さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2016/11/13

4極プラグ対応のUSBサウンドアダプタを試してみる

本体の質感も悪くはありません
スマホのおまけとして付属することも多いイヤホンマイク。それを4極プラグ非対応のPCでも使えるようにするUSBサウンドアダプタを買ってみました。

モノは"Vention VAB-S15"というプロダクト。こちらのリンクは直販ショップと思われるタオバオのページですが、実際の購入にはAliExpressを使用しました。なお、メーカーのWebページはこちら

3極プラグ×2(ヘッドホン&マイク)を使用するトラディショナルなヘッドセット用のUSBサウンドアダプタは掃いて捨てるほどあるのですが、4極プラグタイプはニーズが少ないのか選択肢が極端に狭まります。

有名ドコロでは、サンワサプライのMM-ADUSB4、クリエイティブ・メディアのSound Blaster Play!2ぐらい。必要不可欠ならば価格は二の次なのですが、「ちょっと試してみたい」レベルではコストが気になります。

そんな時に便利なのが安価な中華プロダクト...なのですが、なぜか4極プラグタイプは見つけられず。で、先日のことAliExpressをぶらぶらしていた際に発見した"Vention VAB-S15"に飛びついてみた訳であります。

オーダー後、数週間の時間を要しましたが、無事到着しました。てっきりバルクな感じかと思っていたのですが、意外にもきちんとしたパッケージ入り。まともな商品である雰囲気を漂わせております。

外観は見てのとおりシンプルで、操作が必要なスイッチ類は皆無。また、システム内蔵のドライバで動作するため、特別なソフトウェアなどをインストールする必要もありません。

このため、"Vention VAB-S15"にイヤホンマイクをつないでPCのUSBポートに挿せば、再生用デバイス(スピーカー)、および録音用デバイス(マイク)としてそれぞれ認識されます。

USBポートに挿すだけ
ちなみに、対応OSはWindows XP~10、Mac OS X 10.4~10.8、Linux、Chrome OSといった感じになっております。

もちろん、PCでの入出力も問題ナシ。音質に関しては使用するイヤホンマイクの性能に左右されますが、不快なノイズが乗ったりすることはありません。

また、通常のヘッドホン/イヤホン/アクティブスピーカーなどを接続すれば、いわゆる音楽系USB DAC的な使い方も可能。すごく良いという訳ではないのですが、サウンドが素直に出力されている感じで目立つ欠点もありません。BGM的に楽しむのなら音楽用途でも行けそう。

ただ、本体はコンパクトなのですが、USBポートに挿した際の飛び出し量はそれなり。このため、USBポートの配置によってはジャマになったりするかもしれません。が、これ以外に気になる点はナシ。

価格的なところですが、AliExpress辺りでは$8前後が相場な感じ(2016年11月現在)。当方ではセール中のショップを見つけたので$3.95で購入できました。この価格帯であれば絶対値としてお値打ちであり、コストパフォーマンスとしても高めです。

PCでスマホのイヤホンマイクを使いたい、というユーザにはおすすめの品。海外通販に抵抗がなければ、買って損はないアイテムであると思われます。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ