さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2017/02/17

Edyリーダーを試してみる

ユニークなUSB直結型
電子マネーのメジャーどころであるEdy。以前は興味がなかったのですが、使ってみると結構便利であることを知りました。最近では財布や小銭入れよりも使用頻度が高くなっております。

1回に数百円しか使わないことが多いコンビニでは特に便利。カードをかざすだけで決済でき、小銭を用意したり、お釣りを収容したりする必要もありません。

ただ、ひとつ難点として上げられるのがチャージの面倒さ。ウチではICカードタイプのEdyを使用しており、そのチャージ方法にはチャージアプリ、クレジットカード、現金の3種類が用意されております。

が、チャージアプリはカスタムROMを入れた端末で使えないらしくGoogle Playからインストールできません。また、ICカードリーダーが必要となるクレジットカードもちょっと保留な感じ。

なので選択肢は店舗での現金チャージのみとなり、しばらくこれで運用しておりました。が、Edyでの支払いが増えるにつけ、おウチでチャージできた方が便利な気がして"Edyリーダー"なるUSBデバイスを購入してみました。

名称こそ"Edyリーダー"となっておりますが、その正体はSONYの"RC-S360/S"という製品。一般的にはFeliCaリーダーと呼ばれるデバイスで、交通系電子ICカードの閲覧も可能だったりします。

見てのとおり、本体は非常にコンパクトに作られております。見た感じはちょっと長めのUSBメモリといった雰囲気。USB端子を保護するキャップも付属しており、外したキャップは本体の後端部にはめ込むことができます。

使い方もUSBメモリ同様のUSB直結型。そんなユニークなデザインであるが故のデメリットとメリットがある訳ですが、その辺の話はまたのちほど。

ここからチャージできます
この"Edyリーダー"を使ってチャージや残高照会などEdy関連の操作を行うには、Edy Viewerと呼ばれるWebサービスの利用が必須となります。

その準備としてPCにドライバなどをインストールしたり、場合によっては設定を変更したりする必要がある訳ですが、その辺に関してはEdy Viewerのヘルプページをご参照くだされ。

このEdy Viewer、対応ブラウザが32bit版のInternet Explorerのみという、この手のシステムにありがちなダメ仕様となっております。不満はあるものの、とりあえずほかでは動かないというのだから仕方あるまい。

セットアップ済みの状態であれば、"Edyリーダー"をPCに挿入してICカードをかざせばEdy Viewerが開きます。あとは、チャージなり残高照会なりをするだけ。それらの作業中には1回~数回データの読み書きが発生するため、ICカードは乗せたままにしておいた方が快適です。

こうした使い方でそのユニークなデザインによるデメリットが生じます。例えば、ウチのノートPCはスタンドに乗っているため若干の前傾姿勢となっており、当然ながら側面のUSBポートも傾斜付き。ただでさえ細くて不安定なのに、傾きまで加わるとICカードを乗せるのは困難になります。

また、飛び出し量が大きめなのでUSBポートの周辺に空きスペースが必要なのもデメリットとして上げられるかも。いずれの場合も個別環境に依存する話なので、状況によっては問題にならない場合もあると思われます。

逆に、明確なメリットも数多くあります。本体は非常にコンパクトなので、収納や(するかどうかは別として)携帯に便利なのはもちろん、ジャマなケーブルがないため取り回しも良くなっております。また、USBポートに接続した際に隣(または上下)のポート利用を阻害することもありません。

ウチの環境では若干の使いにくさもあったりしますが、便利であることは確実。何より、お店まで行かなくても良くなり、何の気兼ねもなくチャージすることができます。

そんな雰囲気なので、Edy Viewerの動作条件に合うPCを使っているEdyユーザにはお勧めのアイテム。価格的にもお手頃な感じなので、似たような境遇の方には試してみる価値があるかもしれません。



…続きを読む»

2017/02/11

Amazon.co.jpのウイッシュリストをちょっと便利に

実は結構便利です
オンライン通販好きには見慣れたこちらの画面。"カートに入れる"ボタンの下には"ほしい物リストに追加する"ボタンが用意されております。

これを押すと、現在閲覧している商品がウイッシュリストと呼ばれる一覧ページに追加されます。実際に購入する訳ではないので、何か料金が発生することはありません。ウイッシュリストにその商品が追加されるだけ。

ウィッシュリストに追加された商品は在庫や価格が自動的に更新され、常に最新の情報を知ることができます。さらに、登録時よりも価格が低下した場合には、その割合も表示してくれたりします。

一般的な使い方としては、ちょっと気になる商品をとりあえず登録しておいて後ほど検討したり、競合商品を並べて比較したりといった感じ。

何にせよ、わずか数クリックで目的の商品ページを開くことができるという、なかなかに便利な機能。ウィッシュリストを使うことのデメリットは見当たらず、どうせなら積極的に活用したいモノです。

ちなみに、ウィッシュリストを参照する場合、ページ上部にあるツールバーの"ほしい物リスト"から"ウィッシュリスト"を選択すればOK。トップページはもちろん、各商品ページからでもダイレクトに開くことができます。

そんな感じのウィッシュリストですが、ひと工夫することでもっと便利に使えたりしますので、その一例をご紹介しようかと。まずは並べ替えから。

当方のウィッシュリスト
こちらはウィッシュリストのサンプル画面。緑色矢印で示したリンクをクリックすると、商品名や価格、優先度などの条件でソートすることができます。

が、ひとつ罠があって、ブラウザやウィンドウを閉じるとソート条件などがデフォルト値に戻ってしまいます。

このため、ウィッシュリストを開いた際には"登録日"でソートした結果が表示されることとなります。

もちろん、再びソート条件を設定すれば希望の結果を得られるのですが、「このひと手間が面倒だ」という方にお勧めなのが、任意の商品をリストの最上部に戻す小技。

方法は簡単で、リストの最上部に表示させたい商品のリンクを踏んでページを開き、再び"ほしい物リストに追加する"ボタン押すだけ。"このアイテムはすでにウィッシュリストにありました"的メッセージ付きのサブウィンドウが表示されますが、これはそのまま閉じてOK。

その後、ウィッシュリストを開くとターゲットがリストの最上部にあるのを確認できます。登録し直すことで登録日が最新になり、デフォルトの登録日ソートによりウィッシュリストの最上部に移動する、という仕組み。なお、他の商品の登録により順位が落ちてきたら、同じ方法で再び最上部に戻すことができます。

続いては、購入済みからの復活方法。ウィッシュリストに登録された商品を購入すると一覧から消えてしまいます。実際に削除される訳ではないのですが"未購入"の表示がデフォルトになっており、購入済みの商品は非表示に。後日参照したい場合にちょっと不便です。

こちらも、上記画像の緑色矢印のメニューにて"購入済みと未購入"を選べばどちらも表示されるようになりますが、ソート条件と同様にウィンドウを閉じてしまうとデフォルト表示に戻ってしまいます。

そんな時に便利なのが、購入済み商品を未購入に戻す小技。具体的には、上記方法にて購入済みの商品を表示させ、上記画像の黄色矢印で示した"コメント、数量、優先度を追加する"のリンクをクリックします。

所有数をゼロに
すると、こちらの図のようなサブウィンドウが表示されます。購入済みの商品では"所有:"が購入数になっておりますが、これを"0"にして保存すれば、未購入状態に戻すことができます。

これにより、ウィッシュリストを開いた際のデフォルト値である"未購入"という条件に合致することとなり、普通に表示されるという次第。当たり前の話ではありますが、"所有:"を"0"以外にすれば、再び購入済みの状態に戻すことができます。

当方では、この並べ替えと未購入化を駆使して「毎月ではないが決まった銘柄を定期的に購入する」といった感じの商品をウィッシュリストの上部に並べております。これなら、サイトを開いて数クリックでカートに入れることができるので、日用品など定期的に購入する商品では特に便利です。

ウチの場合、ネコ用品がその対象となっており、リストの上部にまとめてあります(中段の画像)。2段目と3段目には似たようなキャットフードが登録されておりますが、これは同じブランドで機能性が異なる商品。自分で食べた訳ではありませんが、フレーバーも若干異なる感じです。

2種類登録してある理由のひとつは、時々種類を変えることでネコが飽きないようにするため。もうひとつは、価格によって微妙に安い方を購入する場合に便利なためです。こうした使い方をする場合、今回の小技は有効に機能します。

文章で説明すると冗長になり、複雑な感じに見えてしまいますが、実際にやってみれば極めて簡単。Amazon.co.jpを使う機会の多いユーザには、ぜひ一度お試しあれ。

なお、今回取り上げた小技はシステムの仕様に沿ったモノですが、裏技に近いノリなので、将来的に使えなくなる可能性があることをご承知おきくだされ。



…続きを読む»

2017/02/05

極小なスマホ用充電器"nipper"を試してみる

これでも立派な充電器
日本のクラウドファンディングサービスであるcamp-fire.jpにてプロモーション的に販売されていた、極小サイズのスマホ用充電器"nipper"を購入してみました。

2017/2/5現在、上記サイトにおける販売はすでに終了しておりますが、今後は一般向けの販売も行われるらしい様子。その辺のお話は文末にて。

見てのとおり、おおよそ充電器とは思えないフォルムですが、それもそのハズ。この形態のままでは機能しません。変形&組み立てに加え、電力を供給するためのパワーソースが必要となります。しかも、使用するのは単3形乾電池×2本というユニークな仕様。

充電する際には、黒いキューブ状の本体をパカっと二分割し、その間に単3形乾電池×2本を挟む形で組み立てます。分割した一方のユニットには電極兼用のマグネットが仕込まれており、その磁力によって電池を挟んだままで全体の形を保持するという仕組み。

上記写真では内側にあるため見えないのですが、本体にはUSB micro Bコネクタが用意されております。このため、使用時にはスマホに直結しての利用が可能。iOSデバイスで使用する場合、Lightning変換コネクタが必要となるのは言うまでもありません。

特にスイッチ的なモノはなく、組み立てた時点で準備完了となり、スマホに接続すれば充電が開始されます。

磁力によって形を保つという点には若干の不安が残りますが、丁寧に扱う限り充電中のスマホ利用も可能。が、強いショックや振動などを与えるとバラけてしまう可能性があるので注意が必要です。

ちなみに、写真で赤色にみえる部分はシリコーンゴム製のベルト。未使用時にキーリングとして使えるのに加え、二分割した際に片方が行方不明にならず、電池を装着する際に扱いやすくなるなどの効果があります。

充電機能としては本体のみで完結しているので、その意味では有用性を増すためのアクセサリに近い存在かもしれません。

もちろん、電池を外せば本体はキューブ状に戻すことができます。その際にはマグネットによる吸着力だけでなく、各ユニットの接合部にある小さな凸凹を使っての物理的なはめ込みを併用するため、簡単に分離してしまうこともありません。なかなか良く考えられています。

こちらが使用時の形態
そんなこんなで、こちらの写真が使用時の形態。ここではパワーソースとして単3形ニッケル水素充電池を使用しております。

理系の方には「単3形乾電池×2本でスマホを充電できるのか?」という疑問が生じるハズ。アルカリ乾電池×2本を直列に接続しても約3V、ニッケル水素充電池ではさらに低い約2.4Vとなります。

当然のことながら、このままではスマホを充電することができません。このため、本製品では内部にDC/DCコンバータを備えており、USBの定格に近い出力を実現しております。で、実際の出力ですが以下のような雰囲気となりました。

無負荷時:0A@4.95V
充電時:0.425A@4.76V

上記値は、ほぼ充電したてのニッケル水素充電池を使用したフレッシュな状態で計測しております。USBの定格電圧である5Vよりは若干低めですが、規格上の最低電圧は4.4Vなので、きちんと設計されたデバイスであれば問題なく充電されます。

上記セットアップでNexus4を充電してみましたが、1時間24分で41%→71%までの回復を確認。なお、Nexus4はスリープ&安静状態で充電しました。

充電が進むと給電と停止の状態がパカパカと切り替わるようになります。これがパワーソースの限界サイン。今回使用したニッケル水素充電池では、1時間24分でこの状態に至った訳ですが、アルカリ乾電池ならもう少し違う結果になったかもしれません。

いわゆるUSB-ACアダプタやモバイルバッテリを使った時のようなスピーディな充電は望むべくもありませんが、単3形乾電池×2本という貧弱なパワーソースでここまで充電できるものなのかと感心しました。

単3形乾電池なら入手も容易で、出先での不用意なバッテリ切れなど、緊急時には実にありがたい存在です。災害など電池の入手が難しい場合でも、既存の機器から抜き取った電池で急場をしのぐ...ってなことができるかも。

普段使いには厳しい雰囲気ですが、コンパクトでジャマにならず、お守り的に持っておく分には良さげなアイテムです。

で、一般販売の件ですが、現在のところAppBank Store にて一般先行販売が実施されております。しばらくすれば、他の通販サイトや家電量販店でも購入可能になるかと。その際には、本エントリにて追記する予定でおります。



…続きを読む»

2017/01/31

[Android] Google翻訳のリアルタイムカメラ翻訳を試してみる

なかなかに便利な翻訳アプリ
Android端末でさまざまな言語を翻訳することができるGoogle翻訳アプリ。以前も画像翻訳機能にフォーカスしたネタを掲載しました。それは、端末のカメラで対象を撮影し、画像内の文章や単語を翻訳するというモノ。

最近のアップデートにて、この画像検索をさらに強化したようなリアルタイムカメラ翻訳という機能が追加されました。これが、なかなかに面白い機能なので、再び登場の運びとなった次第。

画像翻訳では、翻訳する部分をタッチ操作で指定する必要がありましたが、リアルタイムカメラ翻訳では、その名のとおりカメラが捉えた映像からリアルタイムで文字を抽出して翻訳を実施してくれます。

アプリの動作を文章で表現すると少々複雑な感じですが、実際の使い方はとても簡単です。上記スクリーンショットがアプリ起動時の絵面となりますが、中央左端にあるカメラアイコンをタップして対象にかざすだけ。手間なくスピーディに翻訳結果が得られます。

ちなみに、シャッターボタンをタップして撮影すると、リアルタイムカメラ翻訳は終了となり、そのまま画像翻訳へと移行することができます。

このリアルタイムカメラ翻訳が対応するのは約30種類の言語(2017/01現在)となっており、とりあえず英語→日本語で試してみました。なお、リアルタイムカメラ翻訳を使用する場合には事前の準備として日本語用のオフライン翻訳ファイルのダウンロードが必須となります。

最初にカメラアイコンを選んだ時点でダイアログが表示されるので、そこでダウンロードを選択すればOK。ただ、約42MBとサイズが少々大きめなので、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨します。

自然な翻訳結果表示
ということで、実際に試した際のスクリーンショットがこちら。素材にはクロレッツを使ってみました。ちなみに、オリジナルの姿はこちらの画像にて。

翻訳されたのは、商品概要である"MINT TAB"やフレーバーである"PINK GRAPEFRUIT MINT"など。"ミントタブ"はバッチリOKでしたが、フレーバーは"グレープフルーツミント ピンク"となり、少しだけ間違えました。

缶の右下にあるカロリー表記にもご注目。オリジナルは"kcal"と記載されているのですが、これもきちんと"キロカロリー"と翻訳してくれました。

製品名である"Clorets"のロゴはデザイン要素が大きく、文字として認識されなかった様子。また、少々見づらいのですが、缶の下部にある"ピンクグレープフルーツ香料使用"のピンクが"ジブ"と謎の間違いを犯しております。

少々のミスはあるものの、概ね意味は通じるかなぁ?といった雰囲気です。注目したいのは、翻訳後の単語における高さ、幅、傾き、フォントやバックグラウンドの色までもオリジナルに合わせている点。このおかげで、翻訳後の違和感が少なく、自然な映像として見ることができます。

こちらのスクリーンショットは、かなり正確に翻訳した状態のモノをピックアップしておりますが、実際にはパカパカと認識状態が変わるため、盛大にミスを犯す場合もあります。また、文章の翻訳は苦手っぽく、その場合は画像翻訳に切り替えるのがカシコイ使い方であると思われます。

で、実際に使えるかというと、これが微妙なところ。まるで知らない言語の翻訳結果が正解であるか否かを判断することができないためです。それでも、状況から推察することはできるため、例えば看板や標識、メニューなど意味が限定される単語を翻訳させる場合には役立ちそうな気配であります。

何より、カメラをかざすだけで翻訳されるという「一昔前の未来感」が楽しめます。誤訳を笑うネタとしても良さげ。Googleの純正アプリでありセキュリティ的な不安もないので、ぜひ一度お試しあれ。



…続きを読む»

2017/01/26

ユニバーサルな三脚用アタッチメントを試してみる

洗濯バサミ方式のマウント
"Clasp for Smartphone"なるアイテムを購入してみました。雰囲気としては大きめの洗濯バサミ。機能的にはスマホなどを三脚に固定するためのマウントアタッチメントとなります。

口を開けてスマホをはさみ込むだけなので、必要な時だけセットアップすればOK。比較的コンパクトなので荷物になることもありません。

三脚への取り付けには一般的な1/4インチのネジ穴を使用するため、カメラ用のアクセサリがそのまま利用可能。一般的な三脚はもちろん、自撮り棒やゴリラポッドのような変わり種も使える訳です。

と、そんな感じでコンセプトは良さげなのですが、実際の製品としては少々残念な点があります。おそらくはコンパクト化を目指してのデザインだと思われるのですが、口を開くために使用するハンドルの設置角度が悪く、コツを掴むまで口を開くのに一苦労します。

その形状から洗濯バサミのように握って口を開きたくなりますが、これではうまく行きません。コツとしては"Clasp for Smartphone"を三脚などに装着してから、三脚との接合部の反対側にあるハンドルのみを後ろに反らせるように力を加えます。この方法なら力も必要なく、簡単に開くことができます。

そして、もうひとつの残念な点がスマホを装着した際の角度。ネジ穴が垂直になるように三脚に装着すると、くわえたスマホはかなり上を向いてしまいます。このため、角度を自在に変更できる自由雲台は必須。

さらに、スマホの画面が地面と垂直になるぐらいまで自由雲台を傾けるとかなり重心が偏ります。このような状態で使用する場合、安定性の高い三脚を選ぶ必要があります。

製品の概要としてはこんな感じ。で、当方がこれを購入した理由ですが、スマホ用サーマルカメラである"Seek Thermal Compact"を三脚に固定するため。専用のアタッチメントもリリースされているのですが、入手難なので代わりになるモノを探してこれにたどり着いた、という次第。

いい感じで固定できました
実際の利用イメージはこんな感じです。エッジでくわえているだけなので、ショックを与えると"Seek Thermal Compact"が簡単に外れたりしますが、静止状態ならば問題なく使用可能。

くわえたデバイスが当たる部分には滑り止め兼キズ防止のゴムシートが装着されており、このような使い方でも結構安定する感じです。

そも、定点観測的に使用するのが目的なので、この程度の保持力があれば全然OK。映像がブレないため見やすく、微妙なピント合わせも簡単に行なえるという、その効果をハッキリと認識することができました。

"Seek Thermal Compact"以外にも、三脚穴のないWebカメラや小さめの懐中電灯などを固定してみましたが、良い感じで機能してくれました。

いずれも、静止状態での利用を想定しておりますので、動きのある、あるいは振動が加わるようなシチュエーションでは注意が必要です。場合によっては簡単に脱落したりしますので。

なお、スマホの場合には結構ガッチリとつかむ形となるため、それなりにしっかりと保持してくれます。振り回した程度で落ちることはありません。

と、そんな感じで規定外の使い方をする場合には要注意ではありますが、理解していれば問題ナシ。アイデア次第でいろいろと使いまわせる便利アイテムであることは確かです。

製品はPC用品の有名ドコロであるスペックコンピュータの扱いなので、家電量販店などでも購入は可能かと思われます。が、通販でのお求めなら楽天市場Amazon.co.jp辺りをチェックしてみるのもよろしいかと。



…続きを読む»

2017/01/21

[Android] JJYEmulatorを試してみる

アプリで電波時計を補正
ずいぶん前に購入した電波式の目覚まし時計。以前は枕元に置いたままでも機能していたのですが、最近ではほとんど電波を受信できません。

他の電波時計は正常に受信できているので、環境的な問題ではなさそう。いろいろとヘタって来たのかも。

ただ、目覚まし機能や液晶ディスプレイなどに問題はなく、「もう寿命」とあきらめるのもシャクな感じです。

ということで、時刻合わせの部分だけなんとかしてみることに。基本的には電波を受信しやすくしてあげれば大丈夫そうなので、窓辺に放置するのもひとつの方法です。

ところが、なかなか電波を受信してくれなかったりして、確実性がいまひとつ。電波に対する感度を上げるのが難しいのなら、逆に電波そのものを強化してしまう、という方法もあります。

例えば、NTPで時刻を合わせて標準電波を発信するデバイスも存在しますが、弱った目覚まし時計用としては費用対効果的にどうかと。具体的な製品としてはこんなのこんなのがAmazon.co.jp辺りで売られていたりします。

もう少しお手軽かつ安価な方法はないものかと探してきたのが、"JJYEmulator"というAndroidアプリ。ちなみに、JJYというのは日本の標準電波を発信する無線局のコールサインとなっております。

もちろん、スマートフォンに標準電波を発信する機能は搭載されておりません。このため、本アプリではユニークな手法が採用されております。それは、13.333kHzの音を大音量で出力することによりアンプを飽和させ、3次高調波となる(ほぼ)40kHzの電磁波を生成するというモノ。

元の音に時刻補正用のコードを乗せておくことで、標準電波と同じ働きをする訳です。このため、福島局(40kHz)に対応した電波時計はOKですが、九州局(60kHz)のみに対応した機種では動作しないと思われます。

最大の特徴はその手軽さ。用意するのはスマホとイヤホンだけです。使い方も簡単で、スマホに接続したイヤホンのケーブルを対象に巻きつけて電波時計の機能である強制受信モードをONに。そして、アプリを起動して待つだけです。

うまく行けば、数分で時刻合わせが完了。ダメな場合には、イヤホンケーブルの巻きつけ方を変えるなどしてみて、それでもダメならイヤホンを外して端末のスピーカーを対象に近づけるという方法も試してみましょう。

セットアップの一例
当方では、こんな感じにセットアップしてみました。イヤホンは直径10cm程度にまとめてループアンテナ風に。それを、目覚まし時計にかぶせただけです。

アプリを起動してボリュームを最大化すると、クリック音のようなサウンドが流れます。いわゆるモスキート音と同様、年齢や耳の状態によって聞こえ方や内容が異なる場合がありますのでご注意を。

聞こえなくても、ボリューム最大でサウンドが流れることに変わりはないので、高級なイヤホンは使わない方がよろしいかと。100円ショップで買えるような安物で充分です。

アプリの起動後にボケーと眺めていたのですが、約4分ほどで時刻合わせが完了しました。原理的には何となく理解できるものの、実際に時刻が合うと軽い感動すら覚えます。しかも、かなりテキトーにセットアップしたのでなおさら。

時刻合わせ不要でいつでも正確、という電波時計のアドバンテージはなくなりますが、思い立った時にでも補正すれば精度的には必要十分。しかも、買い替えや機器を追加するためのコストが発生することもありません。

「電波を受信できないせいで電波時計が塩漬けになっている」そんなシチュエーションには打ってつけのアプリ。心当たりのある方には、ぜひ一度お試しあれ。



…続きを読む»

以前の投稿へ ホームへ