さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2013/08/19

どこでも扇風機

どこでも扇風機セット
特に深い意味はないのですが、今年も"エアコン未使用で過ごす夏"なブームを実践中。もちろん、何もしなければとんでもなく暑く、熱中症の危険すらあります。

なので、少しでも快適に過ごせるよう、それなりの工夫をしております。とは言え、できることはそう多くなく、せいぜい風の通り道を確保するのと、直射日光の遮断を心がける程度。

換気扇やら扇風機やら、空気を移動させることができる機器は総動員です。おかげで、リビングや寝室ではなんとか耐えられるレベルにはなっているのですが、風が抜けない場所では結構厳しいモノがあります。

特に洗面所は鬼門。ウチの場合、風が抜けにくい玄関付近に位置しているのに加え、換気設備が貧弱なため通気がよろしくありません。歯磨きをするだけで汗だくになってしまいます。

玄関の扉を開放すれば風の抜けも非常に良くなるのですが、ネコが同居している関係で今のところそれは不可能。そんな状況で少しでも洗面所を快適にすべく使用しているのが冒頭の写真のアイテムです。

USB扇風機である"Silky Wind"とモバイルバッテリである"TBF B030"とを組み合わせたモノ。USB扇風機と言うと、一般にPCのUSBポートやUSB-ACアダプタに接続して使用しますが、モバイルバッテリを電源とすることで可搬型にしてみた次第であります。

両アイテム共に比較的コンパクトなので、どこにでも気軽に置けます。さらに、"TBF B030"を台座として使えばフットプリント(投影面積)も少なくでき、狭いスペースにも対応可能。ただ、"TBF B030"がツルツルと良く滑るので、ゴムシートなどによるすべり止めはあった方がよろしいかも。

なお、"Silky Wind"にはゴム足が付いているので、バッテリだけ安定した場所に置くという方法も。USBケーブルは約1mあるので、セッティングの自由度は比較的高くなっております。

ウチの場合は、洗面台のフチにこのセットを置き、胸辺りに風が当たるように使用しております。これで万事解決という訳ではありませんが、少なくとも"歯磨きで汗だく"という事態は回避できます。

この他、物理的に扇風機を置くことが難しく、しかも風が抜けない/届かない、そんな場所ならどこでも使える便利アイテムであります。

このケースでは、たまたま手元にあった組み合わせを使用しているだけで、他のUSB扇風機やモバイルバッテリでも同様な使い方は可能。特に扇風機の方は100円ショップなどでも入手可能なので、余ったモバイルバッテリがある方には一度お試し頂きたく。

ついでと言ってはアレですが、"Silky Wind"がどれくらいの電流値で動いているのかを知るため、USB接続型の電流・電圧計測である"CT-USB-PW"をつないでみました。

消費電力は少なめ?
こちらが、その結果。弱運転で150mA、強運転で230mAとなりました。

モバイルバッテリの内部では、リチウムイオン充電池の電圧(3.6V)からUSB電源(5V)に昇圧されており、バッテリ容量から動作時間を直接算出することはできませんが、この程度の消費電流であればかなりの長時間利用が期待できます。

また、消費電力は0.75W/1.15Wと少なく、圧倒的な省エネ性もポイント。もちろん、エアコンや扇風機を置換するモノではありませんが、効果的に使用すれば電気料金の圧縮にも大きく貢献してくれることでしょう。

なお、暑い季節を少しでも快適に過ごすための工夫は他にもいろいろ。当ブログでもこんなのこんなのを試してみたりしております。参考までにご覧ただけますれば。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ