さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2017/06/23

少々長めなUSB PD対応ケーブルを試してみる

目立つUSB-IF認証アイコン
USB PDなACアダプタとデバイスを接続するための電源ケーブルとして、少々長めなヤツが欲しくなってきました。

両端がUSB Type-Cのケーブルで、一番長い手持ちの品は、XiaomiのACアダプタに付属してきたモノ。長いといっても1.5mほどしかなく、電源用として設置するには少々の不安があります。

いつものポジションで使うなら、3mぐらいあると余裕な感じ。長さ以外の条件としては、USB PD的に5Aも流すことはなさそうなので、E-Markerは非搭載でもOK。また、電源用なので高速通信も必須要件ではありません。

ということで、USB2.0仕様のケーブルから探してみることに。USB3.0/3.1よりも、物理的にワイヤー数が少なく済むため、細くてしなやかなケーブルになるかも...ってな期待もあったりします。

それらの条件に適合したのが、Amazonベーシックのこちらの品。ほぼ決まりかけたのですが、何となくUSB PD対応(しかも5A)が明記されており、USB-IF認証品であるエレコムの"U2C-CC5P30NBK"が心に響きました。ので、あっさりと予定を変更してこちらを購入してみた次第です。

で、上記写真が到着した品。USB-IF認証ロゴとPower Delivery対応の文字がきらめいております。パッケージなどに明記はありませんが、その仕様からE-Markerが搭載されていると思われます。実際コネクタも長めですし。

そして、開封して驚いたのがケーブルの太さ。実測で5mmほどもあります。しかもゴワゴワで取り回しもよろしくありません。USB2.0ということで細くてしなやかなケーブルを期待していた訳ですが、見事に裏切られました。

同じCtoCケーブルでもずいぶん異なります
こちらは、同じエレコムの"MPA-CC01NBK"と比較した写真。言うまでもなく、左側が今回の"U2C-CC5P30NBK"となっております。

コネクタやケーブルの違いがよくわかるかと。ただ、"MPA-CC01NBK"はUSB PD非対応が明記されており、直接の比較はフェアでないかも。まぁ、期待値と現実の比較、と思っていただけますれば。

...などとネガティブな感想ばかり述べておりますが、これはあくまで個人的な感想。切り口を変えればまったく異なる感想になります。

太いケーブルは被覆が厚いというよりは中身がパンパンに詰まった雰囲気であり、100Wの機器を使用する場合でも安心のたくましさがあります。

金メッキ端子や2重シールドなどの装備もメーカー品ならでは。加えて、5Aの電流に対応することも保証されている訳ですし。

ただ、当方のライトなニーズからすると過剰なスペックの製品であった、というお話でありました。

そんな"U2C-CC5P30NBK"ですが、市場価格としては結構お手頃になっており、例えば楽天市場ではこんな感じ、Amazon.co.jpならこんな感じとなっております。

信頼性や耐久性を重視するならお勧めの一品。取り回しの良さを重視するなら別の製品を選ぶのがよろしいかもしれません。



…続きを読む»

2017/06/18

USB PDなモバイルバッテリ"ZMI QB820"を試してみる

約40Wでモリモリ蓄電してます
USB PD(Power Delivery)をサポートしたモバイルバッテリ"ZMI QB820"を購入してみました。

本体には入出力兼用のUSB Type-C×1および出力用USB A×2が搭載されており、USB PD以外の充電技術としてQC2.0/3.0、Apple方式、HUAWEI方式、Samsung方式がサポートされます。

容量の表現は少々難解です。製品名的には20000mAhである様子。これは、1セル3350mAhの"LGEBF1L1865"を6本使っているので、その合計といった感じ? 実のところよくわかりません。スペック的には、USB Aの出力である5V換算では12000mAhとなり、内部構造的には10000mAh(7.2V)の72Whになるのだそうな。

ちゅるんとした筐体は樹脂チックに見えますが、実はアルミニウム合金製。樹脂フレームをアルミパネルで挟んだ構造になっております。完璧とは言えないものの、外装の加工精度はそれなりに高め。

そのアルミパネルは梨地仕上げ+アルマイト処理となっており、なかなかに美しい感じで仕上げられております。色は落ち着きのあるブルーグレー。個人的にはSony製品を彷彿とさせる色と質感でありました。

円筒形セルを使用しているのもあって、フォルムは全体的にボリューミーであるのに加え、重量も約400gとヘビー級。いわゆるモバイルバッテリというよりは、USB PDに対応したPCやタブレットなどの可搬型電源と考えるのが良さそうな雰囲気です。

USB PDの出力は、5V/9V/12V/15V/20Vがサポートされております。最大出力は40W。PDO(Power Data Object)はこんな感じになっております。

また、入力にもUSB PDが使えるため、対応する充電器を使用すれば蓄電の高速化が可能。最大45Wの入力に対応し、その場合には3.8時間で蓄電が完了するのだとか(カタログスペック)。

実際、ウチでも最大約40Wでの蓄電を確認しました。が、充電器もバッテリもホカホカになるため、急ぎでなければ一般的なUSB-ACアダプタを使ってゆっくり充電するのがよろしいかもしれません。

ここでマニアックな話を少々。"ZMI QB820"のUSB Type-CポートはCold Socketとなっており、相手方のデバイスが接続されて初めて電圧が印加されます。また、E-Marker搭載ケーブルでも問題なく動作するため、CCは個別にプルアップされている様子。

いずれもUSB Type-Cの仕様に沿った設計であり、その意味においては比較的マトモなUSB Type-C搭載デバイスであると言えそうです。

TVモードの電源にも使用可能
そんなこんなで、実際にNintendo Switchで使ってみることに。タブレット状態(テーブルモード/携帯モード)で純正の電源と同等に充電できるのはもちろん、ドックにセットした状態(TVモード)の電源としても普通に動作します。

USB PDなACアダプタですらTVモードでは使えない場合があるというのに、モバイルバッテリで実現してしまうとは...。

あくまで妄想の話ですが、5V給電で動作するモバイル仕様のHDMIモニタと組み合わせれば、"ZMI QB820"のみでNintendo Switchとモニタに給電でき、近くに電源のない場所でもTVモードが楽しめたりする訳です。

もうひとつ、"ZMI QB820"にはユニークな機能が用意されており、残量確認ボタンをダブルクリックすると2ポートのUSBハブに変身します。しかも、セルフパワー用の巨大なバッテリを内蔵したUSBハブ。

2つあるUSB Aポートには"ZMI QB820"の内蔵バッテリからバスパワーが供給されるため、ホストデバイスの負荷を最小限に抑えることができます。

もちろん、Nintendo Switchでも使用可能。マニュアルによると、ホストデバイスにも給電されるらしいのですが、ウチの場合はNintento Switchから"ZMI QB820"に対して5V/500mAが供給されてしまいます。ここだけは少し残念。

また、USBハブモードでは自動電源OFF(充電時に電流の減少を検知して給電を停止する機能)は無効となりますが、逆に微小な電流しか流れないデバイス(例えばBluetoothヘッドセットなど)の充電に使用することができます。

そんな感じのアイテムでありました。Nintendo Switchのユーザとっては、かなり魅力的な仕様であると思われます。が、残念なことに日本では発売されておらず、入手方法はリスクを負っての海外通販のみ。

Xiaomiの正規代理店もできたことだし(ZMIはXiaomiの関連企業)、日本での発売を期待したいところです。



…続きを読む»

2017/06/13

DCプラグをUSB PD化してみる(実用編)

超小型USB PDトリガー
先日実施したテストでは良好な感触を得ることができました。ので、もう少し現実的なカタチを目指してみることに。そんなこんなで、DCプラグをUSB PD化してみる企画の第2段「実用編」をお送りします。

本企画のキモとなるのが、USB PDなACアダプタから指定した電力を引き出すことができるデバイス。

今回は、YZXstudioの"ZY12PD"というUSB PDトリガーモジュールを使ってみることにしました。写真ではサイズ感がわかりにくくなっておりますが、15mm×30mm程度の小さな基板に収まっております。

この"ZY12PD"には3種類のバリエーションがあり、当方が選んだのはいろいろと応用が効くネイキッド版。このほか、上記写真で左側の空き部分にUSB A(メス)コネクタが装着された通常版、そしてPDO(Power Data Object)を見ることもできるディスプレイを備えた豪華版が用意されております。

いずれも、USB PDなACアダプタが通知したPDOから、任意の電圧を指定しての出力が可能。この機能を利用し、12V出力に対応したUSB PDなACアダプタから12Vを引き出してDCプラグに変換する、という手法はテスト編のそれと一緒です。

ただ、前回は超高性能USB電圧・電流チェッカーである"Kotomi Pro"をトリガーとして使用しましたが、今回は専用モジュールを使うことで、より完成度を高めようとしている点だけが異なります。

で、その"ZY12PD"のオペレーションですが、基板上のマイクロスイッチにより、PDOの順番で電圧を切り替えることができます。

例えば、XiaomiのUSB PDなACアダプタ"CDQ02ZM"を電源として使用する場合、スイッチを押すごとに5V→9V→12V→15V→20Vと切り替わり、次のスイッチ操作で振り出しの5Vに戻るというサイクルになります。

この時、基板上のLEDインジケータも赤→黄緑→緑→薄青→青と切り替わります。が、色の変化は電圧の変化を意味する訳ではなく、単に順番を示すだけ。このため、異なるPDOを通知する電源に変更した場合には状況が変わってきます。

例えば、5V/9V/15V/20Vの出力が可能な電源の場合、LEDは赤/黄緑/緑/薄青の順番で点灯し、薄青に点灯した場合の電圧は20Vとなります。しかし、先程の"CDQ02ZM"の場合では、青色が20Vのサインとなります。同じ色でも電圧が異なる場合があるということ。

なので、実際の運用時には注意が必要です。慣れるまではUSB Type-Cコネクタ側に電圧・電流チェッカーを噛ませて電圧を確認してから使用するのがよろしいかもしれません。

スマート化には成功
そんな感じの"ZY12PD"を使って、USB PD-DCプラグ変換器を作ってみます。やることはシンプルそのもの。

ジャンク箱から見つけてきた外径5.5mm/内径2.1mmのDCプラグ付きケーブルを適当な長さにカットし、"ZY12PD"の出力端子にハンダ付けするだけです。VCCとGNDの2か所のみなので作業もサクッと終わります。

上記写真が半完成品とその利用シーン。基板自体がコンパクトであるため威圧感はほとんどなく、見た目にもシンプルにすることができました。

仕上げ処理(熱縮チューブでのラッピング)が済んでいないため半完成品な訳ですが、機能的には仕上がっておりますので試用も可能。

もちろん、出力の切り替えおよび各電圧は事前に確認済みであり、何の問題もなく充電が完了しました。めでたしめでたし。

今回は"ZY12PD"を使用したため、使用前の電圧切り替えが必須となっております。難しい操作ではありませんが、何かのミスが発生する可能性は否定できません。

本当ならば、何も考えずにつなぐだけでOKなシンプル仕様にしたいところ。けれども、狙った電圧のみを出力できるトリガーデバイスを見つけることができません。もちろん、ゼロからフルスクラッチするほどのスキルもナシ。

雑誌Interface 2017年4月号に掲載されたロームのUSB PD評価ボード(BM92A13MWV-EVK-001など)では、狙った電圧のみを引っ張ることができるらしく、動作としては理想的です。ただ、レジスタの書き換えが必要らしく、製作時の手間は増えそう。

気が向いたら、完全版として手を付けてみたいと思います。まぁ評価ボードの販売価格次第ではありますが。



…続きを読む»

2017/06/08

USB Aコネクタ用キャップを試してみる

状態のよろしくないUSBコネクタ
こちらは、金属部分に錆が浮いたUSB Aコネクタ。けれども、劣悪な環境で使用された訳ではなく、一般家庭で普通に時を過ごしただけの状態です。

これだから安物のメッキはいけません。とは言え、購入前にメッキの品質などわかるはずもなく、一般ユーザとしては環境を変えるか、コネクタを保護するかぐらいしか手立てはありません。

ということで、USB Aコネクタにかぶせるキャップを試してみることに。この手のアイテムはAliExpress辺りを探すのが手っ取り早そう...と検索してみると、簡単に見つかったので、サクッとオーダーしてみました。

実のところ、日本でも同じ(と思われる)モノが同等な価格で購入できる訳ですが、その辺はまたのちほど。

今回購入したのはシリコーンゴム製で、サイズ的にはジャストフィットな感じ。ホコリの侵入やヨゴレの付着を防ぐのはもちろん、コネクタに密着するので湿気による錆も防止できそうな雰囲気です。

一応、手持ちのUSB Aコネクタを持つデバイスに片っ端からハメてみましたが、どれも普通に装着できました。

指先で簡単に潰せるレベルの柔らかさであるため、製造誤差程度の差異ならその柔軟性で対処できそう。が、逆にグニグニと変形するため、着脱がスムーズに行かない場合もあったりします。

当方が購入したショップでは、クリアタイプとブラックタイプのアソートのみとなっており、そのチョイスはランダムであるとのこと。なお、違いは色だけで、使用感に差はありません。

実際のモノと装着サンプル
キャップには小さなストラップホールが設けられており、ヒモまたは金属製のリングを装着することができます。

ここにストラップを装着してぶら下げても、簡単にデバイスが外れて落ちることはありません。が、基本的にはデバイスとヒモ付けすることで、キャップの紛失を防止するのが正解な感じ。

見た目はまんまコネクタを覆うカバーなので、オシャレ感は皆無ですが、役割りとしては必要にして充分。そのうえ、さまざまなデバイスのUSB Aコネクタで使える高い汎用性があります。

失くしたキャップの代用品としても便利かと。密着度の高さもあり、保護性能としては純正キャップを越える実力があると思われます。

このため、持ち歩くことの多いデバイスに装着するのも有用な使い方。ただ、ケーブルの場合には別途反対側コネクタのキャップも必要になったりします。(参考品:USB micro B/USB Type-C/Lightning)

で、冒頭の話の続き。AliExpressでの注文後に知ったのですが、Amazon.co.jp(のマーケットプレイス)でも似たような...というかおそらく同じモノが販売されておりました。

見た目はまったく同じで、価格も似たような雰囲気。クリアとブラックのアソートである点や発送元が主に中国(しかも送料込み)であったりするのも共通点です。

すなわち、入り口が異なるだけで通販の流れはまったく同じと。納期もほぼ同等なので、辛抱強く待つ覚悟が必要となります。

何にせよ、モノとしてのコストパフォーマンスは高く、必要性を感じるなら買って損のないアイテムと言えそうです。



…続きを読む»

2017/06/04

[Android] Adobe Scanを試してみる

スマホだけで紙書類とPDFに
スキャナを使用することなく、スマホで紙の書類をPDF化できるというアプリ"Adobe Scan"を試してみることに。

動作的には、カメラ機能で撮影した書類をPDF化するというありがちなモノ。特徴的なところとしては、OCR機能が内蔵されており、テキスト化が行える点、および"Adobe Document Cloud"にファイルを保存できる点があります。無料で使えるのも特徴と言えるかも。

なお、利用の際にはAdobe IDが必要となります。新規の場合でも、メールアドレスとパスワードを入力するだけでサクッと登録でき、すでにアカウントを持っているならログインするだけでOK。

使い方は非常に簡単。アプリを起動するとカメラ機能が有効となるので、書類の全体が画面内に収まるようにスマホを構えます。書類っぽい形を認識するとその範囲が青色で示され、文書であると認定されると自動的に撮影が開始されます。

文書で説明すると冗長な感じとなりますが、要するに画面内に書類を納めるだけで、アプリが自動的かつ適当に処理してくれます。なので、アングルの調整やカメラの固定に集中できるのがポイント。

撮影した書類は、いったん画像として仮保存されるので、アプリ画面右下のアイコンをタップして確認画面に移行します。この時、傾き補正や台形補正、トリミングなどが自動的に実行され、良い感じに処理してくれます。

画像がイマイチなら撮影のやり直しも可能。また、回転や色補正、切り抜き範囲の再指定なども行えます。拡大/縮小も可能なので、細かな部分までチェックしましょう。

画像に問題がなければ、アプリ画面の右上にある"PDFを保存"をタップ。すると"Adobe Document Cloud"にPDFとして保存され、同時にOCR処理が実施されます。これで作業は完了。

OCRでデータを再利用
こちらのスクリーンショットは、Windows PCから"Adobe Document Cloud"に保存されたファイルを開いてみたところ。

"Acrobat DC"の検索機能で"デバイス"という単語を検索してみました。もちろん、文書の全体や一部をコピーして他のソフトに貼り付けることもできます。

その前提となるのがOCRの精度。認識率が高くないと話になりません。

書類の種類やコンディション、撮影条件、カメラおよびスマホの性能など、さまざまな要因があると思われますが、今回のサンプルではいまひとつな結果となりました。

ということで、PDF化したサンプルからコピーした完全無修正のテキストを以下に貼り付けてみます。上記スクリーンショットを別のウィンドウで開くと比較しやすいかも。

-------------------------
,1u1tQothデバイスとのペアリングテ畢
1台胃のBluetoothデバイスの捜
1. HS-BMTOO 1のm オフになっていることを確認してください.
2. Bluetoothヘッドホンなど、ベアリングするBluetoothデパイスの電源を
オンにしてベアリングモードにします.
各デパイスの慢作方法につし
さい.
ヽては、それぞれの取扱悦明書をご確認くだ
3. HS-BMT001の電源をオン(一しすると、自動的にペアリングが開始されます.
ペアリングが完了すると、インジグーターLEDが点灯状態になります.
2台目のBluetoothデバイス四良続
1. HS-BMTOOlの電源がオンになっており、1台目のBluetoothデパイスの
接紐が完了していることを確認してください.
2. ペアリングするBluetoothデバイスの電源をオンにして、ペアリングモー
ドにします.
3. HS-BMTOOlのペアリングボタンを1秒間長押しすると、インジケーター
LEDが点滅状態となり、2台目のBluetoothデパイスとのペアリングが開
始されます.
ペアリング動作中、1台目のBluetoothデパイスヘの音声出力は停止状態
となります.
4. ベアリングが完了すると、インジゲーターLEDは点灯状態に戻ります.
Note:
HS-BMT001は最大2台のBluetoothデバイスとのペアリング情報を保持(記憶)
します.別のBluetoothデパイスとベアリングする場合は、HS-BMTOOlが保持
しているペアリング情報をリセットする必要があります.
ベアリング情帽のリセット
HS-BMTOOlのペアリングボタンを5秒間長押しすると、保持されているベアリ
ング情報がリセットされ1台目のBluetoothデパイスのためのペアリング状態と
なります.
1台目のBluetoothデバイスの電源をオンにしてペアリングモードにすると、自
動的にペアリングが行われます.
Note:
Blue toothデパイスとの通信可能距離は、HS-BMTOOl本体から最長10mです.
HS-BMT001本体とBluetoothデパイスの間に障害物がある場合、通信可能距離
が短くなったり、通信が行えなくなる場合があります.
3

-------------------------

文章に下線が引いてあったり、箇条書きレイアウトだったりする場合には弱いようで、悲惨な結果となっております。が、後半の比較的プレーンなレイアウトではそこそこ検討している様子。

練習も兼ねて何度もやり直しつつ試してみた訳ですが、コツ的なモノもわかりかけてきました。まず重要なのがライティング。スマホの影が書類に落ちるのは論外として、クリアに撮影できる明るさが必要です。

そして、アプリの補正機能が最小限で済むようなアングルを選ぶのもポイント。今回のサンプルの前半部分、レイアウトの関係もあると思われますが、変にうねっております。これは台形補正の悪影響が出た様子。

慣れてくればOCRの認識率を上げることもできそうな雰囲気です。正直、もう少し賢くなってくれるとありがたいところですが。

それでも、"見る"書類としては問題ないレベルでPDF化してくれるので、データの再利用に重きを置かない場合には結構使えるかも。スマホで撮影するだけなので、とっても手軽に電子化することができます。

そんな感じのアプリでありました。



…続きを読む»

2017/05/31

とってもニッチな変換アダプタ

珍しい変換アダプタ
前回のつながり...ではないのですが、ふと思い出したのでご紹介など。こちらは、一方の端子が外径5.5mm内径2.1mmのDCジャック、もう一方がUSB A(メス)という構成の変換アダプタです。

当たり前の話ではありますが、DCジャックとUSBコネクタは電力線のプラスとマイナスのみが接続されており、用途としては完全に電力の供給用です。

なので、DCジャックを入力側、USBコネクタを出力側として使用することになります。もちろん、単純なインターフェース変換なので、少々の抵抗値を無視するなら、ほぼ入力電圧=出力電圧となります。

具体的な使い方としては、余った5V出力のACアダプタの出力端子をUSB A(メス)に変換して、USB給電に対応した各種デバイスの充電に使用する、ってな感じでしょうか。

5.5mm/2.1mmなDCプラグを備えたACアダプタはさほど珍しい存在ではありませんが、出力が5Vであるとは限りません。

世の中には、さまざまな電圧のACアダプタが存在するため、物理的には接続可能であったとしても、USB充電としては使用できない(電圧が高すぎる/低すぎる)場合も多いので注意が必要です。

そんな"素人お断り"な感じのスパルタンな仕様であり、「これが何の役に立つのだ?」と思った訳ですが、面白そうなのでとりあえず入手してみた次第。購入後は特に活用されることもなく、その存在すら忘れかけておりました。

が、先日のことある事案で意外と役に立ったのでありました。それは、使用中のACアダプタの電圧・電流値を調べたいと思った時のこと。

通常であれば、ケーブルをむいて銅線を引っ張り出すか、DCプラグ/ジャックとユニバーサル基板で簡単な装置を作るかして、そこにテスター(DMM)を当てることになります。

前者はACアダプタがキズモノになるため気が進まず、後者はパーツを手配したり組み立てたりがちと面倒。何か別の方法はないかと思った時に思い出したのがこの変換アダプタでした。

使い方としては以下のような雰囲気。ACアダプタの出力(DCプラグ)を本製品に接続し、USB A(メス)側とUSB電圧・電流チェッカーを接続。さらに、その出口側にUSB-DCプラグなケーブルを接続することで、比較的簡単に電圧・電流値がわかる、という仕組みです。

簡単かつ手軽です
こちらが実際の接続例。写真の左上から降りてきているのがACアダプタからの線で、中央やや右に丸められているのが充電対象のデバイスにつながるケーブルとなっております。

接点が多かったり、ケーブルが無駄に長かったりするため、少々の誤差は生じるかもしれませんが、おおよその電圧・電流値を見ることができました。

こちらのサンプルは、5VのACアダプタをUSBバスパワー化する使い方よりもレアケースではありますが、まぁこんな使い方もできるということで。

いずれにせよ、使い所の限られたニッチなアイテムであることは確か。それでも多くの希望に沿う形で製品化されたのだろうから、当方には計り知れないニーズがあるのかもしれません。そんなアイテムでありました。

ちなみに値段的なところですが、Amazon.co.jpではこんな感じ、楽天市場ならこんな感じ。これは!?と思い当たるフシがあるのなら、ひとつ確保しておくのもよろしいかもしれません。



…続きを読む»

以前の投稿へ ホームへ