さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2012/05/19

プリンタを捨ててみる

富士ゼロックスのnet print
インクジェット→レーザー→インクジェットと買い換えつつプリント環境を維持してきました。手元で紙に出力できるのは、それなりに便利だったのです。

けれども、近頃ではPDFとして保存したり、書類として送る場合もメールやストレージサービスなどで事が済んでしまうことも多くなりました。そうなると、わずかな印刷要求のためにだけにプリンタを維持するすのもバカらしいものがあります。

実は以前からそう感じてはいたのですが、それでもプリンタを捨てられなかったのは、どうしても紙に出力する必要性が年に数回発生するため。これに対するうまい解決策が見つからず、とりあえず現状維持を続けていた次第です。

そんなある時、出力の最中にインクが空になってしまいました。しかも、買い置きもゼロの状態。普通ならここで急ぎ電気屋さんに行って(少々高価だけど背に腹は代えられないので)インクを買ってきます。

けれども、この時はネットプリントサービスを使ってみようという気になったのでした。電気屋さんよりも近く、とりあえず安く出力できるのと、プリント環境をどうにかしたいという思いが頭の片隅にあったからかもしれません。

近所にあるのはセブンイレブンだったので、ここのマルチコピー機で使える富士ゼロックスの"net print"を利用することになります。

対応フォーマット(2012/05現在)
このサービス、対応するフォーマットもそこそこ多く、非対応の場合でもPDFに落とせば問題なくプリントできます。

利用法は極めてカンタン。初回のみアカウント作成が必要ですが、簡単な作業でIDが発行され、以降はログインするだけで利用できます。もちろん、登録は無料。

実際にプリントする際には、システムにログインし、ファイル管理画面にてプリントしたいファイルを登録します。すると、8桁のプリント予約番号が発行されるので、これをメモってセブンイレブンに行けばOK。

プリント予約番号はメールでも通知することができるので、携帯電話なりスマートフォンなりに送ればメモる必要もありません。

あとは、店頭のマルチコピー機のタッチパネルで"ネットプリント"を選び、先のプリント予約番号を入力、代金を支払ってプリントするだけ。

料金表(2012/05現在)
代金の方も、モノクロならB5/A4/B4/A3のどれでも1枚あたり20円。大量にプリントするのでなければ、低コストで高品質な成果物が得られます。カラーだと少々お高くなりますのでご注意を。

デメリットを上げるとするなら、誰かが使用中の場合それが終わるまで待つ必要がある点。これは、出力機をシェアしている訳で、タイミングが悪かったとあきらめて、素直に待つのがよろしいでしょう。

そしてもう1点。書類に不備があった場合、すぐには修正できません。手元のプリンタで出力するならその場で修正してすぐにやり直せるのですが、ネットプリントの場合そうは行きません。

それでも、ノートPCなどを持ち込むといった重装備で臨めば対処は可能。都合よく無料のインターネット接続サービスである"セブンスポット"もある訳ですし。

いくつかあるネットプリントならではのデメリットを許容できるなら、もうプリンタを維持する意味などなくなります。という訳で、我が家のプリンタは捨てられるハメになったのでした。

当方の場合は、セブンイレブンのマルチコピー機を「我が家のプリンタ」として使うことを目的としていますが、これ以外にもさまざまに活用することができます。詳しくはこの辺をご参照下され。

"net print"は、無料で登録できるうえ、180日ログインしなければ自動的にアカウントが削除されるので、使わない場合でも後腐れありません。まだ、未経験の方には雰囲気を知るためにも一度試してみることをお勧めします。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ