さまざまな物や事に関する、役に立ったり立たなかったりするテキストが綴られるブログ。

2012/06/03

[A100] "Green ICS"を試してみる

緑づくしのホーム画面
例えばHoneycombならば鮮やかなブルー、ICSなら落ち着いたアクアブルーといった具合に、Androidにはバージョン毎にテーマカラーが用意されています。

そんなICSのテーマカラーを緑色に変更する"iconia tab A100"用のカスタムROMがxdaにて公開されました。

その名も"Green ICS"。面白そうなのでさっそく試してみることに。なお、テーマカラー変更以外の特徴は、以下の様な雰囲気となっております。

・ベースはA100用の"1.014.00"版ICS
・root化済み
・NTFS、CIFS、HFSサポート
・init.d対応
・バッテリ残量アイコン変更(%表示)
・Acer Ring導入済み(カラー変更済み)
・build.propのカスタマイズ
・hostsファイルの変更(広告ブロック用)
・不要アプリの削除
・Superuserアプリ導入済み
・オリジナルブートアニメーションの導入

カスタムROMの基本セットである"lgcmn_ZeroNull_A100_1.zip"は、xdaの該当スレッドの冒頭に貼られたリンクからダウンロード可能。ファイルはGoogleドキュメントにアップロードされているため、ダウンロードがサクサクと進むのはありがたいところです。

導入には、unlock済みのブートローダーおよび、カスタムリカバリが必須。インストール方法は、一般的なカスタムROM同様、カスタムリカバリにてファクトリーリセット→インストールという形になります。

また、本カスタムROMでは、各種のモジュールが同時に公開されており、削除されたアプリのセットや、テーマカラーをデフォルトに戻すアーカイブがあります。必要であれば同時にダウンロードしておくのもよろしいかと。これらのモジュールは、基本セットをインストール後に、カスタムリカバリで上書きする形でインストールします。

作者も推奨しているので、今回はフルワイプ(ファクトリーリセット)を実施してみました。このため、インストール直後の再起動時には、ウィザードが起動し、Googleアカウントの入力などから始める必要があります。

また、自前でインストールしていたアプリ類やフォント、ブートアニメーションなども消えてしまうので、リストア作業は少々手間がかかります。特にアプリに関してはスッカラカンな状態のため難儀しました。GmailやMap、YouTubeぐらいは残しておいて欲しかったところ。

さらに、OTAアップデート確認関連のファイルも削除されており、"Settings"の"About Tablet"にアップデート確認の項目は存在しません。カスタムROMには必要のない機能なので、なくても問題はありません。

このように機能を最小限に絞ることでシステムの軽量化が計られているのも本カスタムROMの特徴のひとつとなっております。

細かな部分も緑色
それを体感できるか否かは微妙なのですが、テーマカラーが変更されているため見た目はかなり斬新です。

例えばコチラはAcer Ringの設定画面ですが、ハイライトはもちろん、チェックマークやアイコンなど、細かな部分まで変更されております。

ちなみに、冒頭のスクリーンショットで使用されている鮮やかなグリーンの壁紙も同梱の品。これ以外にも、xdaに上がっているスクリーンショットで見られるアート風味の壁紙も同梱されています。

広告ブロック機能ですが、Webブラウザはもちろん、アプリでも有効であることを確認しました。【追記】国産アプリの場合、広告ブロック機能がうまく働かない場合が多いようです。hostsファイルを編集すれば対応できますが、今のところは放置しておきます。【追記ここまで】

テーマカラー変更のデメリットとしては、ICSの機能を使用せずにICS風味に仕上げられたアプリがミスマッチになってしまう点があります。例えば、"Ice Cream Sandwich Clock"とか。

テーマカラーの変更に興味があるならインストールの価値はあるかも。逆にそれがどうでもいいなら入れなくなてもいいかなぁ? といった雰囲気のカスタムROMであります。いくつかのカスタマイズは自前でなんとかできるモノですし。

とは言え、決して出来が悪い訳ではないので、インストールしても損をすることはないと思われます。



Related Posts with Thumbnails

0 件のコメント:

新しい投稿へ 以前の投稿へ ホームへ