さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2019/12/01

懸賞の応募でちょっとだけ楽をしてみる

アプリでコードを読み取り
商品パッケージの内側などにプリントされたコードを、Webのフォームに入力して応募する。ってのは今どきの懸賞でありがちなパターンです。

ハガキに応募券を貼って、住所・氏名など必要事項を書き込んで投函する。という昔の方法よりは手間がかからなくなりました。

が、これとは別の意味で少し面倒なことになっております。

というのも、その応募用のコードがアルファベットや数字で12~14文字と妙に長く、入力ミスを誘います。意味のない文字列とにらめっこしながら手入力するのはそれなりに苦痛であり、応募ボタンを押した瞬間に「コードが違います」などと言われると軽くイラつきます。

そんな状況を少し改善してくれるかもしれないのが、スマホのOCRアプリを活用する方法。今回は、"テキストスキャナー[OCR 日本語対応]"というアプリを試してみました。

使い方は簡単で、アプリを起動して対象となるコードを読み取るだけ。コードはテキストとして表示されるので、これをコピーして応募フォームにペーストすればOK。

認識率はそれなりに高く、ほとんどの場合でバシッと読み込んでくれます。が、中には苦手とする文字の並びがあるようで、アルファベットのみで構成されたコードを読み取った場合、ZとN辺りの認識がちと弱い感じ。

冒頭のスクリーンショットが実際の操作イメージになります。某スナック菓子のパッケージ内側にプリントされたコードを読み取ろうとしておりますが、対象のコードを画面内に捉え、中央下部にある青ボタンをタップすれば撮影は完了。

正しく読み取ってくれてます
一瞬のタイムラグの後、結果が画面に表示されます。ちなみに、OCR処理自体はサーバ側で行っているらしく、遅い回線に接続した状況では少し待たされます。

で、今回の読み取り結果ですが、コード自体は正しいものの、下線が引かれ、リンク付きのテキストになっております。

これは、コードが数字で構成されており「この文字列は電話番号である」とアプリが判断したため。なので、リンクをタップするとダイヤラーが起動します。コピーする場合には、対象の文字列を長押しすればOK。

他のOCRアプリでは、紙の文章を読み取り、PDFとして保存する。という動作が前提となっているため、今回のような使い方には向きません。

が、この"テキストスキャナー[OCR 日本語対応]"は、メールアドレスやURL、電話番号などの読み取りに特化しており、文字列をプレーンテキストにすることを目的としています。なので、他アプリでのデータ活用がとってもスムーズ。

コード以外の文字列が多数ある例として、スクラッチ式のカードを使用するコンビニのキャンペーン応募でも使ってみました。結果は良さげな感じで、コードをきちんと読み取ってくれました。

が、画角に入ったすべての文字をテキスト化するため、コード以外の文字が散乱するごちゃごちゃした画面になります。ただ、URLも読み取ってくれるので、応募フォームをサクッと開けるのはなかなかに便利。

そんなこんなで、Webでコードを入力する系の懸賞が面倒に思えるなら、一度お試しいただきたいアプリでありました。

【おすすめ記事】

0 件のコメント:

以前の投稿へ ホームへ