さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2018/01/13

楽天モバイルのベーシックプランで高速データ通信を使ってみる

ベーシックプランでもOK?
普段使いのスマホでは、MVNOである楽天モバイルのSIMを使用しております。それも、同社のプランでは最安となるベーシックプランで。

通話機能を付加しても、月額基本料金が税抜き1,250円(2018年1月現在)となかなかにお手頃なプランではありますが、それには理由があって、データ通信における最高速度が200kbps(0.2Mbps)に制限されております。

転送開始時に一瞬だけ制限が解除されるバースト機能はあるものの、基本的には200kbpsの低速通信であり、インターネットの利用には大きな制限があると思った方がよろしい感じ。当方の場合、インターネットは基本的にWi-Fi環境で使用するため、なんとか使えている次第です。

で、ある日のこと、各種設定がWebで行えるメンバーズステーションをつらつら眺めていると、"高速通信容量オプション (リチャージ)購入・残高確認"の項目に目が止まりました。これは、通常プランにて設定されたデータ通信容量を使い切ってしまった場合に、追加で容量を購入できるサービス。

なので、ベーシックプランの当方には無関係と思っていたのですが、申込みページを開いてみてもベーシックプランで使えないとは書いてありません。まぁ使えるとも書いてはいない訳ですが。

そんな感じなので、ダメとなったらその時にどうにかするとして、とりあえず申し込んでみることに。追加容量を選んで申し込みボタンを押すと、特に問題もなく普通に処理が完了してしまいました。

違いは一目瞭然
ということで、実際に速度をチェックしてみたのがこちらのスクリーンショット。どちらも1回ずつ計っただけであり、環境によっても異なるので、速度そのものには注目しないでいただけますれば。あくまで、通常速度(200kbps)と制限解除時の違いを示している図ということで。

上段が制限解除時で、下段が通常時の値。当たり前ではありますが、ハッキリとした違いが現れました。なお、高速データ通信は、メンバーズステーションまたは専用アプリからON/OFFが可能となっており、この機能を使用して速度を切り替えて計測を実施しました。

さらに、テスト後に高速データ通信の残容量をチェックしてみると、きちんと使った分が減っていることを確認。ということで、楽天モバイルのベーシックプランにおいても高速データ通信は使える、という結果となりました。もしかすると、システムの不具合で使えてしまうだけの可能性も否定できませんが。

この仕組みを利用すれば一時的に高速データ通信が使えるため、例えばネット関連のイベントなどで「この時だけは普通のモバイルデータ通信が使いたい」なんて場合には便利かと。購入した分の容量は申込み翌月から3ヶ月が有効期限なので、高速データ通信をこまめにON/OFFすれば、そこそこ長く使えます。

ただ、100MB@300円、500MB@550円、1GB@980円(いずれも税抜)と少々割高なので、日常的に使うならプラン変更を考えた方がよろしい感じ。それでも、こんなワザがあるのだと覚えておくと、いつの日にか役に立つかもしれません。



…続きを読む»

2018/01/08

ケーブルマネージャを試してみる

ケーブルの着脱も簡単
机の下に設置したUSB-ACアダプタからケーブルを伸ばして机の上で使用する場合、うっかり手を離すとケーブルが逃げるように落下してしまうのはUSBケーブルあるある。

そんなマヌケな事故を防止するのがケーブルマネージャなるアイテムです。形状的にはいろいろなタイプがありますが、こちらの写真はその一例。

両面テープなどで机の端に固定し、いくつかあるスリットにUSBなどのケーブルを通して使用します。スリットのサイズには余裕があり、ケーブルはスルスルと動くけれども最終的にはコネクタで止まる、という仕組み。

以前から興味はあったのですが、これがないと困る...というシロモノでもなく、何となく手を出さずにおりました。が、先日のことAmazon.co.jpにてネコの餌を購入するついでにカートに追加してみた次第で。

モノは"ORICO CBS7-GY"なる中国ブランドの製品。検索後のリストから何となく選んでみました。あとで知ったのですが、一応メーカーとしてのWebサイトも用意されており、製品ページもちゃんとありました。

写真ではハレーションを起こして白っぽく見えますが、実際はIBM PCチックな淡いグレー。素材はシリコーンゴムと思われ、結構柔らかな感じとなっております。

スリットは7つ用意されており、最大7本のケーブルが保持可能。アバウトな計測ですがスリットのサイズは6mmほどで、一般的なUSBケーブルならほぼ問題なく通すことができます。

ケーブルをスリットにあてがって「グイ」と押し込めばケーブルの装着は完了。スリットの装着部には左右から薄い羽根が出っ張っており、簡単にケーブルが外れてしまうことはありません。

ケーブルマネージャ自体の固定には裏面の両面テープを使用します。かなり強力なタイプなので、設置の際は慎重に。はがすことは考えない方が良さそうです。

小物入れに設置
で、当方の場合ですが、座卓の手元にある小物入れに設置してみました。なお、写真は参考用ということで、広い場所に持ってきて撮影しております。

実際の設置場所では、離れた場所にあるUSB-ACアダプタからのケーブルをここに固定しておき、スマホやら何やらを充電する場合にはケーブルを引き出して充電台的に使用する、という感じ。

実際に使ってみると、ケーブルが常に整理された状態となり、必要時には目的のコネクタをサッと選出できるように。ケーブルをたどってコネクタを探す必要もなく、コネクタが床の綿埃を拾うこともありません。

が、少々のデメリットもあって、ウチのような使い方の場合、ケーブルのルートが限定的となるため、取り回しの自由度が減少。

使用時にはケーブルに無理な負荷がかからない位置取りを考える必要があり、被充電対象を置ける場所にも制限が発生することとなりました。

この点ではちょっと失敗でした。こうした設置方法の場合、マグネットによる着脱式を選ぶのが正解だったのかもしれません。例えばこんなの

それでも、整理整頓としては効果を発揮しており、そこそこには満足できる製品でありました。各種ケーブルの整理を考えているのなら、とりあえずこの手のアイテムをチェックしてみるのもよろしいかと思われます。



…続きを読む»

2017/12/30

AUKEYのUSB PDなACアダプタを試してみる

筐体はプラスチッキーな質感
各種デバイスへの充電や給電に必須のUSB-ACアダプタ。数少ないコンセントを有効活用するためには、複数のポートを備えた製品を使うのが便利です。

ウチでは、USB PD(Power Delivery)対応のUSB Type-Cポート×1とUSB Aポート×2を備え、ノーブランドながらそれなりに使い勝手の良い"LN45"が最近の主力となっておりました。

特にUSB PDでは、Nintendo SwitchのTVモード(ドック使用時)の給電用として問題なく使え、純正アダプタと置き換えることでコンセントの空きをひとつ増やすことができました。

ところが、"LN45"のUSB Type-CポートをNintendo Switch専用にしてしまうと、他の用途で使いたい場合にケーブルのコネクタを差し替える必要が生じます。さほど大きな手間ではありませんが、回数を重ねるとそのための労力もバカになりません。

USB PD対応ポートを複数備えた製品であれば問題は解決する訳ですが、今のところそのような仕様のモノは存在しないらしく、もうひとつUSB-ACアダプタを設置するのが現実的な解決策です。せっかくコンセントを空けたのに、こればっかりは致し方ない。

こうした事情で新たなUSB-ACアダプタを探していたのですが、ちょうどAUKEYから良さげなヤツがリリースされたので、これを試してみることに。

型番は"PA-Y10"で、USB PD3.0に対応したUSB Type-Cポート×1とUSB Aポート×1の2ポート仕様となっております。

驚くほどコンパクト、という訳でもありませんが、大きな出力が要求されるUSB PDに対応したACアダプタとしては小さい方かと。未使用時にはプラグを折りたたんで本体内に格納できるので携帯にも便利です。

USB PDでは5V/9V/12V/15V/20Vの出力が可能となっており、最大出力は46W。これとは別にUSB Aポートでは最大2.1A(10.5W)の出力が可能となっており、両方同時に最大56.5Wの出力を得ることができます。Qualcomm Quick Chargeも非搭載なので、これによって発生するかもしれない問題とは無縁なのもポイント。

PDOをチェック
そんなこんなで、出力可能な電圧とその最大電流を記したPDO(Power Data Object)を見てみることにします。

気になる点は2つ。まず6番目のPDOですが、内容がおかしなことになってます。これは計測に使用した機器がUSB PDのPPS(Programmable Power Supply)に非対応であるために発生した現象であり、"PA-Y10"の問題ではありません。

もうひとつ気になるのが、20V時の出力電流。製品説明やパッケージでは2.3A出力できると記載されておりますが、実際には2.25Aまでしか出力できません。

つまりUSB PDを使用した場合の出力は45Wまでで、USB Aポートの出力分と合わせた55.5Wが最大出力となります。製品説明では最大出力56.5Wとなっており、実際にはそれよりも1W少なくなります。

たかだか1Wの違いに目くじらを立てるのもアレですが、掲げる仕様と実際の状況が異なるのはそれなりに問題であるような気がします。

それはさておき、実際の使い勝手ですが、個人的には満足できるモノでした。Nintendo Switch用としては、携帯モード、テーブルモードはもちろん、TVモードでも問題なく使用可能。

12V出力も用意されており、USB PDトリガーデバイスを使ってレガシーなDCプラグ使用機器を充電することもできます。

USB Type-Cポートに関しては、充電・給電対象が接続された場合のみ通電するCold Socketだし、CCは個別にプルアップされているのも確認済み。至極まっとうな仕様となっており、安心して使用できそうです。

何より、リスクが大きな海外通販をする必要がなく、クレームも返品もお手軽なAmazon.co.jpで購入することができるのは大きなメリット。45WまでのUSB PD出力でOKなら、これを選択肢のひとつに加えるものよろしいかと思われます。



…続きを読む»

2017/12/26

ノートPCのWebカメラにフタをしてみる

その名の通りのアイテム
最近のノートPCにおいては当たり前の装備となっているWebカメラ。モニタの上部に小さな丸いレンズが付いているアレです。

ビデオ通話のようなアプリケーションで便利に使えたりする訳ですが、一方で悪意のあるソフトによる盗撮や操作ミスによる映像送信など、ちょっと危ない面もあったりします。

その手のトラブルを未然に防ぐ最も効果的な方法はWebカメラを潰してしまうこと。なにも物理的に破壊する必要はなく、シールやテープを貼るなどしてレンズに目隠しをしてしまえばそれで大丈夫な訳です。

完全にWebカメラを使用しないのであればそれで話は終了なのですが、まれにWebカメラを使いたい場合があったりするので、完全にふさいでしまうのは避けたいところ。

当方の場合、貼ったりはがしたりが楽に行えるアセテート布粘着テープを貼り付けていたのですが、それでもやっぱり面倒です。で、何か良さげなモノはないかと探してきたのが冒頭の写真の品。名前のとおりのWebカメラ用カバーです。

モノはアルミ製で、左右にスライドするフタが装備されております。ベース部分の片側には丸い穴が空いており、フタをスライドさせるとレンズまで素通しになるという構造。普段はフタを閉じてレンズをふさいでおき、必要が生じた場合にはフタをスライドさせることでWebカメラが使用可能になる訳です。

ベース部分の裏側には両面テープが付いており、台紙をはがしてWebカメラ部分に貼り付けるだけでセットアップは完了。厚みは0.7mm程度らしく、ノートPCのディスプレイを閉じた場合でもパームレストに接触することはありません。このすき間がタイトな機種だと当たる可能性も否定できませんが。

フタを開閉してみる
楕円形のベース部分は反り返るようにエッジが立っており、フタと絶妙な感じで噛み合っております。このため、スライド操作は簡単に行えるけれども、フタが脱落することはありません。

モノは試しと、楊枝でこじってフタの取り外しにチャレンジしてみましたが、簡単には外れなそうな雰囲気。なので、通常使用でフタが外れてしまうことはなさそうです。

ただ、フタの位置を固定するような仕組みはなく簡単に動いてしまうため、持ち歩き用のノートPCなどでは「気がついたらフタが空いていた」なんてこともありそう。そこだけは気をつけた方がよろしいかと思われます。

アルミ素材なので柔らかく、エッジ部分を爪で押すなどすると簡単に変形させられます。なので、フタがゆるすぎると感じたらDIYで調整も可能。やりすぎると動きが渋くなったりするので注意が必要です。

そんな感じで、手頃な価格ながらセキュリティの向上に効果...というか安心感が得られ、Webカメラの存在が気になる方にはオススメのアイテムでありました。

当方はAliExpressにてテキトーなヤツを見繕ってオーダーしましたが、国内であればAmazon.co.jp辺りでも同等の品が購入可能。興味のある方は一度お試しあれ。



…続きを読む»

2017/12/18

スマホでクルマ用のガラス系コーティング剤を試してみる

スマホ用としては大容量?
何か良さげなモノはないかとAmazonなど散策していたところ、こちらの写真の製品が目に留まりました。

モノは自動車のボディの保護とツヤ出しに使用するガラス系コーティング剤なのですが、注目したのは性能うんぬんではなくその価格。

どうやらお試し用な位置付けの製品らしく、その販売が直接的な利益に結びつかないことは素人目にも明らかです。

そうしたメーカー的事情はさておき、この価格であれば入手しやすいのは確か。本来の用途からは外れるので自己責任となりますが、これをスマートフォンのタッチパネルに使ってみよう、というのが今回のお話です。

溶液は容量50mlのコンパクトなスプレーボトルに入っており、中型自動車で1台分に相当するのだとか。スマートフォンのタッチパネルに換算...までは面倒なのでやりませんが、かなり使い出があるのは確実です。

また、ボディ以外にもホイールやウィンドウ、ダッシュボード、ヘッドライトの保護にも有効とのこと。なので、タッチパネルに使用しても良さそう、などと拡大解釈してみたりした次第です。

使い方も特別難しい訳ではありません。自動車の場合、洗車して水分を良く切って、本製品をスプレーしてクロスで磨くだけ。

防水対応のスマホでもなければ丸洗いは困難なので、タッチパネルの汚れをテキトーに落としてスプレーして磨く、という手順で作業してみました。

ワンプッシュでOK
スプレーボトルをワンプッシュするだけでこのぐらいの量は出てくるので、10インチクラスのタブレットでも1回吹き付けるだけで大丈夫そう。

実際の作業においては、ティッシュで画面全体に広げつつ余分な溶液を拭き取る感じで塗布します。あとは乾燥するのを待って、キレイなクロスで磨いて仕上げればOK。

で、肝心の使い心地ですが、感動するレベルで指が滑ります。それはもうツルッツル。拭きムラを残さなければ見た目での変化はなく、もちろん画面の見え具合に影響を与えることもありません。

もうひとつ、皮脂や指紋が付きにくくなり、付着した場合でも軽く拭き取ることができる、というのもメリットかと。

長期間試用した訳ではないので耐久性に関しては不明ですが、日がな一日ポケモンGoで遊んだ程度でフィーリングが変わることはありませんでした。

気兼ねなく使える容量があるので、効果が薄れてきた場合でも気軽に再コーティングが可能。繰り返し使用することで皮膜が厚くなるらしいので、日常的なクリーニングの一環として使用するのが良さげな感じです。

今回試したのはお試し用なので激安でしたが、通常販売の製品でもそこそこコストパフォーマンス高め。また、何が違うのかは不明ですが自転車用バイク用もありますので、そちらの趣味があるなら兼用するのもよろしいかと。

いずれにせよ、元から防汚コーティングなどが施されているスマホなどでは何らかの影響はありそうな雰囲気なので、利用に関しては自己責任でひとつ。その辺の心配が無用な安いガラスフィルムを使用しているのなら、試してみる価値はあるかと思われます。



…続きを読む»

2017/12/06

Files Goを試してみる

インターフェースもシンプルでわかりやすいです
近日中にリリースされるという噂の軽量版OS"Android Go"。その関連アプリとして一足先に正式リリースとなったのが"Files Go"です。Google Playにてダウンロード可能となったので早速試してみました。

これがナニモノかというと、Google純正のファイル管理アプリ。"Android Go"向けにデザインされているためアプリ自体も低容量で、ダウンロードもインストールもサクッと終わります。

けれども、"Android Go"専用ということはなく、Lollypop(Android5.0)以降で動作します。主な機能としては、ストレージの最適化、ファイル管理(閲覧や削除など)、そしてインターネットを使用しない他端末へのファイル転送があります。

そんな訳で、それぞれの機能をざっくりとご紹介。まずはストレージの最適化から。これがなかなかに賢く、ストレージの利用状況をスキャンして削除できそうなファイルを提案してくれます。

ダウンロード済みのファイル、重複したファイル、容量の大きなファイル、低解像度の画像など「これいらないんじゃない?」というファイルをインテリジェントにピックアップしてくれます。で、問題がなければそれらのファイルを削除(一括/選択)してストレージの空き容量を増やすことができると。

続いてはファイル管理機能。こちらはいわゆるファイラーアプリを想像していただければ間違いありません。ただし、いじれるのはユーザエリアに存在するファイルのみ。例外的にアプリのアンインストールは可能ですが、基本的にメディアとしてシステムに認識されるファイルが対象となります。

アプリにはビューワー機能が内蔵されており、画像や動画、音声などを直接開いての内容確認が可能。もちろん、削除やリネーム、共有、インストールなどファイルの種類に応じて使える編集機能も用意されております。

手軽なファイル転送
そして、本アプリならではのユニークな機能がファイル転送。"Files Go"をインストールした端末同士でファイルをワイヤレスでやり取りすることができます。

しかもインターネットを使わない(らしい)ので安全性も高そう。使い方も簡単です。

ファイルを転送する場合、各端末で送信側は"送信"ボタンを、受信側は"受信"ボタンをタップして待ちます。しばらくすると、送信側の画面に付近の他のユーザが表示されるので送り先の名前をタップします。

すると、受信側では「○○さんが接続を希望しています」とのメッセージが表示されるので、問題がなければ"接続"ボタンをタップ。これで接続が開始されます。もし、心当たりのない接続要求であるなら"拒否"ボタンを選べばOK。

で、接続が完了したら、送信側は送りたいファイルを選択して"送信"ボタンをタップするだけ。転送速度は最大125Mbpsとのことで、軽い画像など一瞬で転送が完了します。

仕組みに関しては憶測になるのですが、Bluetoothで近くのユーザを検出して、Wi-Fiのアクセスポイント経由でローカルネットワークを形成することでファイル転送を実現している様子。

なので、本機能を利用する場合には近くに利用可能なアクセスポイントがないとダメなようです。ただ、通信自体はWPA2で暗号化されているので、安全面での問題はなさそう。

そんな感じの"Files Go"でありました。メディアのみという制限はあるものの直接ファイルを操作でき、インターフェースもわかりやすく、ファイル管理アプリ初心者にもお勧めの一品です。

また、ストレージを圧迫する不要ファイルを人力で探し出すのは面倒ですが、"Files Go"ならえらく簡単。起動するだけで状況を把握できるので、いつでもストレージを快適に保つことができます。その意味では、すべてのユーザにお勧めできるアプリと言えそうです。


…続きを読む»

以前の投稿へ ホームへ