さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2015/05/08

[Android] Perfect Screenshot Ultraを試してみる

こんな感じの画像も簡単に
スクリーンショットの画像に実機のフレームを合成して、良さ気な雰囲気にしてくれる装飾系アプリ。当ブログでは投稿の顔となるトップ画像で良く使用しております。

これまでは、フレームが豊富だったり、完成した画像が透過PNGだったりして使い勝手がよろしい"Screen maker"というアプリを使用しておりました。

その"Screen maker"に不満がある訳ではないのですが、なんとなく新しいモノを試してみたい気になり、"Perfect Screenshot Ultra"というアプリをインストールしてみました。こちらは有料版ですが、お試し的な無料版も用意されております。

使い方は簡単そのもの。背景とフレームを選択してスクリーンショットを読み込むだけ。要素を変更するたびにプレビューが更新されるので、非常に分かりやすくなっております。

"Perfect Screenshot Ultra"において特徴的なのが、背景の合成機能と背景色のレコメンド機能。まず背景の合成機能ですが、その名の通り任意の画像をバックグラウンドとして使用することができます。

そのサンプルがトップにある画像。ここでは、Androidの壁紙のベースとなった画像を背景として使用しております。別に他の画像でも構わないのですが、お手軽に一体感のある絵になるのでそうした次第。

見やすいプレビュー画面
背景が主張しすぎるのを嫌って若干ぼかしましたが、素の画像を使用すれば背景の一部を切り取って壁紙にしたような効果を出すこともできます。

こちらのスクリーンショットはアプリのプレビュー画面。フレームは変えてありますが、背景のぼかしが未使用の場合だとこんな雰囲気になります。

もちろん、ぼかし機能もアプリに用意されたモノ。ワンタップでぼかしナシからMaxまで4段階で調整することができます。

なお、基本的には背景画像のサイズが完成画像のサイズとなりますので、Webサイトやブログなどで使用する場合、事前あるいは事後のトリミングが必要になることがあります。

例外処理として、スクリーンショットよりも小さい画像を背景に指定した場合、自動的にスクリーンショットとフレームが縮小され、それなりの収まりとなるよう調整してくれます。

加えて、左右および上下のマージン調整機能を利用すれば、背景とスクリーンショットの比率を手動で調整することもできます。

上の6つがレコメンドカラー
続いて背景色のレコメンド機能。本アプリでは単色の背景を指定することもできるのですが、その際スクリーンショットにマッチするカラー(6種類)をオススメしてくれる機能です。

どうやらこの機能、スクリーンショットの画像からカラーをピックアップしている様子。「スクリーンショット内で使用されている色なので背景としてマッチしない訳がない」ということなのでしょう。なかなかにカシコイやり方です。

もちろん、Custom colorを選べば任意のカラーを背景色として指定することもできます。

これらの背景機能に加え、フレームの影を落としたり、画面に反射エフェクトを加えるといった装飾機能も利用可能。絵作りのキモとなるフレームですが、アプリに組み込まれておらず、必要なモノを別途ダウンロードする仕様となっております。具体的な機種名に関してはアプリのページをご参照頂きたく。

さまざまな機種用のフレームが用意されておる訳ですが、その中にNakedと呼ばれるフレームがあり、これを使用するとスクリーンショットのみが浮かび上がるような絵面にしてくれます。他に類を見ないユニークな機能。

この他、完成した画像をAndroidの共有機能でさまざまな宛先に送れるのも便利な点。当然のことながら、端末内に保存することもできます。

最後に総評など。動作的に若干不安定な感もありますが、お手軽にカッコ良さ気な絵が作れるツールとしてはなかなかのモノ。

アプリの開発者であったり、サイトやブログの管理者だったりするなど、スクリーンショットを公開する機会のあるユーザには役立つアプリであると思われます。

機能は制限されますが無料版でも操作感の確認などは十分に行えますので、興味のある方は一度お試しあれ。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ