さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2011/08/09

AndroidでPS3コントローラを使ってみる

もちろんワイヤレスです
Android端末でPlayStation3のコントローラ(DUALSHOCK3またはSIXAXIS)を使えるようにするアプリ『Sixaxis Controller』がリリースされました。という訳で、さっそくインストールしてみることに。

なお、『Sixaxis Controller』は有料(本投稿の執筆時点では137円)で、なおかつ要ROOTなアプリなのでご注意を。

PS3のコントローラは、BluetoothによってPS3本体と通信しているのですが、特殊な方法でペアリングを行なうため、そのままでは、他のBluetooth機器のコントローラとしては使用できません。

『Sixaxis Controller』も例に洩れず、ちと面倒な手順が必要となります。とは言え、一度ペアリングを実施してしまえば、後は通常のBluetooth機器と同様簡単・便利に使えます。

『Sixaxis Controller』を使うための主な手順は以下の通り。ここで紹介する方法の場合、Windows PCが必要となります。

(1)Androidアプリ「Sixaxis Compatibility Checker」をインストール
(2)手動でペアリング情報を書き換える『SixAxisPairTool』をインストール
(3)互換性をチェック
(4)問題がなければ『Sixaxis Controller』を買ってインストール

では、各作業を細かく紹介しましょう。

■『Sixaxis Compatibility Checker』をインストールする

まずは『Sixaxis Controller』を使用するのに、対応端末かどうかをチェックする『Sixaxis Compatibility Checker』というアプリをインストールします。Androidマーケットのこちらのページからダウンロード/インストールしてください。

このアドレスを控えておく
インストールしたらアプリを起動し、画面左上の「Start」ボタンをタップします。

すると、その端末の「Local Bluetooth Address」が表示されます。この文字列は後で使用するため、メモするか、端末を起動したまま次の作業に移ってくだされ。

何かの拍子にダイアログが消えてしまっても、画面左下を見ればOK。

次はペアリング情報の参照と書き換えを行います。

※アプリのバージョンアップにより、『Sixaxis Controller』内でペアリングが実行可能となりました。が、それを確かめられる環境がないため、そこに関しては記述できません。ご了承くだされ。

■『SixAxisPairTool』をインストールする

本ツールはWindows用のソフトウェアで、PS3コントローラのペアリング情報を手動で書き換えるために使用します。ペアリング情報を書き換えると、再びペアリングするまでPS3で使用することはできなくなりますので、余っているコントローラを使用することをお勧めします。

まずはこちらのページから『SixaxisPairToolSetup-0.2.3.exe』をダウンロードし、PCにインストールします。なお、バージョン違いでファイル名が異なる場合もあります。

ダウンロードしたファイルは、実行可能なファイル形式なので、ダブルクリックなどしてインストールを開始します。なお、『SixAxisPairTool』と同時に『Microsoft Visual C++ Redistributable』がインストールされるのですが、ウチの環境(Windows Vista 32bit版)では、「Visual C++の64bit版がインストールできませんでした」的なメッセージが表示されます。

けれども、32bit版の方は問題なくインストールされたようで、『SixAxisPairTool』は問題なく使用可能でした。『Visual C++』のインストーラがアホ(または日本語が不自由)なのかも。

シンプルなウィンドウが1枚開くだけです
インストール後に『SixAxisPairTool』を起動します。ウィンドウ上部の「Current Master」のところは「No device found...」と表示され、その下の「Change Master」の部分は空欄になっているかと思いますが、これで正常動作です。

次にAndroid用に使ってしまってもかまわないPS3コントローラを、PCにUSBケーブルで接続します。するとドライバーが自動的にインストールされ、先程「No device found...」だった部分に、「Local Bluetooth Address」が表示されます。これが、現在ペアリング中の相手(PS3)のコードとなります。

Android端末とのペアリングを手動で設定するため、「Change Master」の部分に、『Sixaxis Compatibility Checker』で判明した「Local Bluetooth Address」を入力し、「Update」ボタンをクリックします。

これでPS3コントローラの「Current Master」の書き換えが完了。以上で、PCを使用する作業は終了となります。

■互換性をチェックする

このダイアログが表示されればOK
再び『Sixaxis Compatibility Checker』に戻り、PS3コントローラのPSボタンを押してAndroid端末と接続してみます。

接続に問題がなければ図のようなダイアログが表示されます。なお、ダイアログを閉じた後にPS3コントローラのボタンを押してみると、各ボタンのUP/DOWN状態を示すテキストがズラズラと表示され、正しく動作しているのが分かります。

■『Sixaxis Controller』をインストールする

やっと本編である『Sixaxis Controller』のダウンロード/インストールです。ダウンロードはこちらのページからどうぞ。最初にも書きましたが有料かつ要ROOTなアプリなのでご注意を。

アプリを起動すると言語とキーボードの設定が求められます。本アプリはIMEとして動作するため、Androidの「設定」にて『Sixaxis Controller』にチェックを入れて有効にしなければなりません。

『Sixaxis Controller』を有効にしたら、アプリの画面に戻って「Change Input Method」をタップ。『Sixaxis Controller』を選択します。

後は「Start」ボタンをタップしてPS3コントローラのPSボタンを押せば自動的に接続されます。これで他のアプリでもPS3コントローラが使用可能となった訳です。

なお、次回以降の起動時に『Sixaxis Controller』を使用する場合には、「Start」ボタンをタップして、PSボタンを押し、最後にIMEを切り替えればOKです。

長くなりましたので、実際の使用感はまたの機会にでも。

***Edit***
『Sixaxis Controller』に関する投稿はこちらにまとめられております。興味のある方はぜひ。なおNexus7での設定に関してはこちらの投稿が参考になるかと。


Related Posts with Thumbnails

5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

これはすごいアプリですね
ところで質問なのですが、AndroidとペアリングさせたPS3コントローラーは再びPS3と接続できるのでしょうか?

WHMaster さんのコメント...

戻す方はえらく簡単です。

コントローラとPS3本体をUSBケーブルでつなぎ、PS3本体の電源スイッチをONにすれば自動的にペアリングが実施されます。

WHMaster さんのコメント...

慌てて書いたので手順がひとつ抜け落ちておりました。正確には以下の通りです。

コントローラとPS3本体をUSBケーブルでつなぎ、PS3本体の電源スイッチをONにした後、コントローラのPSボタンを押せば自動的にペアリングが実施されます。

ちなみに起動している状態のPS3につないでPSボタンを押すという方法でもOKです。

匿名 さんのコメント...

とても参考になりました。
この記事が投稿されたのは3年移譲前ですが近頃Android用ゲームパッドなるものも続々と出てくる中、Android端末のゲーミングデバイスの先駆者的存在といえますね。

ところで最後の『Sixaxis Controller』に関する投稿のリンクがおかしくなっていますよ~

WHMaster さんのコメント...

Android用のゲームパッドとしては現役バリバリです。先日のアップデートでLollipopにも対応したようですし。

リンクのご指摘ありがとうございました。さっそく修正しておきました。

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ