さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2018/08/19

[Magisk] ポケモンGoが起動できない件に対処してみる

こうなると何もできません
Magiskを導入したAndroid環境において、バージョン0.115.2以降のポケモンGoが起動できないという事案が発生中。

ポケモンGoのアプリを起動すると、こちらのスクリーンショットのような画面が表示され、ゲームを進めることができません。

どうやら、位置偽装などのチート行為を防止する仕組みが新たに導入されたらしく、それが正しく機能している様子。

が、チート行為を目的としない健全な(?)Magiskユーザには、ちょっと迷惑な話だったりします。ということで、その事案に対する(とりあえずの)回避策などを簡単にご紹介しようかと。

作業自体は極めて簡単です。ドロワーの中にある"Magisk Manager"を開き、左上の3本線のメニューボタンから設定をオープン。項目の中ほどにある"Magisk Managerを隠す"をタップしてパッケージ名を変更します。

続いて、適当なファイル管理アプリを使って内蔵ストレージにアクセスし、"MagiskManager"フォルダを削除すればOK。このフォルダは基本的にMagiskがダウンロードしたファイルを保管する場所なので、削除しても特に問題はありません。

当方の環境ではフォルダの中にパッチ済みboot.imgがあったので削除は避け、フォルダ名の変更により対処しました。こちらの方法でも問題なくポケモンGoを起動することができます。

なお、パッケージ名変更により、Magiskに内蔵されたSafetyNetのチェック機能が使えなくなります。この機能が必須な方にはご注意を。他のSafetyNetチェック系アプリは動作しますので、必要な方はそれらを使用しましょう。

ここで取り上げた回避策は場当たり的なモノであり、将来的にはポケモンGo側で対策される可能性はあります。

が、うっかりアップデートしてしまい、現在進行系で困っている方には有用なソリューションとなるハズ。似たような境遇の方には一度お試しいただきたく。


【おすすめ記事】

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ