さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2017/08/16

アクティブタイプのタッチペンを試してみる

アクティブタイプならではの細いペン先
以前から興味はあったものの、モノの評判があまりよろしくないようでちょっと敬遠していたアクティブタイプのタッチペン。

内蔵した電子回路とバッテリによりペン先に静電気を発生させることで、指で直接触れることなくスマホやタブレットのタッチパネル(静電容量方式)の操作を実現する...というアイテムです。

機種やアプリに依存しないため、タッチパネルを搭載したほとんどのデバイスで使用できるのがポイント。その代わり、筆圧感知など特別な機能はありません。あくまで指の代わりをするだけのモノとなっております。

デバイスやアプリと連携する訳でもないので、スイッチをONにすれば即座に使用可能となるのも特長といえるかもしれません。

その黎明期には種類も数えるほどしかありませんでしたが、技術的にも原価的にも熟成されてきたようで、現在ではモノも豊富になってきました。この辺が機運であると判断し、とりあえず購入してみることに。

どうせなら、ということでペン先が金属製のこちらの製品を選んでみました。ちなみに、一般的なアクティブタイプのタッチペンでは、樹脂製のペン先が採用されております。

金属製と樹脂製の違いは主に強度。当然のことながら樹脂製は(金属製に比べて)柔らかく、使用に伴って摩耗や変形などが発生します。そのため、交換用のペン先が付属する製品が販売されていたりします。

一方、金属製のペン先は丈夫さが取り柄ですが、タッチパネルへの当りが強いというデメリットも。要するに硬すぎてタッチパネルを傷つける可能性がある訳です。そのため、製品の注意書きでは液晶保護フィルムの使用が推奨されております。

また、使用時にはペン先がタッチパネル(または液晶保護フィルム)に触れる訳ですが、その際にカチカチと音がします。硬いもの同士が当たるので当然のこと。これは樹脂/金属のどちらのペン先でも発生します。

文字も図形もそれなりにこなします
で、実際の使用感など。お絵描きアプリで落書きをしてみました。文字に関しては描画されているのを確認できるため、指先を使うよりは遥かに書きやすい感じ。

ではありますが、書道のように手を浮かせたまま動かす必要があり、一般的な筆記用具とは使用感が異なります。また、ペン先が細いからといって小さな文字がスラスラと書ける訳でもありません。大きく書くならさておき、小さな文字はそれなりに苦労します。

また、本製品ではペン先にバネが仕込まれており、サスペンション的に動作します。

ペン先がタッチパネルに当たる際の衝撃をやわらげるのが目的かと思われますが、書き味の向上という意味でも少しは役立っているのかもしれません。

追従性は非常によろしく、直線を描いたつもりが点線になってしまった...なんてことはありません。文字の下の円形や罫線はかなり素早く描画しましたが、問題なくペン先の動きが再現されています。安定的に静電気を発生することができるアクティブ方式ならではのメリットかと。

ペン先の滑りは驚異的によろしく、フリックやスワイプといったタッチパネル特有の操作で特に効果を発揮します。こうした操作を多用するゲームも快適そのもの。

指でタッチパネルを操作する場合、湿度やタッチパネルの汚れ具合など、環境的要因で滑りやすさが変化します。ゲームにおいては、時に致命傷になることも。そうした状況でもアクティブタイプのタッチペンなら安定した操作が行える訳です。

そんなこんなで総評など。外観的にはスイッチのすき間からインジケータLEDの光が漏れていたり、充電用のUSB micro Bポートがむき出しでホコリが入りそうだったりと気になる部分もない訳ではありませんが、性能的には予想以上に良好な感じ。

筆記用具的な利用を夢見ていると期待を裏切られますが、指の代わりのポインティングデバイスであることを認識した上で購入するなら、結構お勧めな製品でありました。



…続きを読む»

2017/08/11

Pokemon Goの投球練習に励んでみる

好きなだけ投球練習
この夏、Pokemon Goのシステムに大幅な変更が加えられ、最大20人で協力しつつ強大なボスキャラを攻略するレイドバトルが実装されました。

見知らぬ人がジムと呼ばれる仮想スポットに集まってプレイすることとなり、どうしても殺伐とした雰囲気になりがち。が、時にはMC的なことを得意とするユーザがその場を仕切り、泡沫(うたかた)のコミュニティが形成されることもあります。

オンラインでの協力プレイというのは良くあるパターンですが、実際に顔を合わせての協力プレイはなかなかに新鮮な感じであります。で、そのレイドバトルに伝説のポケモンが登場するようになりました。

通常のポケモンとは異なり、レイドバトルにしか現れず、フィールドでの捕獲は不可能。欲しければ、まずレイドバトルで対決して倒さなければなりません。けれども、頭数さえ足りていれば、倒すのは比較的簡単。

が、捕獲となると話は別です。こちらは、ボールを投げて運が良ければゲットできるという通常のポケモン捕獲パターンを踏襲しており、個人の運とスキルが重要に。倒すのは協力プレイだけど、捕獲に関しては完全に個人プレイな訳です。

で、この伝説のポケモンに関しては捕獲率が極端に低く設定されており、簡単には捕まえられません。さらに、距離が遠かったり、投球のタイミングがシビアだったりして命中率を上げるのも難しくなっております。

これまで投球を意識してこなかった当方のようなユーザには辛いものがあります。フィールドで良く見かけるポケモンはテキトーにボールを投げるだけでもなんとかなったりしますが、伝説のポケモンにそれは通じません。

特にファイヤーと呼ばれるポケモン。見た目よりも遠くにいるらしく、思いっきりボールを投げたつもりでも届きません。手前に落下してコロコロと奥に転がっていくボールを為す術なく見送るだけの虚無感。

要するに投球が下手くそな訳です。ならば練習するしかありません。とは言え、実際のプレイで投げ込むのはボールの無駄が多すぎ。しかも、簡単に当たってしまう雑魚キャラ相手では練習になりません。

そんなこんなで、"Throwing Practice for Pokemon GO"を試してみることに。タイトルのまんまですが、機能的にはPokemon Goの投球シミュレータとなっております。

冒頭のスクリーンショットがメインの画面。中央にあるマトに向かってボールを投げるだけのアプリで、得点やミッションのクリアといった目的はありません。マトはポケモンの位置を示しており、距離や高さ、カメラアングル、マトの大きさは自在に設定可能。

プリセットから選択
また、ボールの軌道計算にはUnityによる物理演算が使用されており、円弧の軌道で目的の場所に当てるカーブボールを投げることもできます。

さらに、一部ポケモンのデータを再現するプリセットも用意されており、お手軽に練習することもできます。

ここでは、カイリュー(DRAGONITE)を選択してみました。伝説のポケモンと同じ飛行タイプであるのに加え、フィールドに登場するポケモンとしてはボールの当てにくさも一級品。これなら練習に最適です。

あとはもう、納得行くまで投げまくり。カーブボールであれば、左右のどちらに投げるのが自分に合っているか、指とタッチペンではフィーリングがどのように変わるのか、など実際のゲームで試すのは気が引けるようなことでもチャレンジできます。

本物のPokemon Goと比較して微妙な違いを感じない訳ではありませんが、投球シミュレータとしては良くできている感じです。少なくとも投球感を養うには必要にして十分。

ただ、マトの位置は固定である点には注意が必要です。実際のポケモンはトリッキーな動きをする場合があり、これは実際のゲームプレイにて慣れるしかありません。

とりあえず、伝説のポケモンは期間限定ですが、今回限りということもなさそうなので、来るべき再登場に向けて投球練習をしておきたい諸氏にもお勧めのアプリ。

カーブボールを使用するとわずかながら取得経験値が増えるのに加え、ポケモンの捕獲率も若干あがるらしく、どうせならこの機会に習得してしまおう、などと考える今日このごろです。



…続きを読む»

2017/08/05

PQI Connect 203を試してみる

いい気になって2個購入
極小サイズのmicroSDカードリーダー"PQI Connect 203"を購入してみました。これまで使用してきたI-O DATAの"IS-ADP"が壊れてしまったため。

意外と早く壊れるものだと感じたのですが、実は3年と少々が経過しており、製品に問題がある訳ではなさそう。で、再び同じモノを購入しようと思ったのですが、すでに生産は終了しておりました。

終わっちゃった製品を買うのもなぁ...と思い、他を当たってみるものの、満足できる製品は見つからず。で、行き着いたのが上記写真の品でした。これが"IS-ADP"にそっくり。

実際に手元に届いたモノを確認してみたところ、ロゴやレーザーマーキングなど装飾的な部分は異なりますが、フォルムも機能もまったく同じ。どちらも台湾辺りのメーカーによるODMなのではないかと思われます。

見てのとおり、本体にはUSB AコネクタとUSB micro Bコネクタが搭載されており、PCのUSBポートはもちろんUSB OTGに対応したスマートフォン/タブレットのUSB micro Bポートでも使用可能。

また、microSDカードは、USB Aコネクタ内の空きスペースに挿入するため、非常にコンパクトなパッケージングとなっております。

microSDカードのUHSスピードクラスに関する記述は見当たらないので、特別リードライトが速いということはなさそうな雰囲気。それでも適当なmicroSDカードを使用すればそれなりの転送速度となります。

ウチでの書き込みスピードはこんな感じ
こちらは、Samsungの64GBなmicroSDカード"MB-MC32GA/ECO"を使用した場合のスクリーンショットとなります。

ウチの環境では、という前提付きではありますが、最大で約17MB/sとなりました。ポンコツPCでもこれぐらいなので、もっと高速な環境なら結果は少し変わってくるかも。

性能的に際立った部分はありませんが、デュアルコネクタ仕様なので、データのやり取りには効果を発揮する良いアイテムです。

冒頭にて"IS-ADP"が生産終了であると書きましたが、"PQI Connect 203"もちょっと怪しい感じ。メーカーのWebでは普通に掲載されておりますが、一部ショップでは激安価格で販売されていたりします。

例えば、Amazon.co.jpのこちらのショップ(参考までに魚拓はこちら)。当方ではスペア的な意味も兼ねて2個ほど注文してみました。

マーケットプレイスでの出品ということで、不安に思う方もいるかと思われますが、ショップの運営は普通に株式会社であり、特に問題なく取引が終了しました。

また、出品者からの発送となるため単品で購入しても送料は無料で、何よりデリバリープロバイダの罠にかかる心配もありません。

ちなみに、当方が購入した時にはゆうメールで発送されました。トラッキングは不可ですが、ポスト投函なので受け取りの手間もありません。

期間&数量限定なお話ではありますが、たまにはこんなお買い得情報を掲載するのもアリなのかなぁと思ったりした次第です。



…続きを読む»

2017/07/29

Anker PowerCore Slim 5000を試してみる

片面はラバーシートで覆われております
スマホを使いつつ充電する、いわゆる重ね持ちをするのに適したモバイルバッテリが欲しくなりました。

要するに薄くてコンパクトな品。リチウムポリマーセルを使った製品で、なおかつ低容量モデルであれば必然的に薄くなるのですが、外装のデザインはモノによりけりです。

良く見るのは、オーバル形状のアルミニウムボディにセルと制御基板を入れて両側にフタをしました、ってな感じのフォルム。ミニマムデザイン的でよろしいのですが、今回のニーズに限っては少々の問題があります。

アルミニウム製品の多くは、美観の向上とキズ防止を兼ねて表面にアルマイト処理が施されております。なかなかに優れた仕上げ処理ではあるのですが、表面硬度が非常に高く、重ね持ちした場合にはスマホの背面にキズを付けてしまう可能性があります。

しかも、アルマイト処理されたアルミニウムは滑りも良く、重ね持ちした際に収まりがよろしくありません。さらに、ズレることによってキズが付きやすくなるという問題もあったり。

ということで、選んでみたのが冒頭の写真の品。Ankerの"PowerCore Slim 5000"です。大きな特徴となるのがそのデザインで、初めから重ね持ちを前提とした設計がなされております。

さらに、スマホと接する面にはラバーシートが装着されており、その反対側はラウンド処理で手に馴染みやすくなっております。厚みも10mmとスリムで、サイズ的には小さめのスマホといったイメージ。

そのサイズや重量、手で感じるフォルムやテクスチャにより、単体で手に持った際のスマホ感はなかなかのモノです。実物は見たことがないのですが、"The NoPhone"のように使えたりするかもしれません。

その他の仕様的なところでは、セルの容量が5000mAh。出力は1ポートのみで、お得意のPowerIQも搭載されております。また、Apple方式の急速充電にも対応します。

出力は最大2A。USB電子負荷でチェックしたところ、2.3Aを超えたあたりで安全回路が働いて出力が止まりました。

入力側も最大2Aで、インターフェースとしてUSB micro Bポートが用意されております。

側面と背面はラバーコーティング仕上げ
ということで、Nexus5での利用イメージがこちら。今ではコンパクトな部類に属するNexus5ですが、それよりも2回りぐらい小さめな感じとなっております。

重ね持ちの感じは快適そのもの。Nexus5の場合、背面が微妙に曲面なので収まりが今ひとつな感じではありますが、背面が平らなスマホであれば結構な一体感が味わえるハズ。

ラバーシートはサラサラのシリコーンゴム製なので、生ゴムのようにピタッと貼り付く訳ではありませんが、キズ防止には絶大なる効果を発揮します。側面や背面にはラバーコーティングが施されており、肌ざわりも良好。指紋や皮脂が目立ちにくいのもポイントです。

セル容量で5000mAhなので、ガッツリ充電したい場合には心もとない感じではありますが、使用可能時間を延長したいというニーズであれば、それなりには使えそう。

重ね持ちを目的として選ぶのであれば、選択肢のひとつに加えてもよろしいかと思われます。同クラスのモバイルバッテリと比べると少々お高めですが、独特のデザインに追加料金を払っているのだと思えば納得できる範囲。

実際のところですが、Amazon.co.jpならこんな感じ、楽天市場ならこんな感じ。いずれもAnkerの直販ショップなので安心して購入できるかと思われます。



…続きを読む»

2017/07/22

花椒塩を試してみる

みんな大好き鶏の唐揚げ
好き嫌いは別として、食べ物全般に関して特別な思い入れはありません。が、香辛料や調味料の類にはちょっとしたこだわりがあったりします。

例えば、コショウであれば粒の状態で購入して使用時にミルで挽くとか、卵料理(目玉焼きやスクランブルエッグ)においては、岩塩にハーブをブレンドした"クレイジーソルト"が欠かせないなど。

で、今回のお話は唐揚げに関して。幼い頃から馴染みのある料理ですが、食卓に並んだ時点で完成されており、そのまま味わう料理であると認識しておりました。

なので、食べる際に何かを足したりすることはなく、居酒屋などで注文すると付いてくるレモンのカケラすら積極的に使ったことはありませんでした。その行為を否定する意思はなく、当方にそうした文化がなかっただけ。

時は流れて先日のこと、唐揚げにプラスすることで妙にウマくなる"マジックパウダー"なる調味料があることを知りました。それは餃子のチェーン店である王将で購入できるらしいのですが、それを買うだけのために店に行くのもなんだかなぁ、と思っておりました。

が、それとほぼ同じモノであるらしい"花椒塩"という調味料があることも判明。これならAmazon.co.jp楽天市場でも扱いがあります。ということで、他の買い物のついでに購入してみました。

原材料は、食塩、花椒(中国の山椒)、砂糖、陳皮となっております。花椒の香りと塩味が主な要素ですが、日本の山椒のようなキョーレツな香りではなく、ほんのりと香る感じ。

見た目はまんま塩コショウ
で、本題の唐揚げで使ってみました。「マズくはないけど、感動するほどウマい訳でもない」というのが正直なところ。

味を濃くしておかず感を高めたい場合や、ビールのおつまみとして食する場合には良いパフォーマンスを発揮してくれそうです。

基本的に塩味を付ける調味料なので、応用範囲は広そう。パラパラとふりかけるだけで、そこはかとなく中華風味になるのも面白いところです。

また、チャーハンや餃子とも相性がよろしく、いつもとは一味違う感じが楽しめます。特に餃子の場合、タレを付けても皮の表面を伝って流れてしまうため、思ったとおりの味付けができなかったりします。

けれども、"花椒塩"の場合はほぼ粉なので、皮の表面に貼り付き、しっかりと味を付けることができます。

卵料理も試してみましたが、これは"クレイジーソルト"の方が良い...というか譲れない一線。マズいということはなく、ただ単に好みの問題です。中華風味の目玉焼きもナシではありません。

山椒っぽい香りがあるので、好き嫌いが分かれそうな雰囲気ではありますが、さほど高価なモノでもないので、塩味が好きな方には一度お試しいただきたく。



…続きを読む»

2017/07/15

USB電子負荷を試してみる

液晶ディスプレイ付き
USBの電力状況をチェックするのに便利な電子負荷を購入してみました。使い方としては、以前紹介したUSB抵抗器と似たような雰囲気。

が、機能や性能は飛躍的にアップしており、電圧は1~30V、最大電流は0~3.5A、最大35Wに対応。電流値は2つのノブ(メイン/微調整)で自在に設定することができます。

電源用ポートも用意されており、5V以下の低電圧状態でも計測可能。さらに、パラレル接続用のUSB A(メス)コネクタも用意されており、QuickChargeのトリガーデバイスを接続したり、もう一台のUSB電子負荷を接続したりすることで、計測能力を拡張することができます。

液晶ディスプレイの搭載も大きな特徴のひとつ。他のデバイスを使用することなく電流や電圧の状態をリアルタイムで確認することができます。

計測可能な項目も多彩で、電圧(V)、電流(A)、電力(W)、容量(mAh/Ah)、電力量(Wh)のほか、経過時間やケーブルの抵抗値(Ω)、D+およびD-にかかる電圧なども知ることができます。

さすがにすべての情報を小さなディスプレイに収めるのは難しく、数パターンの表示が用意されております。上記写真のディスプレイ右下に見えるマイクロスイッチを押すことで表示パターンの切り替えが可能。

そのディスプレイ表示ですが、当方が購入したモノは中国語表記がデフォルトになっておりました。が、マイクロスイッチを素早く6回押すことで英語表記に切り替えることができます。

また、カウントダウンタイマーも用意されており、最大24時間から1時間単位で本機が停止するまでの時間を設定可能。放電器として使う場合には便利かもしれません。

豊富な端子類
入力端子も豊富。画像左側から緑色の端子台、USB mini B、USB Type-C、USB micro B、Apple用コネクタ、外部電源入力用のUSB micro B、そして奥にはUSB Aコネクタも見えております。

さすがにUSB Bはありませんが、一般的に使用されるUSBコネクタは網羅されていると言ってよろしいかと。

Apple用コネクタというのは、最近のiPhoneやiPadで使われるアレのこと。本機に搭載されているコネクタは非リバーシブル仕様なので、ソレを名乗ることができないのだと思われます。

入力端子が充実しているため、計測時に変換ケーブルを必要としないのはありがたいところ。ダイレクトに各種コネクタで入力できるため、より正確な数値をチェックできる...ことが期待できます。特にケーブルの素性を知りたい場合に重要なポイント。

と、言った感じで非常に高機能ではあるのですが、いまひとつな点もあります。まずは放熱問題。ファン付きのヒートシンクでそれなりに放熱はできますが、大きな電力で長時間使用するには容量が足りません。

ヒートシンクは2本のネジに加え、三素子レギュレータのネジ止めを足した計3か所で固定されており、穴あけとねじ切りがクリアできれば換装は可能かも。まぁ面倒であるのは確実です。

そして、液晶ディスプレイ。ドットマトリクスなので表現力はそれなりに豊かなのですが、視野角が非常に狭く、少し斜め方向から見るだけで視認性が悪化します。

とは言え、海外通販で安いところを探せば1,600円程度で購入でき、コストパフォーマンスは高めであると思われます。国内であれば、楽天市場でも扱われておりますので、チェックしてみるのもよろしいかと。

***Edit***
Amazon.co.jpでも一応扱いはあるのですが、あまりにもアレだったりします。



…続きを読む»

以前の投稿へ ホームへ