さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2013/11/27

[Android] ソウルキャリバーをPS3コントローラで遊んでみる

美しいグラフィック
Android向けのアプリとしてリリースされたバンダイナムコゲームスの3D剣劇格闘ゲーム"ソウルキャリバー"。

独自の"8WAY-RUN"や美しいグラフィックなど、注目すべきポイントは多いのですが、スマホ/タブレットに最適化されているためか操作方法はバーチャルパッドしか用意されておりません。

レバーを傾けた感覚、およびボタンを押した感触がないと気持よく遊べない旧世代のゲーマーとしては悲しい限りであります。などと嘆いていてもしかたがないので、Android端末でPS3用コントローラ(Sixaxis/DualShock3)のワイヤレス接続を可能にする"Sixaxis Controller"を試してみることに。

結果から先に書いてしまうと、とりあえずは使用可能でした。なのですが、ウチの環境ではプレイ中に突然"SoulCaliburは応答していません。このアプリを終了しますか?"のメッセージが表示されしまいます。

"待機"を選べばゲーム画面に戻るのですが、物理コントローラはもちろん、タッチパネルも無反応になってしまうため何もできません。

それなのにゲーム自体は動いているため、CPUキャラによる一方的なタコ殴り状態が続きます。しばらくすると再び先のメッセージが表示されるので、ここで"OK"を選択すればホーム画面に戻れる訳ですが。

このエラーは同じタイミングで発生するわけではなく、運が良ければクリアするまで普通に遊べるというのが難儀な点。システム、本ゲーム、"Sixaxis Controller"のどこかで相性が悪いのかもしれません。試してみようと思っている方には一応ご注意を。

話を戻します。"Sixaxis Controller"では、タッチパネルの操作をエミュレートする機能、その名も"Touch Emulation"が用意されており、物理コントローラがサポートされていないゲームでもPS3用コントローラを使うことができます。

セッティング中はこんな雰囲気
その基本的な設定方法は、ボタンが写っているスクリーンショットを用意して、"Touch Emulation"のエディット画面で読み込み、ボタンとレバーの機能を画像に合わせて配置してセーブ、という流れになります。

こちらの投稿にて、もう少し詳しく解説しておりますのでご参照いただけますれば。

ボタンの配置に関しては適当で良いのですが、レバーに限っては厳密な位置合わせが必要となります。"Sixaxis Controller"での設定とゲーム内のレバー位置がずれている場合、例えばダッシュしたいのにしゃがんでしまう、まっすぐ走りたいのに軸がずれてしまう、などの問題が発生します。ここでは、その位置合わせに関するTipsをご紹介。

まずは、システムの"設定"→"開発者向けオプション"の中にある"タップを表示"機能を有効にします。この機能により、タッチパネルの接触部分に白丸が描画されるようになり、タッチ位置が判別できるようになります。もちろん、"Sixaxis Controller"の"Touch Emulation"にも有効。

以降は通常のゲームプレイと同じ手順となりますが、"Sixaxis Controller"を起動して作成したプロファイルを選択して"ソウルキャリバー"でPS3用コントローラが使えるようにしておきます。

その後"ソウルキャリバー"を起動し、ゲーム内の"OPTIONS"→"CONTROLLER SETTING"を選択したら、画面右上のスライダーを右端に寄せてバーチャルパッドのレバーとボタンがはっきりと見えるようにします。これで準備は完了。

ゲームのトップメニューに戻り、ゲームをスタートさせます。モードはどれでも構いませんが、ゆったりと作業できるので"PRACTICE"がオススメ。

レバー上の白丸がタッチ位置
PS3用コントローラのレバーやボタンを操作すると、画面のバーチャルパッドの対応部分に白丸が表示されます。

こちらのスクリーンショットは、PS3用コントローラの左レバーを右に傾けて前ダッシュした状態を撮影したもの。

白丸が動き出す場所が"Sixaxis Controller"で設定したレバーの中心位置となりますので、これをバーチャルパッドのレバーの中心と一致するよう調整します。

裏で"Touch Emulation"のエディット画面が動いている状態であれば、アプリの履歴から切り替えて位置を調整してセーブするだけで変更が有効となりますので、行ったり来たりしながらバッチリの位置に合わせましょう。

位置合わせがほぼ終了した段階での動画をこちらに上げておきます。レバーやボタンの上に白丸が表示される様子が確認できるかと。

設定が完了したら、タップ表示の視覚化をオフにするのを忘れずに。また、ゲーム内の"CONTROLLER SETTING"にて画面右上のスライダーを左端までいっぱいに寄せるとバーチャルパッドが見えなくなるので、物理コントローラを使用する場合には快適にプレイできます。

なお、"Nexus7(2012)"用に作成したプロファイルをこちらに置いておきますのでご入用の方はどうぞ。ちなみに、このプロファイルはゲーム内の"CONTROLLER SETTING"で選べるボタンレイアウトの"TYPE A"専用となっております。

プロファイルはzipで固めてありますので、中にある"SoulCalibur.cfg.map"を取り出し、/sdcard/data/com.dancingpixelstudios.sixaxiscontroller/profiles/に保存すれば使用可能となります。

何かの参考になりますれば。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ