さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2011/11/25

[A100] OverLay Plusを試してみる

OverLay Plusのパッケージ
こちらの投稿で紹介したマットタイプの液晶保護フィルムには何の不満もないのですが、思ったよりも早く『OverLay Plus for Acer ICONIA TAB A100』が発売されてしまったので、わずかひと月と少々で引退することに。

透明な『OverLay Brilliant』はいくつかの機器で使用しているのですが、マットタイプの『OverLay Plus』は初めて。

期待に胸を踊らせつつ、裸で風呂場に直行です。もちろん、入浴のためではありません。風呂場は、家の中で一番ホコリが少ない場所であり、保護フィルムの貼り付け作業に最適な場所なのです。

ちなみに、裸になるのは、服から出るホコリをを防止するため。第三者から見れば変な人に見えるだろうなぁという気はしておりますが。

で、貼り付け作業の難易度ですが、良くも悪くも普通の保護フィルムと同等です。ただ、フィルムのサイズがガラスにピッタリサイズとなっており、少しでも曲がっていると、フチに乗り上げてしまいます。

これで少々難易度が上がっているような気が。ちなみに穴が開いているのはレンズ部分のみ。ホームボタンもすっかりとカバーされております。

上がノーブランドで下がOverLay Plus
そんなこんなで使用感など。まずは背景の映り込み具合から。正直なところ、今まで使用していた安い保護フィルムから劇的に変わったという雰囲気はありません。

一応比較用の写真も撮ってみました。上がノーブランド品、下が『OverLay Plus』となっております。写真で見てもやっぱりそれほど違いはありません。

タッチの感触ですが、これは体感できる変化がありました。ノーブランド品の場合もサラサラでは合ったのですが、『OverLay Plus』の方がよりきめ細かな感触。それ故か摩擦抵抗が増しているようです。

また、タッチパネルの感度にも影響があった様子。設定のフィードバックで選択時の操作音を鳴らすようにしているのですが、今まではホーム画面のスワイプにおいて、必ずと言っていいほど、一度「プチッ」と鳴っておりました。どうやら「タッチ」後の「スワイプ」として認識されていたようです。

ところが、『OverLay Plus』に変更してからは、フィードバック音が鳴らず、スムーズにスライドさせることができるようになりました。センシティブ過ぎたタッチパネルの感度が少しマイルドになった、という感じでしょうか。

実際はもう少しシャープに見えます
それでいて画面の滲みもあまり感じません。これはマットなタイプに慣れてしまったというのもあるかもしれません。

通常使用でこれほどの拡大画面を見ることもないと思いますが、近寄って見るとちゃんとドット感のある絵になっております。ノーブランド品では、ほとんどドット感がなかったので、新鮮な驚きです。

「高いのだから良い製品なのだ」的なプラシーボ効果もあるかもしれませんが、『OverLay Plus』は非常に満足できる性能を持っておりました。買って後悔のない品であります。

そんな『OverLay Plus』ですが、冒頭にあるビザビ本店のリンクから直接購入できます。また、楽天市場Amazon.co.jpにも支店がありますので、ポイントを使いたい/貯めたい場合はそちらを利用するのもひとつの方法かと。

***Edit***
簡単な後日談をこちらに掲載しました。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ