さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2016/10/06

[Android] suhideをちょっと便利に

正直メンドイ
Magiskでもやったのだから、そのライバルたる"suhide"でもやらないのは不公平というモノ。ということで、今回は"suhide"をちょっと便利に使える(かもしれない)サポートツールのご紹介です。

最近の"suhide"ではGoogle開発者サービスのUIDがデフォルトで登録されるようになっており、例えばポケモンGoを遊びたいなどSafetyNetのCTSチェックをパスするのが目的なら、"suhide"をインストールするだけでOK。

ではありますが、その他のアプリで"suhide"を有効にしたい場合、上記スクリーンショットのようにターミナルエミュレータを使って、パッケージ名からUIDを調べ、さらに"suhide"のスクリプトでそのUIDを登録しなければなりません。

まだ開発途中ということもあり、暫定的にコマンドラインを使用するのだとは思いますが、物理キーボードがあるならまだしも、スクリーンキーボードで長々とコマンドを打ち込むのは正直面倒です。

それを改善してくれるのが、Google Playにて公開されている"APK Tools"というアプリ。インストール済みアプリのリストからタップするだけでUIDをダイレクトに知ることができます。

ただ、その後の処理でターミナルエミュレータでの作業が必要になること、および"suhide"専用という訳ではないことから、本エントリで紹介するのは見送りました。まぁ、それなりに便利であることは確かなのですが。

ということで、今回ご紹介する唯一の"suhide"専用ツールとなるのが、その名もズバリ"suhide GUI"。大多数のユーザが不便に思う、UIDの登録を激的に効率化してくれるアプリです。

まさにGUI
こちらがそのスクリーンショット。使い方は見たまんまで、UIDを登録したいアプリをリストから選んでチェックマークを入れるだけでOK。

また、本アプリの導入以前にUIDが登録されていたアプリに関してはあらかじめチェックマークが入っており、あえて登録する必要はありません。

いずれの場合も、登録済みのアプリを削除したい場合、そのアプリのチェックマークを外せば指定したアプリのUIDが削除されます。

ただ、その動作にちょっとクセがあって、リストのチェックマークを入れた瞬間、および外した瞬間に/su/suhide/suhide.uidが書き換えられます。ボタンを押すなどユーザの認証的行動がないままファイル操作を行うのはUIデザイン的にマズいような...。

これがシステムの設定にあるようなトグルスイッチだったら問題はなかったのかも。チェックボックスは選択行為なのでその後に意思決定のプロセスが必要となりますが、トグルスイッチは有効化(実行)であるため、すぐに機能しても違和感はありません。

まぁ個人的によろしくないと思うだけで、動作に問題がある訳ではないのでご安心を。それはさておき、この"suhide GUI"を使用すれば、面倒なコマンドライン操作は一切不要となります。

その意味においては、最強のサポートツールといえるかも。ただ、今後"suhide"がどのように進化するのかが見えないため、この"suhide GUI"も限定的なサポートツールとなってしまう可能性があります。

"suhide"の基本的な仕組みが変わらない限り、まったく使えなくなることはないと思いますが、その辺の事情は心に留めておいた方がよろしいかと思われます。

***Edit***
suhide v0.55にて仕組みが変わりましたが、素早いバージョンアップにて本アプリでも対応しました。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ