhoneなどでは指紋によるロックの解除が可能。が、Androidの指紋認証は非サポートのようです。セキュリティと利便性の妥協点として指紋認証は秀逸なので、ぜひAndroidでも対応して欲しいところ。

エクスポート画面のサンプル(QRコードは別物です)
そして、なかなかにスグレモノなのがバックアップ機能。各サービス用の設定をQRコードとして画面に表示し、他のデバイスにインストールした"IIJ SmartKey"でスキャンすることで設定をインポートできます。

機種変更時に便利な設定のコピー機能だったりする訳ですが、やりようによっては設定のバックアップとしても利用可能。その方法は、画面にQRコードが表示された状態でスクリーンショットを撮影して保存するだけです。必要が生じた際には、スクリーンショットのQRコードを読み込むことで設定を復元できるという次第。

QRコードのスクリーンショットを端末内に保存するのはセキュリティ的にアレなので、スマホ対応のmicroSDカードリーダー(例えばこんなの)やUSBメモリを使うか、あるいはPCなど他のデバイスに転送しておくのがお勧め。ちなみに、スクリーンショットをPCの画面に表示させた場合でもきちんとインポートできました。

"Google Authenticator"には設定をコピーしたりバックアップしたりする機能がないため、何かのトラブルで設定が失われてしまった場合、ヘタをすると二段階認証をパスできず、その復旧にとても苦労するかもしれません。Titanium Backupによるバックアップは可能ですが、root権限が必須なので一般ユーザにはハードルが高めです。

その点"IIJ SmartKey"なら、(必要があればアプリをインストールしてから)保存しておいたQRコードをスキャンするだけ。簡単かつスムーズに、各種サービスの二段階認証設定を復旧させることができます。トラブルを見越して、古い端末を認証アプリ専用マシンに仕立てたい場合にも便利かと。

IIJは老舗のインターネット屋さんなので企業としての信頼感もあり、認証アプリを利用する機会の多いユーザには一度お試しいただきたいアプリでありました。


…続きを読む»

2018/07/07

[Mi A1] magisk環境でOTAアップデートに失敗しない方法

OTAアップデートが降ってきた
いつの間にやら通知が来て、わずか数ステップでシステムの更新が完了する、お手軽かつ便利なOTAアップデート機能。

ところが、純正システム用のOTAアップデートにおいては、少しでもシステムが改変されているとインストールに失敗してしまいます。その判定は結構厳しく、systemlessであるはずのmagiskでさえ、下手をするとOTAアップデートの適用時にエラーが出る始末。

当方でもそんな状況が続いていたのですが、xdaにて紹介された方法を試してみたところ、これがバッチリ。セキュリティ更新を目的とした毎月のアップデートはもちろん、システムのバージョンが変わるメジャーアップデート(8.0→8.1)においても問題はありませんでした。ということで、その方法を簡単にご紹介。

ひとつ注意が必要なのは、すでにOTAアップデートに失敗している状況を打開するソリューションではないということ。キモとなるのはOTAアップデートを見据えた準備であり、それがあって初めて有効に機能する訳です。

対象となる環境は、システムとリカバリが素の状態で、ブートローダがアンロックされたMi A1。すでにmagiskがインストール済みである場合、一度初期化するなどのひと手間が必要となります。

初期化と言っても、ユーザデータを残したまま実行する方法もありますので、復旧の手間はそれほどかかりません。この辺のお話に関してはまた別の機会にでも。

また、fastbootコマンドが使える状態のPCも必須となります。手順としては、Mi A1のブートローダを起動してPCに接続。続いてカスタムリカバリであるTWRPを起動します。インストールではない点にご注意を。あくまで起動するだけです。

そのために必要となるTWRPの起動用イメージはxdaのこちらのスレッドにて公開されております。ダウンロードすべきはインストーラ(zipファイル)ではなく、"recovery-3.2.1-2-oreo.img"ですのでご注意を。

実行時の書式としては"fastboot boot recovery-3.2.1-2-oreo.img"ってな感じ。これで、今回のみTWRPが利用可能となります。

インストールせずにTWRPを起動
こちらが、Windowsのコマンドプロンプトから上記コマンドを実行した際のスクリーンショット。

この時、USBケーブルで接続されたMi A1は自動的に再起動されます。TWRPの起動後は普通にインストールやバックアップ/レストアなどの操作が可能。あとは、magiskの最新版をTWRPでインストールすれば作業は完了です。

で、OTAアップデートが降ってきた際には、"fastboot boot recovery-3.2.1-2-oreo.img"してから、TWRPにてmagisk unistallerの最新版をインストール。あとはシステムを再起動してOTAアップデートを実行するだけです。

OTAアップデートの適用後は、準備段階と同じ手順でmagiskをインストール。これでrootedな環境に戻しつつ、次のOTAアップデートへの準備ができるという次第です。なお、magiskおよびmagisk uninstallerの最新版はxdaの公式スレッドにて入手できます。

この方法のポイントは、リカバリをクリーンな状態を保つ(TWRPをインストールしない)こと。TWRPを利用するためには、その都度PCへのUSB接続が必要となりますが、OTAアップデートに失敗すること、およびその対処を考えればたいした苦労ではありません。

また、magiskのインストール用に改変されたboot.imgを必要とせず、OTAアップデートが降ってきたらすぐに対処できるのも大きなメリットです。

おまけとして、TWRPを使ってパスワード/PIN/パターン関連のファイルを削除することで画面のロックを解除できてしまうという、由々しき事態も回避できたり。

magisk環境でOTAアップデートに失敗するため毎回純正ROMをインストールしている、ってなユーザにはぜひお試しいただきたいソリューションでありました。


…続きを読む»

2018/06/30

ML2032用の充電器を試してみる

サイズは極めてコンパクト
ML2032というのは、コイン形のリチウム一次電池であるCR2032と互換性のある二次電池。サイズはもちろん電圧も同等なうえ、充電することで再利用が可能となっております。

以前も紹介しておりますが、eBayにて"BB-M2032CG"なる充電器を見つけたので、これを試してみることに。

価格的にも日本円で約500円とリーズナブルになっており、USB電源で動作するため使い勝手も良さげな感じです。で、オーダーしていたモノが届きましたので、早速チェックしてみました。

上記写真で本体の大きな面積を占める金属部分が電池ホルダー。使用時にはML2032をここに挿し込みます。その反対側には電源用のUSB micro Bコネクタが設置されております。

電源にはUSB-ACアダプタやPCのUSBポートなどが利用可能。効率的ではありませんが、モバイルバッテリを電源として使ったりもできます。

また、表面実装のLEDが2個装備されており、ひとつは電源用の、もうひとつは充電用のインジケータとなっております。裏側には特に何もなく、すべて表面実装のため、パーツの足が出ていたりすることもありません。

ただ、裏面にハンダボールが付いていたり、除去されるはずの銅箔が残っていたりと製造が雑すぎ。動作がまともであるならその辺は問題視しませんが、神経質な方には気になるかもしれません。

で、肝心の動作に関して。使い方としては、ML2032を挿し込んで電源を接続すれば充電が開始されます。とっても簡単。

充電中の様子
スタート直後は2つのLEDインジケータがいずれも点灯します。色は電源用が緑で、充電用が赤。どちらも高輝度タイプのLEDが使われており、動作時にはけっこう眩しかったりします。

充電時間に関してはeBayの商品ページに記述がなかったので、しばらく様子を見てみました。

スタート時には常時点灯だった赤LEDが間欠点灯するようになり、徐々に消灯時間の方が長くなります。12時間ほど充電しましたが、たまに赤LEDが1秒ほど点灯する状態でした。雑な製造とは裏腹に、充電状況が視覚的にわかる優れた設計となっております。

充電後のML2032ですが、これまで使っていた充電器と同様、初期電圧である3.2Vまで戻すことはできない様子。充電後の開放電圧も3.07Vと同等で、充電機能としては互角といった感じです。

けれども、インジケータによって充電状況を把握できるため、ユーザビリティ的にはこちらの方が一枚上手。そして価格は約1/4なのだからこれを選ばない手はありません。ただ、あえて買い換える動機となるか、という点では微妙なのも確か。

そんな訳で、これからML2032デビューする、というのであれば文句なくオススメできる逸品でありました。

なお、購入にあたっては、似たような形でLIR2032用の"BB-L2032CG"なる製品も併売されておりますのでご注意くだされ。なぜかこちらの方が少しお安く、うっかりすると間違って購入してしまいます。



…続きを読む»

2018/06/22

Nintendo Switchのガラスフィルムを試してみる

画面左端にも同じような模様があります
Nintendo Switchの画面の左右下部に付いたこの模様。ドックの内側にある本体サポート用のゴムパーツとこすれることで発生するようです。

キズではなさそうな雰囲気ですが、何にせよ樹脂製の保護フィルム上の存在なので、気にしなければ良いだけの話。ではありますが、何となくモヤモヤした感じを持っておりました。

ということでガラス製の保護フィルムを試してみることに。まずはお試しということで、AliExpressにて格安な品を調達してみました。で、届いたモノをチェックしてみると、これが商品説明とは大違い。嘘だらけです。

商品説明では厚さ0.26mmと明記されていたのですが、ノギスで測ってみると0.5mm。粘着面を保護するフィルム込みなので若干厚めの計測結果となっておりますが、いくらなんでもペラペラのフィルムが0.24mmもある訳がありません。

端面も2.5Dとの謳い文句ですが、どう見ても糸面取り(わずかに角を落とす処理)な感じ。同じ2.5Dを謳うスマホ用のモノと比べてみると違いは一目瞭然です。さらに、アンチフィンガープリントなどと言っておりますが、コーティング系の処理は一切ナシ。

触っただけでコーティング処理済み製品との違いがわかります。おかげで、自家製コーティング処理がはかどったりしますが。

そんな嘘だらけの製品ではありましたが、サイズやスピーカー部分の避け処理はバッチリだったので、そのまま使ってみることにします。

データを集めてクレームを入れれば返金は確実な感じですが、モノが200円少々だったので、手間の方が高コストになってしまいます。でもシャクなので評価はスルーの方向で。

あきらかにガラスが1枚乗ってます
そんなこんなでサクッと貼り付けてみました。施工には、位置を合わせてからズレないように長辺のひとつをセロファンテープで固定するという一般的な方法を採用。気泡やホコリが入ることもなく、バッチリな感じで仕上がりました。

いろいろと残念な感じの商品ではありましたが、粘着剤など基本的なところは最近のガラスフィルムと同等な感じです。

以前使っていた樹脂製の保護フィルムは本当に薄く、注意して見ないと気付かないほどでした。が、こちらはもう見るからに1枚のガラス板が乗っているイメージ。慣れるまでは少々の違和感を感じることになりそう。

タッチフィーリングに関しては良好で、特に自前でコーティング処理したあとは素晴らしく快適になりました。強度(硬度)に関しては未検証ですが、一般的なガラスフィルムと同じレベルはありそう。これなら、金属製ペン先のアクティブなタッチペンも安心して使えます。

ただ、ドックとの着脱時の雰囲気が少し変わります。以前の樹脂製保護フィルムでは厚みがほとんど無視できるレベルだったので、ドックに入れる時もスコッと軽くハマり、抜く時もNintendo Switch本体を持ち上げるだけでOKでした。

けれども、ガラスフィルムにより本体の厚みが増えた関係で、ドック内ゴムパーツとの摩擦抵抗が増加。入れる際には押し込む感じで、抜く時にはドックが持ち上がらないように気をつける、そんな注意が必要となりました。

で、ガラスフィルムを試す気になったそもそものきっかけである画面下部のスレですが...やっぱり発生しました。それでも樹脂製保護フィルムよりは落としやすい感じで、クリーニングクロスでゴシゴシすれば消えてくれます。

そんな感じのガラスフィルムでありました。ドックからの着脱フィーリングが変わるのは難点ですが、保護性能としては樹脂製保護フィルムよりも格段に上がるので、頻繁に携帯する場合には良さそうな感じです。逆に据え置き機として使うことが多いのであれば樹脂製保護フィルムでも十分かも。

購入に関してはわざわざ海外通販などする必要はなく、国内の通販サイトが利用可能。例えばAmazon.co.jp楽天市場など。これらの通販サイトであれば、当方のようにハズレを引くこともないと思われますので、ガラスフィルムに興味があるならチェックしてみることをお勧めします。


…続きを読む»

以前の投稿へ ホームへ