さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2010/08/16

筆談器という道具

とある事情で筆談器が欲しくなりました。ペン状の磁石でパネルをなぞると、その部分だけが黒くなり、文字や絵が書けるというモノ。(物理的限界はありますが)何度でも書いたり消したりすることができる、筆談に最適な道具です。

まったく同じ機能を持ったこどものお絵かきグッズがあります。例えばタカラトミーのせんせいとか。もちろん、こども用に探しているわけでないので、この手の製品は最初から除外しました。

どんなモノを探していたのかというと、「大人が普通に使えるデザイン」、「重量が軽く持ちやすいこと」、「値段は安い方がよろしい」といった特徴を持つ製品です。

筆談器 CoBo
クリックで拡大
そんなこんなで阿波グローカルネットが開発した「CoBo」という製品をチョイスしました。とても薄く、しかも125gと軽量。さらに利き手を選ばず、ペンはユニバーサルデザインになってます。

何より手に持って使うことを前提としたデザインがナイス。他の製品は卓上での使用が前提となっているモノが多く、中には携帯用もあるのですが、サイズが妙に小さくなっていたりと今ひとつです。

個人的には「2007年度 グッドデザイン賞 受賞」という点もに惹かれました。わりとこの言葉に弱い人なのです。

届いた「CoBo」をチェックしてみましたが、とても軽くて扱いやすいです。少し気になったのは、文字を消す際にパッド部分を素早くスライドさせてしまうと、文字がうっすらと残る点。パッドのスライドをゆっくりめに2往復ほどすればキレイに消えます。

また、本体の強度が少し足りないかなぁという気がします。重さとのトレードオフで仕方のないことかもしれません。これは運用時に丁寧に扱ってあげれば良いでしょう。

もう一点。これは完全に「慣れ」の問題だと思うのですが、パッド面がツルツルのため、文字が書きづらいです。

少々の文句はありますが、紙と筆記用具の組み合わせよりは使い勝手が良いので、今はこれが(わたしのニーズには)最適な製品です。製品のWebページに紹介ビデオがありましたのでご覧くだされ。



この製品、「CoBo」で直接購入するのが一番オトクです。が、カードを使いたい方はこちらのショップ(楽天)でどうぞ。ほんの少しだけお高いですが、送料は無料です。


Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ