さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2016/12/29

Android Nekoで遊んでみる

カラフルなネコたち
もはや隠し要素とは言えないレベルで有名になったAndroidのイースターエッグ。特にLollipop(とMarshmallow)ではゲーム性が強まり、実際に遊べるコンテンツとして成立しておりました。

で、Nougat。今回は人気アプリ"ねこあつめ"に影響を受けたらしい"Android Neko"というゲームアプリ(?)が搭載されております。しかも、クイック設定パネルや通知を活用する本格仕様。

そのおかげか発現方法も複雑化しており、簡単にはたどり着けません。"設定"→"端末情報"→"Androidバージョン"を激しくタップすると"Nマーク"が表示されますが、これで終わり?と思ったユーザも多いのではないかと。

ちょっと詳しいユーザなら、Lollipop(とMarshmallow)同様に複数回タップしたり長押ししてみたりする訳ですが、それでも画面中央下部に謎のアイコンが表示されるだけ。何かが始まる様子はありません。

Nougatの場合、さらに作業が必要となります。上記操作で何やらネコっぽいアイコンが表示されたらOK。このアイコン表示は"Android Neko"の動作状況を示し、トグルで切り替わります。

このため、以前試したなど場合によっては駐車禁止のアイコンが表示されることもあります。この状態では機能が停止したままなので、もう一度同じ操作をしてネコっぽいアイコンを表示させます。

そのまま(またはホームに戻って)クイック設定パネルを引き下ろし、最上部の鉛筆アイコンをタップしてタイルの編集モードに入ります。

パネルをスクロールして未掲載タイルを表示させると、そこにはネコっぽいアイコンで"???? Android Easter Egg"と示されたタイルが見つかるハズ。これをドラッグして、クイック設定パネルに追加すれば準備は完了です。

続いてはセットアップした"Android Neko"の遊び方。タイルに追加する前はネコっぽいアイコンですが、追加後はお皿のアイコンとなります。

ネコ寄せアイテムを選択
お皿をタップするとこちらのスクリーンショットのように、4つのネコ寄せアイテムが表示されます。どれかをタップし、あとはネコが現れるのを待つだけ。ただし、ネコがやってくる様子を見られる訳ではなく、通知で知るのみとなります。

通知に"A cat is here."と来たらネコが現れた証拠。その通知を開くと現れたネコのコレクション画面(冒頭のスクリーンショット)が表示されます。

ネコに名前はなく番号表記のみ。番号は3ケタなので1000種類いるのかもしれません。

で、ネコが来るとクイック設定パネルでセットしたネコ寄せアイテムはなくなるので、再び選んで...と、その繰り返しでネコのコレクションを充実させるというゲームになっております。

その他の操作として、ネコ寄せアイテムをセットした状態でパネルをタップすると選び直すことができ、長押しすればコレクション画面を開くことができます。さらに、コレクション画面でネコのアイコンを長押しすると共有も可能に。

ネコの画像をメールで送ったり、Googleドライブに保存したりできます。画面上では小さなアイコンサイズですが、共有するとオリジナルな大サイズ(600×600ピクセル)の画像となります。「何に使うのだ」と言われると困ったりしますが。

激しく面白い、というモノではありませんが、放置ゲーなので時間もテクニックも不要。ネコのアイコンがたまっていくだけではありますが、それが地味に嬉しかったりします。

1000種類いるハズなのに、初期段階から頻繁に同じネコが現れたりするのもガチャ全盛な今時のスマホゲーム感覚。もちろん、アイテム/コンテンツ課金はないので心配無用です。

とにかく気軽に遊べるので、ネコ好きなNougatユーザには一度試してみるのもよろしいかと思われます。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ