さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2014/09/05

Windowsタブレットを購入してみる

色は派手な黄色を選んでみました
マイクロソフトの提示する要件を満たしたメーカー(機種)にはライセンス料不要で搭載できるという"Windows 8.1 with Bing"。俗に"0円Windows"などと呼ばれますが、チラホラと製品も登場してきております。

その中でも注目を集めているのがVoyoの"WinPad A1 Mini"という製品。スペック的には最新といえるモノではありませんが、一応Windows8.1の動作するタブレットPCが実売2万円以下で購入できるという事実に衝撃を受けました。

基本的に高価であるWindowsタブレットにはソソられなかったのですが、ここまでのお手頃価格となると話は別。国内でもショップを選べばそれなりに安く購入できるのですが、さらに(ほんの少しだけ)安くしようと海外通販してみることに。

今回利用したのは"Banggood.com"という、それなりにメジャーなガジェット系通販サイト。ちょっと検索すれば、参考になる意見を多数見ることができます。

噂によると、こちらで"WinPad A1 Mini"を購入すると元の箱には入っておらず、テキトーな発泡スチロールの容器に内容品が詰め込まれた状態で送られてくるのだとか。少々の不安はありますが、何かあったらその時に考えるとして軽い気持ちでオーダーしました。

ここでの買い物は初めてだったのですが、ユーザー登録時にもらった5%引きのクーポンもきちんと有効でした。たった5%とバカにする事なかれ。今回の場合$8.30と結構な割り引きになります。

オーダー情報からの抜粋
ちょうど発送のアップグレード(航空小包→EMS)がプラス$8.91だったので、クーポン割り引き分はこちらに充当しました。

そんなこんなで総額はUS$166.60。PayPal経由なので為替レートがちょっと渋く、日本円での支払いは18,160円でした。

損得勘定的には、まさにハイリスク・ローリターン。この程度しか違わないのであれば国内で買った方がマシというものです。トラブルすら海外通販の醍醐味と割り切って楽しめるユーザにしかオススメできません。

2014年末にはAsusから似たようなスペックのタブレットPC"Iconia Tab 8 W"が出るらしいので、待てるのであればこちらを選ぶのがいろいろと正解かも。

また、"WinPad A1 Mini"には技適マークがついていないため、国内での使用は違法行為となりますのでご注意を。その意味でも、少し様子を見た方がよろしいかもしれません。

で、当方がオーダーしたモノは絶賛輸送中。何事もなく無事に到着することを祈るばかりです。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ