さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2010/12/21

続・torneの番組表が変

バージョンアップで症状悪化
先日のバージョンアップにより「v.2.10」となったtorne。これで番組表を取得してくれない不都合が解消されると思ったのですが...。

余計にひどくなりました。

バージョンアップ以前は「チバテレ」と「テレ玉」の番組表データを受信できない状態だったのですが、さらに「NHK総合」、「TBS」、「テレビ朝日」、「テレビ東京」、「東京MX」、「TVK」が追加されてしまいました。

2局だけなら番組表データの強制受信も手間ではなかったのですが、さすがに8局では面倒過ぎます。というわけで、根治に向けてジタバタしてみることにしました。まず目をつけたのは、セーブデータの削除です。

XMBの「ゲーム」→「セーブデータ管理(PS3)」の中にあるtorneのセーブデータを削除してtorneを起動すると、アップデートの際に表示されたメッセージが再び表示されますが、特に読む必要もないのでサクっとスキップします。

ちなみに、セーブデータを削除しても、予約データや録画済み番組の視聴には影響ありません。ファイルに記録されているのは、セーフエリア設定やライブ機能のON/OFFといった情報だけです。

この時点で、番組表はすっかり埋まった状態だったので、しばらく時間をおいてチェックしてみます。

---翌日---

torneを起動・放置してチェックしてみましたが、残念ながらセーブデータの削除に意味はなかった様子。こうなると次にやるのは再インストールです。XMBからtorneのソフトウェアを削除し、ディスクを突っ込んで再びインストールします。

ちなみにソフトウェアの削除&インストールだけなら、予約データや録画済み番組には影響がありません。torneを起動したまましばらく様子を見ます。

---しばし放置---

こちらも効果はない模様。残る手段はゲームデータの削除です。

この作業を実行すると、torneが完璧に初期化されます。予約データはもちろん、これまでに視聴した番組のデータ(チャート)もクリアされ、外付けHDDの登録情報もなくなるため(物理的にファイルが残っていたとしても)録画済みの番組が見れなくなります。

内蔵HDDに録画した番組に関しては検証していないのですが、見れなくなる可能性は高いと思います。くれぐれもご注意を。

このため、まず未視聴のビデオをすべて消化しておきます。そして、確実に予約データも消えてしまうので、手書きで予約番組の情報をメモしておきます。準備が整ったらいよいよ作業に入ります。

XMBの「ゲーム」→「ゲームデータ管理」の中にあるtorneというファイルを削除します。

その後、torneを起動するとセーフエリアの設定やチャネルスキャンなど、購入当時と同じ作業をします。当然、番組表のデータもゼロからの受信し直しとなります。受信結果が分かるまでには少し時間が必要なので、torneを起動したまま放置します。

---しばし放置---

さすがに今回は番組表データを取得してくれるようです。番組情報の取得も「OK」になりました。しかし、番組表のところどころに空欄があります。

どうやらtorneは番組表を90%以上受信すると「OK」と表示してしまうようです。とりあえず、空欄を強制受信で埋め、また様子を見ることにします。

---翌日--

番組表の受信率は「80%」となっております。番組表データを受信するためにtorneを起動したまま放置します。これで受信できれば大丈夫でしょう。

---しばし放置---

すっかり受信してくれました。これで根治なのだと信じたいところ。今回の方法はデメリットが多く、万人にお勧めできるものではありませんが、もし、番組表データが受信できずに困っており、なおかつ「トロフィーなどいらんッ」という方はお試しください。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ