さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2013/04/17

[Nexus7] PS3コントローラで"PAC-MAN+Tournament"を遊んでみる

ロゴはNAMCOのまんまです
MoMA(ニューヨーク近代美術館)のパーマネントコレクションとしても有名な、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)による名作ゲーム"PAC-MAN"。その最新版かもしれないAndroidアプリ"PAC-MAN+Tournament"で遊んでみました。

画面を見る限り、雰囲気はオリジナルの"PAC-MAN"に忠実な様子。

アプリは基本無料で、いろいろと遊びたい場合にはトークンと呼ばれるコインが必要となる...というシステム。トークンは、ゲームの最中にトロフィー的要素で増えることもあるようですが、リアルマネーで購入することもできます。

操作方法には、スワイプとジョイスティックの2つが用意されております。スワイプは、画面のどこでも上下左右にスワイプすればパックマンがその方向に動く、という方式。

ジョイスティックは、画面上に描かれたジョイスティックを操作してパックマンをコントロールする方式。操作方法はジョイスティックのイラスト周辺をタップすると、その方向にレバーが傾くようになっております。こちらの方式は、縦画面でしか使用できません。(横画面ではジョイスティックが描画されないため)

背景=ランドスケープ?
また、ジョイスティックを選んだとしても、外付けのコントローラは使用不可。ホスト機能を持つデバイスでコントローラを有線接続しても反応しません。

この手のゲームをタッチパネル操作するのは非常に困難であり、外付けのコントローラが非対応なのは残念なところです。

ということで、rootedなAndroid端末でPS3用コントローラ(SixaxisまたはDualShock3)を使用可能にする"Sixaxis Controller"(有料)を使ってみることに。

"Sixaxis Controller"の詳細やインストールに関しては、こちらの過去記事をご参照くだされ。また、PC不要でのペアリングコード書き換えはこちらの過去記事が参考になるかと。

"Sixaxis Controller"には、タッチパネルエミュレーションという機能が搭載されており、タッチパネルでしか操作できないアプリをPC3用コントローラで操作することができるようになります。こちらも過去記事で紹介しているので、設定方法などはそちらをご参照いただきたく。

しかも、操作に使用するのは上下左右の4方向だけなので楽勝...と思っておったですが、これが結構クセモノでした。

アプリの設定をジョイスティックにして十字キーの各ボタンに上下左右を割り当ててみたり、アプリ設定をスワイプにして上下左右のスワイプボタンを割り当ててみたりしたのですが、思うように操作できません。

特に重要なコーナリングがギクシャクしてしまい、モンスター達の厳しい追跡をかわすことができません。

こんな感じで設定しました
いろいろとセッティングを変更してみたのですが、状況は変わらず。

仕方がないので、設定項目が豊富なアナログスティックを使用することにしました。こちらが試行錯誤を重ねて決定したセッティングの画面。

これなら、比較的まともに操作することができます。モンスターの足が遅くなるトンネルに入って左右のレバガチャでモンスターを引き付ける、なんて操作も問題なし。コーナリングもスムーズです。

外付けコントローラが使用可能になったとしても、自分のスキルが上がる訳ではないので難しさはそのまま。けれども、タッチパネル操作のストレスはかなり軽減できるかと思われます。興味のある方は一度お試しあれ。

なお、今回作成した"Sixaxis Controller"用の設定ファイルはこちらに置いておきますので、そのまま使うなり、たたき台にするなりご自由にどうぞ。

zipで固めてありますので、「PACMAN-T-sixaxis.cfg.map」を取り出し、"Sixaxis Controller"のデータフォルダ内にある"profiles"に入れ、"Sixaxis Controller"のメイン画面でプロファイルを選択すれば使用可能となります。

ちなみにAndorid4.2.2を搭載した"Nexus7"の場合、/storege/emulated/0/data/com.dancingpixelstudios.sixaxiscontroller/profiles/が保存先となります。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ