さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2010/12/19

使えるオマケ

小さなUSBリーダー/ライター
TranscendのmicroSDHCカードに付いてきたオマケのUSBリーダー/ライター。名前は「カードリーダーP3」と呼ぶそうな。

SDカードサイズに変更するアダプタが付属するパッケージは普通に見かけます。

けれども、そのアダプタは捨てるほど手元にあるため、今回はこれを買ってみました。

このオマケ付きmicroSDHCカード、購入したショップではClass2のモノしかありませんでしたが、今回はアーカイブ的に使用するメモリカードが必要だったため、読み書きの速度は気にしませんでした。ちなみに製品としてはClass6のmicroSDHCカードとのバンドルもあるようです。

以前、Class6とClass2のmicroSDHCカードをHDDベンチマークソフトで比較したことがあるのですが、差こそあるもののClass2が遅くて使えないというレベルではありませんでした。

なので、本当に読み書きの速度が求められる用途でなければClassが低くても問題ないと(個人的には)思っております。

話がそれましたが、写真でチラリと見えている黒い部分がmicroSDHCカードです。「カードリーダーP3」自体のサイズが良く分かるかと。実測で全長33mmほどしかありません。小数点以下を計測できるハカリがなかったので正確な重さは不明ですが約2gでした。

全体的がプラスチック製で耐久性は悪そうですが、ストラップの金具以外に金属部品がないため、携帯電話などにぶら下げておいても本体を傷付けてしまう心配はなさそうです。

写真の状態でPCのUSBポートに差し込めば、USBメモリとして機能します。もちろん読み書きも普通に行なえます。また、「カードリーダーP3」はUSB2.0に準拠しているので、読み書き自体もスピーディです。

microSDHCカードを差したまま持ち運べばUSBメモリ的にも使用可能。microSDHCカードの固定機構などはありませんが、スカスカという訳ではなく、振り回しても外れることはありません。

普段使っているPCにはSDカード用スロットが装備されているため、SDカードサイズに変更するアダプタを使用して読み書きすることもできるのですが、あの「押しこんでロック、再び押しこんでアンロック」というのがどうにもやりづらく、もっぱらUSB接続のリーダー/ライターを使っています。

「カードリーダーP3」なら、コンパクトなので手元に転がしておいてもジャマになることはありません。なので、最近は使用頻度も高いです。欠点としては、小さすぎてどこかに紛れて見つからなくなる心配があるくらいでしょうか。

個人的には「結構使えるオマケ」だったりします。ちなみに購入したのは楽天市場の上海問屋。容量も2GB/4GB/8GBから選べます。この他にもガジェット好きにはたまらないモノが山盛りの楽しいショップであります。一度ご覧あれ。


Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ