さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

vivosmart HRのバンド(ベルト?)を交換してみる

2021年9月1日  2021年9月1日 

もはや風前の灯火

前回に引き続き、今回も修理ネタ。内容としてはGARMIN(ガーミン)のアクティビティトラッカー"vivosmart HR"のバンド交換になります。

知り合いから請け負った件なのですが、写真を見てのとおりで、かろうじて薄皮一枚でつながった状態。おそらく数日の内に破壊されるであろう緊急案件です。

いつもなら、この手のパーツはAliexpressあたりで安いのを購入するのですが、到着するまでの時間がシャレにならないため、今回は国内で調達しました。さすがに速くオーダーから数日でモノが到着。

そんなこんなでサクッと作業に入ります。まずは商品チェックから。真っ先に見つけたのはエッジ部分に付いているバリでした。わずかではありますが、金型の貼り合わせ部分にシリコーン樹脂がはみ出しております。

交換作業にも実使用にも問題のないレベルではありますが、ビジュアル的によろしくありません。ということで、ニッパーをつかってバリの部分をカット。爪切りでも代用できるでしょう。エッジ部分なので本体までカットしてしまわないよう注意が必要です。

どうやら金型が甘いような雰囲気があるので、その辺に注目してみると、もうひとつ見つけました。こちらはちと深刻で、作業の障害になる可能性があります。

それは、貫通していないネジ穴。本件では4つあるネジ穴の1ヶ所が該当しております。本来空洞であるはずのネジ穴にシリコーン樹脂の薄膜が張っており、ネジを差し込むことができません。なので、穴を開けてあげる必要があります。

ちと厄介なのは、素材がシリコーン樹脂であることです。例えばキリで突っついたとしても、僅かな穴が開くだけ。いくらキリを押し込んでも穴が伸びて広がるばかりで、抜くと元の針穴に戻ってしまいます。

このため、薄膜を物理的に除去する感覚で処理しなければなりません。具体的には、1mm程度のピンバイスやドリルを使って穴を開けること。その辺りのツールを準備するのが面倒だったので、当方ではデザインナイフの先っぽを使ってグリグリと穴を開けました。

目についた不具合は上記2つな感じ。これで問題なく作業が進められそうです。まずは、オリジナルのバンドの取り外しから。バンドは2パーツに別れており、それぞれ2本のネジで本体に固定されております。

明るく写ってますが実際は濃い青(ネイビー)です

ネジにはトルクスが使用されており、ドライバーはT4が最適な感じ。今回購入したバンドには簡易的なドライバーおよびネジが付属していたので、ツールの手持ちが無くても安心です。

なお、すべての商品に当てはまるか不明なので、購入の際には工具類が付属するか否かを確認した方がよろしいかもしれません。

ネジを4本抜いて旧バンドを取り外したら、新バンドをはめてネジを締めれば完了...な訳ですが、バンドを外した本体との接合部分に皮脂や汗、ホコリなどが溜まって凄いことになっております。

気にならないのであれば、新バンドの装着作業に入っても良いのですが、どうせなら綿棒や爪楊枝、ウェットティッシュなどを使ってクリーニングすることをオススメします。

バンド取り付け時のネジ締めには注意が必要です。本製品ではタッピングネジ(いわゆる木ねじ)が使われており、変な角度で締め込んでしまうとネジ穴がバカ(ネジ山が潰れて締め込めなくなる状態)になります。

また、締め込みすぎてもねじ山を破壊してしまうことがあるため、ほどほどのところでやめておくのがよろしいかと思われます。

もうひとつ、ネジはとっても小さいので、見失うと発見は困難。なので、取り外したネジを置いておく場所の確保はもちろん、ネジ締めの際にドライバーが滑ってネジがどこかに飛んでいく、なんて事態が起こらないように注意しましょう。

そんな感じのvivosmart HRバンド交換でした。ちなみに、新バンドの感想ですが「バンド自体が柔らかく、オリジナルよりもフィット感が良い」とのこと。悪いことばかりではないようです。

価格的には冒頭のAliexpressなどを利用した方が圧倒的に安いのですが、今回のように急を要する、あるいは国際通販はちと、なんて場合には国内での通販がオススメ。例えば楽天市場Amazon.co.jpなどで取り扱いがあります。

ー記事をシェアするー
B!
タグ

コメント

ブログ内の検索

人気の投稿
ラベル