さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2010/09/19

木屋というブランドを試す

はがねの爪切り(大)
先の投稿にて注文した爪切りが到着しました。木屋の「はがねの爪切り」。

サイズは大きい方...なのですが、一般的な爪切りのサイズとしては小さい部類に入るような気が。

Amazonでは木屋の爪切りとして、黒のタイプと銀のタイプが売っています。

前者はおそらく黒染めで仕上げられたものと予想され、錆に弱そうな感じ。ちょっとだけ高いですがクロムメッキの方を選んでみました。某懸賞で500円分のAmaozn商品券がもらえたので「プチ贅沢しちゃえ♪」というのもあったりなかったり。

まずは外観からチェックします。レバーの部分は梨地仕上げになっており、なかなか肌触りが良いです。ただその表面処理のせいで「KIYA」の刻印がボケちゃってるのが残念なところ。なお、本体の方は普通に光沢のあるメッキ仕上げです。

重さは、ごく普通。サイズにしては重めですが、驚くほど重いというわけでもありません。作り自体はしっかりとしており、長持ちしてくれそうな予感です。

そんなわけで実際に爪を切ってみました。

パチンパチンと良く切れます。たまに切った爪を取りこぼしてしまうのはご愛嬌。何と言うか「良くできた爪切り」といった感じ。感動するほどの切れ味ではありませんが、普通に切れます。

本製品の最大のメリットは、ブランド物を持つ満足感とか優越感に近いものかもしれません。そういった意味では、まぁ満足の行くモノではあります。

言うまでもなく今回はこちらのショップ(Amazon)で購入しました。単品のオーダーだったのでメール便配送になってしまったのですが、なぜか超スピードで注文した翌日に到着。めずらしいこともあるものです。


Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ