さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

【2022年度版】Blogger.com小ネタ1 -404ページ編-

2022年4月23日  2022年4月25日 
404ページ作りました

その2があるかどうかは不明ですが、"Blogger.com小ネタ1"ということでお話を少々。いつの頃からそうだったのかは不明ですが、気が付くとBlogger.com純正の404リダイレクトが機能しなくなっておりました。

正しくないURLが指定された場合に、そのURLで表示可能なコンテンツが無いことを知らせるページに自動転送する。それが404リダイレクトです。

Blogger.comのテンプレートはいろいろと編集しまくっているので、何が原因か追求するのも困難な感じではありますが、404リダイレクトが機能しないのはよろしくありません。

ということで、応急処置的に404ページを用意してみました。

Blogger.comの固定ページ(スタティックページ)を利用

まずは、URLが正しくなかった場合に表示されるページを作成します。今回利用したのは、Blogger.comの管理メニュー内の"ページ"機能で作成する固定ページ。

スタティックページを使います

Webで探してきたフリーな画像、およびメッセージとホームに戻るリンクを表示するだけの単純なページにしました。冒頭のスクリーンショットが完成品となっております。

ページのタイトルは"404 Page Not Found."。こうしておけば、Webブラウザのタブに表示される名称も、実際のURLも自動的にそれっぽくなります。

なお、"ページ"機能のオプションとして、閲覧者のコメントを受け付けない設定にしてあります。このページで無意味な機能ですので。

METAタグでリダイレクト

あらかじめお断りしておきますが、当方はHTML初級レベルですので、やっていることが正解かどうかわかりません。とりあえずは機能しますが、もしかしたらマズいやり方かもしれないので、その辺はご承知おきくだされ。

カスタマイズのドロップダウンメニュー

まずはテンプレートを改変するので、真っ先に"テーマ"→"カスタマイズ"→"バックアップ"を実施しておきます。

バックアップが完了したら、いよいよ作業開始。"テーマ"→"カスタマイズ"→"HTMLを編集"を選択し、テンプレートのエディタを開きます。エディタの検索機能で</hrad>を探し出し、その直前に以下のコードを挿入します。

<b:if cond='data:blog.pageType == "error_page"'>
    <meta content='0;URL=https://blog.hogehoge.com/p/404-page-not-found.html' http-equiv='refresh'/>
</b:if>

これは「表示しようとしたページがエラーページ(error_page)であったなら、指定のページ(ここではhttps://blog.hogehoge.com/p/404-page-not-found.html)にリダイレクトせよ」という条件式です。

あとはテンプレートを保存して動作をチェックしてみましょう。正しくないURLを入力してページを開こうとすると、用意した404ページが表示される...ハズ。

AdSenseの広告を貼っていない方は、これで作業は終了です。AdSenseを利用しており、404ページでも広告が表示される方は、もう少し作業が必要となります。

固定ページでAdSenseの広告を非表示に

当方の場合、メインコンテンツの下に広告を貼り付けているのですが、当然のことながら404ページでも広告が表示されます。

この状況はAdSense的にマズいらしいので、固定ページ全般で広告が表示されないよう設定します。なお、ここで紹介するのはHTML/JavaScriptウィジェット(ガジェット)で広告を貼り付けている場合の方法となります。

再びテンプレートを開き、対象となるウィジェットを探し出します。広告コードのユニット名で検索すると手っ取り早いかもしれません。

<b:widget から始まるウィジェットタグを編集します。以下は当方の場合のサンプルとなっております。

<b:widget id='HTML2' locked='false' title='' type='HTML' visible='true'>

ウィジェットタグのパラメータとして、id=の前に条件式(cond='data:blog.pageType != "static_page"')を挿入します。

<b:widget cond='data:blog.pageType != "static_page"' id='HTML2' locked='false' title='' type='HTML' visible='true'>

ウィジェットタグの中に条件式を入れ込んだことで、表示しようとしたページが固定ページでなかった場合に広告を表示するようになります。

もちろん、他の固定ページでも広告が表示されなくなる訳ですが、プライバシーポリシーも固定ページで表示している関係で、当方にはメリットとなっています。

けれども、他の固定ページでは広告を表示したいというユーザには、デメリットとなるかも。そんな場合には他の方法を探してみてくだされ。

そんな感じのBlogger.com小ネタ1 -404ページ編-でした。

ー記事をシェアするー
B!
タグ

コメント

ブログ検索
人気の投稿
ラベル
新着投稿