さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2010/10/05

カーボンで乗り心地を改善?

MonkeyLite CT2
ウチのGIANT ESCAPE miniにはEASTON(イーストン)の「MonkeyLite CT2」というハンドルバーが装着されております。

CFRP(いわゆるカーボン)で作られたモノ。

単純にその模様や雰囲気が好きというのもあるのですが、衝撃吸収に役立つかなぁ? 思った次第です。

ESCAPE miniに装備されているのは20インチという小径のタイヤゆえ、路面からの突き上げが結構厳しいのです。

そこで、強度としなやかさを兼ね備えるカーボンを使って見ることにしたわけです。まぁ余り物ですし。ダメ元で。明らかにオーバースペックである点はこの際無視します。

新たに購入したわけではなく、その昔MTBに装着しようと購入したのですが、なんとなく取り付けないまま放置していたモノ。長さやライズ角は少々変わりますが、ブレーキやシフトのケーブルはそのまま流用できそうなのでやってみました。

ここ1年ほど使っておりますが「ものすごく快適に」という感じではありません。気持ち衝撃吸収に役立っている...かも。ひょっとしてプラシーボ効果? という気もしないではありませんが。

もっとも、本物のMTBのハードなライディングに耐える強度を持つハンドルバーなので、(衝撃吸収という意味で)過大な期待はしておりませんでしたが。

ルックス的には最強です。元からのアルミ製ステムが貧相に見えます。なのでステムを変更...とやっていると、お金がいくらあっても足りないので、今は手を付けておりません。

性能うんぬんはともかく、カーボン好きにはお勧めのアイテムです。乗車中にも良く目に入るので、自己満足感が高めなのもポイント。種類や値段もいろいろあるのでこちら(楽天市場)も参照までに。


Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ