さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2010/09/09

ケータイのケースについて考える

VanNuys
クリックで拡大
モノを選ぶ際には、その用途や使用状況によって選択肢が変わってくるのは当然なお話。それは携帯電話のケースにも当てはまります。

当方が携帯電話のケースに求めた要件は、全体をカバーする形であること、使用中の携帯電話が入る範囲でスリムかつコンパクトなサイズであること、そしてデザインがクールであること、の3点です。

そうして辿り着いたのがVanNuysの「3WAY薄型携帯電話ケース」でした。

こいつは薄型の携帯電話専用にデザインされたもので、非常にスリムに仕上がってます。携帯電話をひと回り大きくした程度のサイズしかありません。

それでいて、タテ/ヨコどちらの向きにも対応するベルトループが装備されており、さらにバッグ用ストラップも付属します。

3WAY薄型携帯電話ケース
クリックで拡大
素材やカラーのバリエーションが豊富なのもポイント。防水加工された8号帆布にも惹かれたのですが、実用性と見た目の雰囲気でバリスティックナイロンをチョイスしました。

ホルスター的に体に装着することはあまりなく、ポーチ的にそのままカバンや上着のポケットに放り込んでおくことが多いので、コットン素材だと擦れてすぐに痛んでしまいそうな気がしたもので。

それでも、ポケットが少なくなる夏場はバッグ用ストラップを使って腰にぶら下げていますが、スリムなのでジャマになりません。既に2年ほど使ってますが、携帯電話もキズひとつなく、ケース自体も痛みはありません。

携帯本体がスッポリと覆われてしまうため、着信音が少々聞こえにくいうえ、ストラップでぶら下げているとバイブも無意味になってしまうのは...まぁ運用の仕方が悪いということで。

ちなみに購入先はAmazon.co.jp。今はバリスティックナイロンではなく、ほぼ同じ性能のコーデュラナイロンに変更されているようです。いずれも丈夫な素材であることは間違いなく、見た目の雰囲気はもちろん、耐久性に関しても遜色はないと思われます。


Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ