さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2010/12/01

Androidタブレットを交換してみる(かも?)

はたして交換は成功するのか?
あまりに仕様と違う点が多いため、一応購入したショップにクレームをつけてみました。

すっかり無視されると思っていたのですが、意外に素直な反応が。

「私たちのミスだ。本当にスマンかった。(意訳)」と謝りつつ、「交換するか、次回の買い物の際にディスカウントするので選んでくれ」という提案がありました。

ただし、返送する場合にはこちらが中国までの送料を負担することになります。まぁそれは普通でしょう。

けれども、わざわざ送料まで負担して同じモノと交換するのは面白くありません。取り替えたところでRAMが増える可能性は少なそうです。そんなわけで「差額は負担するから別のと交換して」と逆提案してみました。

すると「OK」と嬉しい返事が。

今、ショップに並んでいるモノの中で、魅力的なのはA81E的なヤツとIMX515的なヤツ。どちらにしようか迷ったのですが、画面やメモリの大きさでIMX515的なモデルと交換してもらおうと心に決めました。

そんなつもりで「差額はいくらになる?」と聞いてみると、質問には返答せず「32GBのmicroSDカードを買わないか?」という訳の分からない提案が。

もう頭の中が「?」だらけです。

聞いてみると、microSDカードによってメモリが増えると思い込んでいるフシがあります。しかも、交換には中国→日本の送料がかかるなどと言い出す始末。

とりあえずmicroSDカードでメインメモリが増えない点を説明し、送料に関してはWebのリターンポリシーを引用して「中国からの送料はショップの負担」であることを連絡することに。

すると「スマンかった。新人だもんで間違えた。(意訳)」とのこと。こんなサポートで大丈夫なのでしょうか。不安がよぎります。

しかも現在まで、差額に関する情報は一切ありません。そのくせ、返送方法に関しては事細かに書かれた(おそらくはテンプレート)が送られてきました。

そんなこんなで本日は時間切れ。メールのやり取りはまた明日です。しかも、運悪くショップのサーバが落ちてるし。さて、どうなることやら。

つづく


Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ