さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2014/09/09

Pushbulletを試してみる

こんな情報をやり取りできます。
Windowsタブレットもオーダーしたことだし、ここいらでAndroidとWindowsの連携を強化してみることに。

どうせならいろいろとできた方が便利なのでその方向で探してみると、PCとスマートデバイス(スマホやタブレット)との間でいろいろな情報を共有できる"Pushbullet"というアプリが見つかりました。

このアプリはさまざまな環境に対応しているのですが、今回はAndroid用アプリとWindows用デスクトップアプリ(ベータ版)の組み合わせを使用しております。で、実際に何ができるのかというと、メモ、リンク(URL)、住所、リスト、画像、ファイルといった情報をやり取りすることができます。

なお、利用の際にはGoogleアカウントならびにインターネット接続が必須。それは、デバイス(アプリ)とGoogleアカウントをヒモ付けし、インターネット経由でデータをやり取りする...という仕組みになっているためであります。

"Pushbullet"では、スマートデバイスでお馴染みの"通知"をベースとしたインターフェースでさまざまな情報をやり取りします。「Windowsの通知って何?」という疑問が生じると思われますが、"Pushbullet"のデスクトップアプリを使用すると、スマートデバイスの通知モドキを表示できるようになります。

Windows画面の通知モドキ
こちらがAndroid端末からPCにメモを送った場合の通知モドキ。

Windows画面の右下に小さなウィンドウが表示され、そこに送られてきたメッセージなどが表示されます。まさに、スマートデバイスの通知感覚。

また、通知をクリックすれば、リンクの場合にはデフォルトブラウザで、画像の場合にはデフォルトのプレビューソフトまたはブラウザで、ダイレクトに開くことができます。

さらに、"Pushbullet"のWebページを開けば通知の履歴が確認可能。その際、住所であればGoogleマップで開いたり、画像やファイルであればリンクからダウンロードしたりすることができます。なお、履歴の参照は"Pushbullet"の利用者のみとなっておりますのでご注意を。

Androidの通知はいつも通り
そしてコチラは、WindowsからAndroidにメモを送った場合の概念図。

Windowsのデスクトップアプリを使って入力・送信すると、Android端末の画面には通知として表示される。という流れになっております。

メモやファイルのやり取りなど基本的な機能はWebブラウザ(とプラグイン)でも実現できるのですが、デスクトップアプリを使用すると更に便利に活用することができます。

先に紹介したWindowsの通知モドキもそのひとつなのですが、それ以外にも2つほど機能が追加となります。そのひとつがクリップボードの共有機能。

例えば、WindowsでコピーしたテキストをAndroidでペーストする、なんてことが普通にできるようになります。もちろん、その逆も同様。テキスト情報しか扱えませんが、それだけでも非常に便利な機能となっております。

通知をリモート環境で確認
そしてもうひとつが通知のミラーリング。スマートデバイスが受け取った通知をWindowsの画面に表示する機能です。

こちらはAndroidの"Battery Mix"というアプリによる通知がWindows画面に表示された状態のサンプル。

Windows側から何かのアクションを起こせる訳ではない(※1)のですが、スマホをカバンにしまったまま通知内容の確認ができるなど、結構便利に使えます。通知のミラーリングはアプリごとに指定できるのでうるさく感じることもありません。

また、デスクトップアプリによって実現するこれらの機能はいずれもON/OFF可能なので、不要ならば使わない選択もアリです。

といった感じで非常に便利なツールではあるのですが、インフラとしてインターネットを使用したり、画像やファイル、通知自体を外部サーバ(amazonaws.com)に保存したりするなど、セキュリティ的に少々不安な面もあります。

アプリの利便性や安全性、デベロッパーの信頼性などを考慮しつつ、最終的な判断はご自身でよろしくお願いしたく。

***Edit***
※1
Windows画面に表示されたGmailアプリからの通知をクリックするとWebブラウザ経由でGmailのページを開くことができました。


Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ