さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2012/06/07

Android縛りでブログを更新してみる

画像はイメージです
先日購入した任天堂謹製キーボードの出来が思いの外よろしく、「Android環境のみでブログを更新してみよう」という気になりました。という訳でさっそく実践です。

まずはテキスト入力環境から。もちろん使用したのは"Nintendo Wireless Keyboard"です。IMEも同様に"日本語フルキーボード For Tablet"を使用しました。

変換エンジンには"Google IME"をチョイス。オンライン必須な点はネックですが、変換精度はWnn用とは大違いで快適に変換してくれます。普段PC環境でも"Google IME"を使用しているので、感覚的には近いモノがあります。

加えて、ポインティングデバイスとして化石級に古いBluetoothマウスである"BT500"を使用しました。これで単語や文節などの選択もバッチリです。

「ここまで用意するならノートPC使えばいんじゃね?」という気もしないではないのですが、何事も試してみないと分かりません。Androidで完結するそこそこ大きな作業の経験がないので、これがよい機会となります。

当方がブログの記事を作成する場合、大まかな全体のテキストを作成してから、細かなディティールを仕上げていく方式でやっています。このため、テキストを書くためのアプリは必須。今回は"Jota Text Editor"を使用しました。

なかなかに使いやすいエディタです
このアプリではキャレットの点滅や改行・タブの記号表示などが行えるため、快適なテキスト入力が可能です。

さらに、マウスによる範囲選択、IMEによる[ctrl + c]、[ctrl + v]でのコピー&ペーストとも相まって、PCのそれに迫る入力環境が実現します。

本投稿の冒頭にある写真は、デジカメで撮影したモノですが、データはmicroSD経由で"iconia tab A100に"持ってきてから"Adobe Photoshp Express"にて修正を加えています。

普段は、画素数多めの写真を撮影→レタッチ→トリミング→リサイズという手順を踏んでいるのですが、"Adobe Photoshp Express"にはリサイズ機能がないため、これだけは別アプリである"Reduce Photo Size"を使用しました。

使い慣れないアプリを使っているのも原因のひとつであると思われますが、この手の作業(画像編集)はWindows環境の方に一日の長があるような気がします。

テキストと写真ができたら、アップロードすることになるのですが、さすがにこの作業をイオンSIM装着のモバイルWiFiルータで行うのは厳しいモノがあるので、ここは家庭用の光回線を使っています。Android以外の環境を使用するわけではないので、一応セーフということで。

これがボトルネックでした
本ブログは独自ドメインで運用しておりますが、システム自体はGoogleのBloggerを使用しています。このため、最終的な仕上げは、Bloggerのエディタ(Webブラウザ)上での作業となります。

ところが、コイツがなかなかにクセモノ。

ネイティブアプリであるテキストエディタとは異なり、文字入力のレスポンスが異常に悪くなります。チャタリング的な文字の重複が頻発してタイプミスも激増。困ったものです。それでもなんとか校正・校閲ならびに加筆修正を実施し、やっとブログの形になりました。

テキスト作成自体の時間はさほど変わりませんが、Bloggerのエディタに移行した後の作業時間は普段の数倍となった感があります。それでも、ブログの更新が可能であることは確認できました。

Androidがウィンドウシステムではないため、WebブラウザやPDFを参照しながらの作業は厳しいかもしれません。けれども、別画面を参照する必要が無いのなら、割と良い感じでテキスト作成できそうな雰囲気です。

ブログの更新もその範疇ではありますが、よっぽどの緊急事態でもない限りやることはなさそうです。Bloggerのエディタがもう少しなんとかなれば...。と、少々悔いが残る、Android縛りによるブログ更新の顛末でした。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ